So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

新規契約件数を増やす方法、それは相手にこんなイメージをさせること [営業ノウハウ]

相手が契約したいと思う時はどんな時か、
あなたはお分かりになりますか?

その商品がほしくなったから?
またはそのサービスが必要になったから?

もちろんそれ意外にも理由は色々ありますが、
実は大きな決め手は違うところにあります。

それはその商品やサービスを使って喜んでいる
未来の自分の姿が見えた時です。

それを使って喜んでいる姿が思い浮かぶ・・・
そのサービスを受けることで充実した生活が
送っている自分の姿が見える・・・

そんな未来の自分が手に入ると思えば、
それを使って見たいと思えるようになります。

ここがポイントです。

あなたも契約を取りたいと思うのならば、
相手に喜んでいる未来の姿を見せることで
契約したいと言わせることも可能になると
言う訳です。

そうすれば今まで苦労していた
新規契約も増えること間違いありません。

どうぞお試しください。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考に出来る営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で相手から断わられても「次につながる工夫」すると契約もアップする [営業ノウハウ]

新規開拓の営業していると
用件を出した途端に断わられることが多く、
先に進まないので困っている方も多いと思います。

そんな時に使えるちょっとしたコツです。

そのコツと言うのは
相手から電話をさせる方法です。

相手から電話させる訳ですから、
これほど楽な方法はありません。

どのようにするのかと言うと、
「自分の連絡先」を教えるだけです。

それも断わられた相手に対しても
自分の連絡先だけは教えるようにします。

なぜかと言いますと、
その時は必要無いと言うことで
相手から断わられたたのかも知れませんが、

相手の事情や気が変わることもあるのですから、
その時のために自分の連絡先だけでも
教えておけばよいのです。

そうすれば、
相手から電話をさせることも出来ます。

つまり、あとで気が変わって
あなたの話しを聞きたいと思った時に
あなたの電話番号を教えておきさえすれば、
相手から電話をもらうことも可能になると
言う訳です。

そんなことなんて無いよ、
とおっしゃる方もいるでしょうが、
これが連絡先も教えていない状態ならば
相手も電話しようがありません。

だめで元々、
相手が後で気が変わった時のために
自分の連絡先だけでも教えておくことだけで
結果も変わるならば、

やらないよりは
やった方がいいと言うことです。

それに自分の連絡先を教えてくれるなんて
きちんと対応している営業マンだな・・と
感心して思ってくれる方もいますから、
次につなげる営業をする意味でも
工夫することが大事なのです。

どうぞ、お試しください。

その他、新規開拓で見込み客が出来ない、
テレアポや飛込み訪問で結果の出る方法を知りたい、
あるいは新しい営業方法を使って見たいと言う方は
こちらにも「最新の営業ノウハウ」がありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」
 
       


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポでアポが取れない時、「最初のアプローチ」を工夫すると相手の反応も変わる [テレアポ]

テレアポで苦労するのは
話し途中で電話を切られることが多く、
思うようなアポイントが取れないことです。

その理由としては毎日のように
テレアポや営業電話がかかってくるだけに
誰しも聴く耳を持たないのが原因だからです。

そんな状況であっても
1件でも多くアポイントを取らないことには
営業成績を上げることは出来ませんから、
そこはなんとかしなくてはいけません。

そこでテレアポする時のコツですが、
最初のアプローチ段階で興味あるかどうか?

そこの部分が分かれば良いのですから、
自分の商品やサービスを売り込むのではなく、
相手に必要かどうかを確認する・・・
と言った形で攻めて見てはいかがでしょう。

たとえば今までのテレアポは商品を売りたいために
その商品が持つメリットを説明して来ましたが、
それでは誰も素直に話を聞いてくれません。

なぜなら話しを聞いたら売り込まれる・・・
と分かっているからです。

そこでこれからのテレアポは
次のような流れで反応を見るようにします。

「( 商品・サービス名 )について
確認したいことがありまして電話しました。
すぐ終わりますので宜しくお願いします。」

と言った流れで話しを持っていくと
そのまま会話を続けることも出来るようになります。

なぜなら今までの電話とは違い、
「確認とは一体何のことだろう? 」
と思わせることが出来るからです。

あとは話しの流れで
会話を続けることもできるようになりますから、
最初から電話を切られることも少なくなります。

そしてその後も会話が続いたら
売り込みの電話だと思わせないようにしながら
話しのストーリーを組み立てるようにします。

これでアポイントが取れるようになります。
どうぞ参考にして見てください。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」
 
        


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で相手に見てもらえる「営業ツール」の作り方 [営業ノウハウ]

今回の営業ノウハウは
最初の入り方で相手に興味を持たせることができる
営業ツールの作り方をご紹介したいと思います。

まずは人は何に対して一番興味を持つのか、
あなたはお分かりになりますか?

それは自分のことに対してです。

自分のことに関係する内容ならば
人は誰でも興味を持ちますし、
知りたいと思います。

その心理を持ち上げるツールを作れば良いのです。

たとえば自分が生まれた当時や年代に対して、
どんな出来事があったのか?

そんな昔のニュースや出来事がわかれば
誰でも知りたいと思います。

さらに自分と同じ日に生まれた有名人の中で
どんな人がいるのか?

これも普段知ることが無いだけに
こんな有名人も自分と同じ同級生なんだ・・
と思うと意外性を感じるものです。

それも誰もが知っている有名人で
好感度の高い人ならうれしいですよね。

そこで営業ツールの作り方です。

今はネットで検索すれば
参考になる情報がすぐ出て来ますので、
これらの項目を1枚の紙にまとめて作ります。

相手方のことに関するものを
本人に見せてあげることで喜ばれますし、
そこから会話を広げることも出来ますので
効果も違って来ます。

ひとつの工夫として試して見てはいかがでしょう、
あなたの営業にお役に立てれば光栄です。

その効果的な営業方法を知りたい、

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」
 
        



 

コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポしてもアポが取れない方へ、この工夫なら誰でもアポが取れるようになる [テレアポ]

新規開拓で電話すると困るのが、
・思うようにアポが取れない・・・
・見込み客が見つからない・・・
・新規契約が決まらない・・・
・目標達成が遠く感じる・・・

このような状態になってしまうことですが、
それでもアポが取れるコツはあります。 

まずはあなた自身が
「何とかしたい」と思っているのであれば大丈夫です。

その気持ちがあれば次に進むことができるからです。 

そのアポが取れないと言う悩みに対して
取れない理由として多いのは
断わられるのが怖くて思うように話ができない・・・
と言うことがあることです。 

よく見られるのが
「また断わられるかも知れない」と言った
マイナスのイメージが出てくるために
電話する件数や言葉の意気込みも小さくなり、
挙句には電話そのものが出来なくなると言う
悪循環に陥ってしまうことです。

このマイナスイメージを無くすには
メンタル(心理効果)で解決するのが効果的であり、
そして自信を付けることでプラス側に働きますから、
今までのマイナス部分を無くすことも
できるようになります。 

そのメンタルを切り替える工夫として効果的なのが、
「あなたのお役に立てる電話をしているんですよ、」
と言った使命感で電話することです。

そうすると自分が電話をするのは自分のためでは無くて、
「あなたのために電話しているんです、」
と言った気持ちが相手に伝わるようになるからです。

さらに「この話しを聞くのも断わるのもあなたの自由です」
と言った立ち位置で電話すると怖いことは無くなります。

それに断わるのは相手ですから、
たとえあなたが断わられたとしても
あなた自身に危害が及ぶことはありません。 

せいぜい1件断わられたと言う「結果」が
残るだけのことです。

さあこれで電話しても怖いことはありません、
相手から何を言われても気にする事もありません。

話しを聞く聞かないは相手次第なのですから、
「あなたのお役に立てる電話をしましたが
話しを聞くのも聞かないのもあなたの自由ですよ、」

この堂々とした電話することことによって
今までと違った結果を得られるようになります。

あなたも断わられる件数が多くて
電話する気力も無くなってしまうと言う時は、
このような「使命感」で電話して見ては
いかがでしょう。

今までと違った結果を得ることも
できるようになりますよ。

どうぞお試し下さい。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにもノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で苦労している方へ、今の営業スタイルを変えるだけで「アポ取り」も簡単にできる [営業ノウハウ]

新規開拓の営業で困ることは
「(    )のご案内で・・・」
と言っただけで、

「間に合っている、」
「うちは必要ない、」
「今のところ予定無い、」

と言った感じで
簡単に断られてしまうことです。

これでは話しを進めることができず、
契約を貰うことも出来ません。

そこでどのようにしたら話しを聞いて貰い、
提案をすることができるのか?

そんなお困りになっている方のために、

新規契約までの効果的な営業手法として
テレアポや飛び込み訪問、紹介営業以外にも
最新の営業方法を採り入れることによって、
新規件数を増やす方法があります。

あなたでも出来る営業方法ですから、
ご安心下さい。

もちろん今の営業方法にちょっと手を加えるだけで
相手と簡単に話をできるコツもありますから、
今まで苦労していたアポ取りや商談なども
スムーズに行くことも可能です。

あなたも試して見てはいかがでしょう。

今月こそは結果を出したい、あるいは
安定した契約数を獲得して成績を上げたい、
そんな新規開拓の営業で苦労している方は
こちらをご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓は「この営業方法」を実行するだけで、3日で結果を出すこともできる [営業ノウハウ]

新規開拓で苦労しているあなたに、
見込み客を見つける方法や紹介客を得る方法、
そしてインターホンの攻略に役立つ方法など
結果につながる営業手法があります。

たとえば新規開拓で思うように結果が出ないのは
今のやり方がうまくいっていないために
断わられる件数が多く先に進まない・・・
と言うのがあることです。

他の人は結果を出しているのに
自分は出ていない・・・

このように自分だけ結果が出ないのは
自分に合った営業方法を行なっていない、
あるいは相手の興味を引き付けるトークが
まだ出来ていないと言うことが原因ですから、
そこを変えることで結果を出すことも可能になります。

では、自分に合った営業方法とはどんな方法なのか、
どうすれば結果を出せるようになるのか?

そこの部分を知る方法として、
今までの概念にとらわれずに何でも取り組む
姿勢が必要です。

今までの行動を思い返してください。

ほとんど断わられることが多くて、
次のステップに進む案件が少なかったはずです。

これでは契約になる件数も少ないのは当然です。

ですので効果的な方法を知らずに営業しても
結果が出ないのは明白なのです。

実際、あなたが行なっているやり方で
満足な結果が出ていないと言うのであれば、
それはまだ効果的な営業をしていないと言う
結果のあらわれです。

そこで効果的に出来る営業手法です。 

・インターホンを攻略する方法、
・受付や事務員を攻略する方法、
・テレアポで上手に会話できる方法
・飛込み訪問で話しをすることが出来る方法、
・ダイレクトメールで反響を得られる方法、
・ファックスだけで見込み客を集める方法、
・紹介だけで新規客を増やせる方法、

この他にも効果的な営業手法がありますので
今すぐに結果を出さないと後が無いと言う方は
こちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

3月中に営業成績を出したい方へ、この「営業手法」なら結果を出すことができる [営業ノウハウ]

3月中に営業成績を出したい方へ、

結果につながる新しい営業手法として
見込み客の開拓やインターホン攻略に役立つ
ノウハウ集をご紹介したいと思います。

まずはあなたも
新規開拓で思うような結果が出ないのは、
自分に営業能力やセンスが無いからだと
思っていませんか?

他の人は結果を出しているのに
自分は出ていない・・・

自分のやり方がダメなのか、
それとも自分に営業能力が無いからか・・・

このように結果が出ないのは
自分に営業能力やセンスが無いからだと
思っている方が多いと言うことです。

ですが、そんなことはありません。

普通に社会生活を送っている方なら
誰にでも結果を出せる力はあるからです。

そもそも結果が出ないのはなぜなのか?

その原因がどこにあるのか、
あなたはお分かりになりますか?

それは結果を出すための
最善の方法を知らなかった・・・

それだけのことです。

効果的な方法を知らずに営業しても
結果が出ないのは当然です。

実際、あなたが行なっているやり方で
満足な結果が出ていないと言うのであれば、
それはまだ効果的な営業をしていないと言う
結果のあらわれです。

もっと良い方法があるんじゃないのか?
もっと違う入り方をすれば上手く行くんじゃないのか?
あなたもそう思っているはずです。

そこで効果的に出来る「営業手法」です。 

・インターホンを攻略する方法、
・受付や事務員を攻略する方法、
・テレアポで上手に会話できる方法
・飛込み訪問で話しをすることが出来る方法、
・ダイレクトメールで反響を得られる方法、
・ファックスだけで見込み客を集める方法、
・紹介だけで新規客を増やせる方法、

▼さらに、
 保険の営業で使えるノウハウもあります。
…………………………………………………………
・保険の営業にも使える「手紙DM」で会話が広がる
・保険のテレアポ切り返しに使える営業ノウハウ集
・クリニック・法人関係にアポイントを取る営業トーク
・保険の営業で使える案内状「通販型の保険を題材」
・保険の営業に役立つ「相談メールの回答例」
・飛び込み訪問用に使える「営業チラシ」
・損保営業のスプリクト・レターの添削実例集
・有料メルマガより全投稿ノウハウ集をプレゼント♪
・62円で送れるミニレターの現物
…………………………………………………………

このような営業ノウハウを活用することで、
あなたの営業成績をアップさせることも可能になります。

もしあなたも2月中に結果を出したいと思っているならば、
即効性のある営業方法を試して見てはいかがでしょう。

2月末日までに目標達成することも夢ではありません。

そこでどのような営業手法なのか、
詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で苦労している方へ、今の営業スタイルを工夫するだけで「アポ取り」も楽にできる [営業ノウハウ]

新規開拓の営業で困ることは、
「(     )のご案内で・・・」
と言っただけで、

「間に合っている、」
「うちは必要ない、」
「今のところ予定も無い、」

と言ったように
簡単に断られてしまうことです。

これでは話しを進めることができず、
契約を貰うことは出来ません。

そこでどのようにしたら話しを聞いて貰い、
そして提案をすることができるのか?

そんなお困りになっている方のために、

新規契約までの効果的な営業手法として
テレアポや飛び込み訪問、紹介営業以外にも
最新の営業方法を採り入れることによって
新規件数を増やす方法があります。

あなたでも出来る営業方法ですから、
ご安心下さい。

もちろん今の営業スタイルに手を加えるだけで
相手と簡単に話をできるコツもありますし、
今まで苦労していたアポ取りや商談なども
スムーズに行くことも可能です。

あなたも試して見てはいかがでしょう。

今月こそ結果を出したい、あるいは
安定した新規契約を獲得して成績を上げたい、
そんな新規開拓の営業で苦労している方は
こちらをご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で大事なのは「相手の興味を引き立てる」こと、それを可能にしたのがこの工夫です [営業ノウハウ]

新規開拓で大事なのは
「相手の興味を引き立てる」こと、

それを可能にするのが営業ツールです。

営業ツールはチラシやダイレクトメール、
ニュースレターや小冊子と言ったように
種類や役割も色々とあります。

その営業ツールの完成度によっては
新規獲得に左右されることもあるだけに、
効果のある営業ツールが欲しいものです。

でも、実際に使っているのは
会社で用意されている営業ツールが多く、
営業で使うには申し分ないでしょうが、

実際はどこにでもあるパンフレットになってしまい、
訪問先で渡しても読まれずに捨てられだけ・・・
と言った状況になってしまうのが現状です。

それだけ魅力も無ければ興味も無いと言うことです。

ですが、会社で用意されている営業ツールですから、
それを使って営業するしかないと言うのも現実です。

ではどうすれば効果的な営業が出来るのか?
そこでひとつの工夫です。

自分で営業ツールを作ればいいのです。

今の営業ツールで効果が無いのであれば、
自分の想いを乗せたチラシツールを自分で作って
それを見せながら営業して見てはいかがでしょう。

素人が作ったようなチラシであっても
相手の興味を引きつけるだけの内容であれば
捨てずに最後まで見てくれる方もいらっしゃいますし、
話しを聞きたいと言わせることも可能になるからです。

要は相手がどれだけ興味を持ってくれるのか、
そして最後まで読んで手元に置いてくれるのか?
そう言ったところが大事になるのですから、
きれいに仕上げることではありません。

そのツールをどうやって作ればいいのか?
と言うことになりますが、

相手に対して最後まで読ませるだけの工夫や
問い合わせまでアクションを起こさせる方法など
効果的な営業ツールの作り方を見たいと言う方は、
こちらにも参考になる方法がありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で営業に自信が無い方へ、この工夫なら今日から結果を出すことができる [営業ノウハウ]

営業する上で悩むことと言えば、
新規開拓や目標達成出来ないことに対する
上司や周りから受けるプレッシャーです。

営業は結果を出してこそ
仕事に対する評価や報酬を受ける訳ですから、
結果を出さないことにはプレッシャーから
逃れることは出来ません。

ですが結果を出したいと思っても
断わられる件数が続くて成績につながらず、
どうしたら良いのかと困ることも多いですよね。

そこで営業に役立つのが「心理学」です。

ここで言う心理学とは、
自分に対して前向きな心理状態にする事によって
営業の仕事を思い通りに行かせることです。

つまり自分が変われば
今まで以上の結果を残すことが出来ると言う事です。

その方法のひとつとして、
自分が前向きに変わることができる「思いこみ」
と言うのがあります。

方法は簡単です。
………………………………………………………
自分は出来る人間だと思い込むこと
………………………………………………………

たとえば飛び込み訪問で断られることが多くて
思うように結果が出ないと言う時もありますが、
自分のやり方や話し方が悪いのだろうかと
考えることってありますよね?

そうするとその気持ちのまま飛び込み訪問を続けても
同じことの繰り返しで結果を出すことは出来ませんし、
ますます気分が落ち込むだけです。

そこで思いこみの精神です。

自分は出来る人間だから
これくらいの断わりは想定の範囲内だと思えば、
気も楽になるから不思議なものです。
 
あとは
「自分は出来る!
やれば必ず成功するんだから」と想い続けると
飛び込み訪問も楽に出来るようになりますし、
結果も付いてくるようになります。

なぜ結果が付いてくるのかと言うと、
営業に前向きになっているあなたの雰囲気が
相手に対して「自信にみなぎったオーラ」として
伝わっているからです。

なんでもそうですが、
プロフェッショナルな人ほど
周りから信頼を受けやすいですし、
その人が言う言葉は信用してしまいますよね。

それだけの自信を持っているからこそ、
相手から信用されるからです。

実際飛び込み訪問しても動じることはありませんし、
この営業マンは出来る人間だと思わせることで
商談も思い通りに進ませることも出来ますから
結果も付いてくるようになります。

あなたも「思い込みの精神」で
今まで以上の結果を出して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓で見込み客が出来ない・・・
テレアポや飛込み訪問で結果の出る方法を知りたい、
あるいは新しい営業方法を使って見たいと言う方は
こちらにも「最新の営業ノウハウ」がありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」
 
        


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問の「インターホントーク」をこのように工夫するとドアを開けてもらえる [飛び込み訪問]

新規開拓で飛び込み訪問をしていると
ほとんど話し途中で断わられることが多く、
先に進まないので困っていると言う方も
多いと思います。

特に個人宅への飛び込み訪問の場合は
インターホンで簡単に断わられることが多く、
見込み客すら出来ないと言うのが現状です。

そこで相手の断わりを回避するには
インターホントークを工夫するしかありません。

どのように変えたら良いのかと言うと、
相手の聴く耳を工夫する方法があります。

なぜ聴く耳かと言いますと、
同じ営業の話しでも「何となく違う話しかも?」
と思わせることで聴く耳を持たせることが
出来るからです。

たとえば今までのトークは
話しを伝えたいと思う気持ちが強かった為に
必死に訪問理由を伝えていたと思いますが、
相手にして見れば「また売り込みの話しか、」
となっていました。

誰も「面倒な話し=営業」は聞きたくないので
すぐ断わっていたのです。

つまり訪問して来た人があなたでなくても、
売り込みになるような話しなどは聞きたくないと
言うのが現状です。

では、どのようにすれば話しを聞いてくれるのか?
と言うことになりますが、

たとえば今までのパターンはこんな感じでした。
……………………………………………………

「今回(    )地区の皆様に
お役に立てる(   )をご案内しておりました。
すぐ終わりますのでお願いしま~す。」

……………………………………………………

と言った感じで話していたと思いますが
それでは相手にして見れば
「また営業の話しか」となっていました。

そこでちょっとした工夫です。

こちらのトークをご覧下さい。

     ↓ ↓ ↓

…………………………………………………………

「今回(    )地区の皆様に
△△に役立つ(   )をご案内してました。

ただ、今回提供できる方とできない方がおりまして、。、

すぐ終わりますので、
確認だけお願いしま~す! 」

…………………………………………………………
と言った感じなら今までと違う入り方です。

「(   )の話しみたいだが何かの確認?」
と思わせてちょっと考えさせるような工夫を入れると
ドアを開けてくれる方も増えます。

こちらが一方的に話しをしてしまうトークでは
相手側も聞くだけで面倒になりますから、
後はどうやって断わろうかと考えるだけです。

その考えを無くすには、
「確認しないといけない?」と相手に思わせる工夫が
必要なのです。

今まで相手が話しを聞かずに断わっていたのは、
あなたが一方的な話しをしていたからです。

それを無くすためには
相手に参加させる工夫をすれば良いのです。

それによって今までと反応も変わって来ますから、
これまでと違った結果=契約を出すことも可能に
なると言う訳です。

どうぞ、参考にして見てください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で断わられることが多くて困っている方へ、こうすれば相手も気軽に話しを聞いてくれる [営業ノウハウ]

新規開拓の営業していると
同じような断わり文句を言われることが多いです。

たとえば、
・その話しなら間に合っているので・・
・うちは買う余裕も無いので・・・
・知り合いに同じ仕事をしている人がいるので・・

このように簡単に断わられることは
営業していればよくある話しです。

断わりを受けるために
仕事しているようなものですよね。

ですが、断りばかり延々と続いてしまうと
さすがに滅入ってしまいます。

そこで相手から断りがあっても
気持ちを強く持てる方法です。

たとえば
「必要ありません、」
「けっこうです」と言ったように

相手から冷たい断わりを受けた時は
それがすべて自分に向けられた言葉ではない、
と思うようにします。

と言うのも、
必要ないと断わったのはあなたに対してではなく、
売り込みに来た営業マンに対して断っているからです。

あなた個人に対してでは無く、
売り込みに来た営業マンに対して断っているのですから、
なにも気にすることは無いと言うことです。

そこで、相手から断られた時の意識改革です。

相手は売り込みに来た営業マンに対して
断わっているだけなのですから、
あなたは「売らない営業マン」になります。

もちろん商品の説明は必要ですが、
相手に対し売り込みと思わせない営業することで
冷たく拒絶されることも少なくなります。

つまり、あなたがすることは
相手との信頼関係を築くことを優先し、
その商品に関するプロのアドバイザーに
なればいいのです。

今まで相手から嫌がられていたのは
一方的に売り込まれることですから、
そう言った流れにならないようにすることで
今まで以上に会話を続けることも出来ますし、
相手との信頼関係を築くことも
出来るようになるからです。

これからは売り込みする営業マンではなく、
自分と言う人間性を知ってもらうことから
始めて見てはいかがでしょう。

そうすれば、
「ああ~この間来た人ね、」
と言ったように覚えてくれますし、
次の訪問もしやすくなります。

どうぞ、あなたも信頼される
プロのアドバイザーになって下さい。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓で見込み客が出来ない・・・
テレアポや飛込み訪問で結果の出る方法を知りたい、
あるいは新しい営業方法を使って見たいと言う方は
こちらにも「最新の営業ノウハウ」がありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」
 
        


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポが苦手だと思っている方へ、この方法なら気軽に電話できるようになる [テレアポ]

新規開拓でテレアポが苦手だと言う方は
たくさんいらっしゃいます。

何度電話しても断わられることが多く、
まともに話しを聞いてもらえないからですが、」

そもそもテレアポの目的は、
商品やサービスの必要性を理解してもらい、
そして詳しい内容については
会って話しをしましょう・・・

と言った約束を取り付けることですが、
相手にすれば話しを聞いたら契約させられる?
と思ってしまうので断ってきます。

すぐ電話を切られるために
テレアポが苦手だと言う方が多いのです。

そんなテレアポが苦手に思っている方に、
気軽に出来る方法があります。

基本的にテレアポは
断わられることについて避けて通ることは
出来ません。

断わられるたびにな思いを引きずることが多く、
電話する気力も無くなってしまう訳ですが、
そこで考え方の発想です。

電話をするのは自分ですが、
話しをするのは商品やサービスを勧める
その道のプロのアドバイザーがしている・・・
と思って電話をします。

すると断わられたのは自分ではなく
電話をしたプロのアドバイザーなのですから、
話しを聞く聞かないのは相手次第だと
思えば良いのです。

このように電話をする意識を変えるだけで
何件断わられても気にすることはありませんし、
苦痛に思うこともありません。

なにしろ断わられているのは自分では無いからです。

このように考えれば気軽に電話出来るようになりますし、
苦痛に思うことも無くなりますのでもう大丈夫です。
どんどん電話して見てください。

今以上にアポイントが取れるようになりますよ、
どうぞお試しください。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で苦労している営業マンの方へ、この入り方なら断わられること無く『話しを聞いてもらえる』 [飛び込み訪問]

飛込み訪問で辛いのは、
せっかく訪問しても留守や不在であったり、
居たとしてもインターホンで簡単に断わられてしまい
見込み客を見つけることが出来ないと言うことです。

これではさすがに足取りも重くなります。

では飛び込み訪問で見込み客を見つけるには
どのようにしたら良いのか?

そんなお困りのあなたに、
飛び込み訪問で使えるちょっとしたコツを
ご紹介したいと思います。

まずはすべての訪問先に
初回から商品の売り込みをしないこと。

たとえば今までの訪問は
訪問した先すべてに自分の勧める商品の話しをして
何とか契約に結び付けたい見込み客を作りたい・・・
と必死になっていたと思いますが、

それでは訪問される側にして見れば
そんな面倒な話しには付き合っていられない・・・
と言ったことでお断りされていたのです。

なにしろ「売り込まれる」と感じてしまえば
誰でも警戒しますし断わりたくなりますよね。

そこで初回にする訪問の仕方は、
今の相手に対してそのまま売り込むのでは無くて、
それを使って喜んでいる未来の自分が見えるように
そして幸せになって生活しているイメージが見える、
そんな素晴らしい未来を手に入れることが出来ると
思わせるようにすることです。
そうすれば相手の反応を変えることもできます。

ご存知のように初回から商品の売り込みをしても
「必要ないです」と簡単に拒絶されてしまうので、
営業する側も辛い思いをするだけでした。
訪問した先々で断わられるのですから、
営業するのも嫌になってきますよね・・・ 

ですので初回にすることは
そのまま商品の売り込みをするのでは無くて
それを手に入れることによってどれだけ変わるのか、
自分の未来がどれだけ素晴らしいものになるのか?
そう言うことを教えてあげればよいのです。

つまり今までのように嫌がられる訪問では無く、
相手からその商品についてもっと詳しく教えてほしい
と言わせるようにしないと聞いてくれる人は
いないと言うことです。

あなたも飛び込み訪問で苦労しているならば、
今回のような相手の意識を変えてあげる入り方を
試して見てはいかがでしょう、

きっと今までと効果の違いに驚きますよ。
あなたの健闘をお祈り致します。
その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポや飛び込み訪問で断わられることが多い方へ、この入り方なら話しを聞いてもらえる [営業ノウハウ]

テレアポや飛び込み訪問で困るのは
社名や用件を言った途端に
「その話しなら間に合っているから、」
と簡単に断わられてしまうことです。

まだ何の説明もしていないのに
間に合っているからと返されるのでは
先に進まないので困ってしまいます。

そんな断わりで苦労しているあなたに
ひとつの解決策があります。

まずはすぐ断わられる理由のひとつとして
最初の入り方が上手く行っていないことが
あることです。

そこを工夫すれば反応を変えることも
できるようになります。

たとえば今までの入り方と言えば、
「(   )のご案内で・・」とか
「新しい(  )が出ましたので」と言ったように
商品やサービスについて説明する入り方が
多かったはずです。

その入り方だと相手にして見れば
「話しを聞いたら契約させられてしまう」
と言った流れになってしまうので
話しを聞かずに断わってくるのです。

と言うことは・・・
そのイメージを変えることが出来れば
話しを聞いてくれる人が増えると言う事になります。

ここがポイントです。

同じ営業の話しをするのでも
話しのイメージを変えることによって
相手に聴く耳を持たせることも可能になりまから、

今まで契約が取れなかった方でも
入り方を工夫するだけで結果を変えることも
今まで以上の契約を頂くことも出来るようになります。

あなたも結果がほしいと言うのであれば
入り方を変えて見てはいかがでしょう。

そこでその流れを変える入り方を知りたい、
あるいは新規開拓の方法を知りたいと言う方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧下になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓の現場で使える「最新の営業ノウハウ」を実践すると、今月から営業成績が変わる [営業ノウハウ]

新規開拓の現場で使える最新の営業ノウハウを知ると、
今までの営業スタイルが変わって来ます。

たとえばインターホンで門前払いされていたのが
コツを知ることで会話を続けることが出来るようになり、
そしてドアを開けて話しをすることが可能になります。

会社訪問でいつも受付の段階で断られていたのが、
担当者までつないで貰えるようになります。

さらに電話する時も最初のフロントトークを工夫することで、
社長まで電話をつないで貰うことも可能になります。

そしてなんと言っても
見込み客が今まで以上に増えるようになりますから、
安定した新規契約数を上げることも出来るようになります。

いかがですか、
見込み客が増えれば新規契約も増えるのは当然ですよね。

ですが、その当然なことが出来なかったのですから
あなたも結果を出すことに苦労していたはずです。

しかし、これからは違って来ます。

今までは最初の段階ですぐ断わられることが多く
あなたも大変な辛い思いをして来たと思いますが、
これからはそんな思いをしなくても済むからです。

それが出来るのも、
最新の「営業ノウハウ」があるからです。

あなたも今まで結果の出なかった営業から
安定した結果を出せる営業をして見ては如何でしょう。

そんな最新の営業ノウハウを知りたい、
あるいは新規契約を増やしたいと思っている方は
こちらにも営業現場で使えるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規契約を取りたいなら、相手にこんな「イメージをさせる」と結果も変わる [営業ノウハウ]

相手が契約したいと思う時はどんな時か、
あなたはお分かりになりますか?

その商品がほしくなったから?
そのサービスが必要になったから?

もちろんそう言った理由もあるでしょうが、
実は大きな理由は違うところにあります。

それは自分がその商品やサービスを使って
喜んでいる未来の姿が見える時です。

それを使って喜んでいる姿が思い浮かぶ、
そのサービスを受けていることで
充実した生活を送っている自分が見える。

そんな情景を体験することが出来ると思えば、
それを使って見たいと思えるようになるからです。

ここがポイントです。

あなたも契約を取りたいと思うのならば、
相手に喜んでいる未来の姿を見せてあげることで
契約したいと言わせることも可能になります。

そうすれば今まで以上に契約件数が増えること、
間違いありません。

どうぞお試しください。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践で使える営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で気持ちが折れそうな時に「モチベーションを強く持てる」コツ [営業ノウハウ]

新規開拓でテレアポや飛び込み訪問しても
断わられるばかりで思うように結果が出ない・・・
気持ちが続かなくて困っている・・・

このように悩んでいる営業マンは
多くいらっしゃいます。

あなたは計画通りに実行出来ているでしょうか?
そして満足する結果は出ているでしょうか?

営業マンならば思い通りに行動することが出来て、
そして結果が出る方法を実践したい・・・

このように考えることもありますよね。

それだけ毎日続けて行くことの難しさや
結果を出していくことがいかに大変なのか、
多くの方は知っているからです。

そんな難しいことが
誰にでも簡単に出来る方法があります。

その方法と言うのが、
気持ちを強く持って行動できる「メンタル力」の存在です。

たとえば営業していると不在や留守も多く、
「その話しなら間に合っているので・・」と
簡単に断られることも多いです。

それが何件も続いてしまうとモチベーションも下がり、
挙げ句にはサボってしまうこともよくあることです。

そうなると結果を残すことはできません。 

そこで気持ちを強く持てるコツとして、
「一喜一憂しない」と言う心構えがあります。

これが「メンタル力」を発揮する場面です。

営業するとほとんどが断られるために
モチベーションを保つのが難しいです。

なぜなら相手の返答に
一喜一憂している自分がそこにいるからです。

ここはいけるかも知れないと思っていたのに
簡単に断られてしまうと当然、
モチベーションも下がってしまいます。

そもそも相手の断わりはどこまで本心なのかは
本人にしか分かりません。

ほとんどの場合は
「面倒だから断ってしまえ」と決めつけている方が
多いのが現状だからです。

たとえば、
・営業マンの話しを聞いたら断りづらくなる・・・
・話しを聴いてしまうと契約させられてしまう・・・
・自分に必要なのかよくわからない・・・
・やっぱり話しを聴くのが面倒だ・・・

と言ったように、
あなたに対して断っているのでは無くて
「営業マンの話しを聴いてしまうと面倒だ」と言う
それだけの理由で断るケースが多いのです。

よって相手の断りを真に受けて
あなたが傷つくことは無いと言うことを
理解してください。

相手の返答は本心では無いことが多いので
その場しのぎの断りが多いのですから、
また日を改めて営業すれば良いだけのことです。

そうすれば相手もあなたのことを知ることにより
あなたが誰なのか分かってくれるようになりますし、

あなたが勧める商品やサービスが
どれだけ自分にメリットあるのか教えてあげれば、
必要と思う人は必ず出て来ます。

今まで以上に結果を残せるようになりますし、
一喜一憂しないだけで毎日気持ちも軽くなります。

どうぞお試しください、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考に出来る営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポでアポが取れない時、このように「トークを工夫」するとアポが取れる [テレアポ]

今使っているテレアポトークではアポイント取れない、
と悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

それだけアポが取りづらいと言うことなんですが、
では、アポを取るために何か工夫していますか?と聞くと
ほとんどの方は「やってはいるんですが・・」とおっしゃいます。

自分では工夫しているのにアポイントが取れない・・・
さらに工夫して電話して見るけどやっぱり取れない・・・
どうしたらいいのかと分からなくなっている・・・

あなたもこのような迷路に陥っていませんか?

なぜアポイントが取れないのかと言うことですが、
原因は簡単なところにあります。

それは工夫する視点がずれているために
どこにでもある代わり映えのしないテレアポトークに
なっているからです。

つまり、
いつもかかって来るテレアポとなんら変わらない電話なら
「またいつもの電話か、それなら断っても関係無いだろう、」
と思う方が増えるのでまだ商品の説明していないのに
すぐ話しが終わってしまうのです。 

話しを聞くのも面倒だと言うことになるからです。

自分は初めて電話するのに何で?と思う方もいるでしょうが
相手にして見れば「またその話か」になってしまうのです。

なんの工夫もせずに商品やサービスの説明しても
アポが取れないのはそこに原因があったのです。

あなたもいつも通りの商品やサービスの説明しているならば、
そのトークではアポイントは取れません。

どのようにしたらアポイントが取れるのか?と言うことですが、
商品やサービスの説明をしても話しを聞いてくれないのですから
そこは違った攻め方をするしかありません。

それは相手に興味を引き立てるトークを与えることです。

商品を説明するにしても普通に紹介していては
誰も素直に話しを聞いてくれないのですから、
そこは話しを聞いて貰えるように視点を変えます。

▼たとえば、
───────────────────────────── 
広告代理店の営業マンが広告を掲載してくれる会社を探すために、
営業の電話をしたとします。

▽通常の営業トークであれば、
……………………………………………………………………………
「広告を掲載するとこれだけ反響が見込めるのでいかがですか?」
……………………………………………………………………………
と言ったトークなるとそれでは売り込みの電話ですから、
「今は予定が無いので」と言われておしまいです。

▼そこで、このように視点を変えて話します。
……………………………………………………………………………
「売上げアップに実績ある広告枠がありまして、
同じ様な業種の会社では前月比120%達成した広告です。
ですが、掲載できるスペースの関係で受付した順番で決まって
しまいますので、考えて頂ける会社様には
“この順番でお話しさせて頂きますが ”いかがなさいますか?」
……………………………………………………………………………

と言った感じで、
「今決めないと他に持って行かれてしまいますが、
御社はどうしますか、」と言ったように
自分らに必要な話しだと思わせます。

そうすると必要の無い話しが必要だと思うようになりますから、
今までのようにすぐ断られることも無くなります。

いかがですか、
同じ工夫でもちょっと視点を変えることで
違った展開にさせることも出来るのですから、
今のテレアポトークをアレンジして見てはいかがでしょう、

効果の違いに驚きますよ、
あなたの健闘をお祈りいたします。

その視点を変えたトークの作り方を知りたい、
あるいは飛び込み訪問や新しい営業方法を探している方は、
こちらにも「最新の営業ノウハウ」ありますので
ご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問を成功させるコツは「相手が疑問を持つ入り方」をすること [飛び込み訪問]

個人拓や会社に飛び込み訪問で苦労するのは、
最初に入るトークの内容です。

もちろん新規開拓の営業ですから、
自分が扱っている商品やサービスついて
メリットなどを説明することになる訳ですが、

ほとんどの方は
「そんな売り込みの話しなど聞きたくない」
と思っているのが現状です。

それゆえそう言った相手に
興味を持たせる工夫が必要です。

それが最初に入るトークの工夫です。

最初の入り方がスムーズに行けば
その後の会話も続けることも出来るのですから、
最初が肝心だからです。

ではどのように入れば良いのかと言うことで、
こちらの例をご覧下さい。

    ↓↓↓

……………………………………………………

営業「こんにちは、
   (  )会社の(  )と言いますが、
   お世話様です。

   実は、(   )について
   あまり知られていないケースが多いので
   そのお知らせするために
   一軒一軒お伺いしていたんですね、

   (  )について
   内容が変わっていることを
   ご存じでしたか? 」

……………………………………………………
と言ったような感じで、

相手が疑問を持つような質問を投げかけて
いったん返答を待ちます。

そして相手が答えを返して来たら、
また次の質問を投げかけます。

この繰り返しをすることで
あなたが主導権を持つことが出来ますから、
会話を続けることも可能になると言う訳です。

もちろんこれだけで見込み客になる訳ではありませんが、
それでも次の展開に進ませるキッカケとして
会話を続けられることが出来ますし、

話しをすることで見込み客になる可能性も
高くなるのですから、

今までのようにすぐ断わられることが多く
次に進まなくて困っていると言うのであれば、
ひとつの工夫として試して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考に出来る最新の営業ノウハウを探している方は、
こちらにも効果的営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポでアポイントが取れない時、ここを工夫すると「次につながるアポ」が取れる [テレアポ]

新規開拓で行うテレアポは
電話しても簡単に断わられることが多くて
先に進まないと言うのが現状ですが、
それでもアポイントが取れる秘訣はあります。

秘訣と言っても特別な手段を使う訳でもありませんし、
特定の業種に特化した方法でもありません。

誰にでもアポイントが取れる秘訣です。
ではどのような方法なのかと言うと、
相手から「会いたい」と言わせることです。

たとえば今までのテレアポは
「会って話しをしたいのでお願いします、」
と言ったようにお願いしていたはずです。

ですが、人は他人からお願いされると
避けたいと思う心理状態になりますから、
誰でも断わりたくなります。

会ってしまえば断りづらくなりますし、
買わされてしまうかもしれないと言った不安を
感じてしまいますから、自然と断わる流れに
なってしまうのです。

そこで、アポイントが取れるコツです。

こちらからお願いするのではなくて、
相手から「会いたい」と言わせるようにすれば
苦労することなくアポイントが取れるようになります。

実際どのようにすればよいかと言いますと、
トークの中で営業マンが話しをするのは当然ですが、
それ以上に相手側にも話しをさせるようにします。

たとえば「Q&A的な会話」を心がけると
相手との会話もスムーズに行きますし、
お互い気持ちよく会話をすることが出来ます。

さらにこの場合のメリットは、
相手が断るつもりであっても有効なことです。

仮に断わられる場合であっても
相手に気持ちよく断わって貰うようにすることが
大事だからです。

いつものように
「その話しなら間に合っているので・・」
と断わられるよりも

「今は必要としないけれど
そう言った時があったら考えておきますね・・」

と言った感じで「前向きな断わり方」を
して貰うようにします。

この流れで断り文句を引き出すことが出来れば、
たとえ今回その人が契約をしてくれなくても
知り合いの方を紹介してくれるかも知れませんし、
気が変わって後で電話くることもあるからです。

いずれにしても
相手に気持ちよく断わってもらう・・・
これも次につながるポイントになります。

このようなポイントを押さえることで
相手からガチャ切りされる件数も減って来ますから、
テレアポも楽しく出来るようになります。

どうぞ、お試し下さい。

その他、効果的営業方法を知りたい、

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問の「インターホントーク」をこのように工夫するとドアを開けてもらえる [飛び込み訪問]

新規開拓で飛び込み訪問をしていると
ほとんど話し途中で断わられることが多く、
先に進まないので困っていると言う方も
多いと思います。

特に個人宅への飛び込み訪問の場合は
インターホンで簡単に断わられることが多く、
見込み客すら出来ないと言うのが現状です。

そこで相手の断わりを回避するには
インターホントークを工夫するしかありません。

どのように変えたら良いのかと言うと、
相手の聴く耳を工夫する方法があります。

なぜ聴く耳かと言いますと、
同じ営業の話しでも「何となく違う話しかも?」
と思わせることで聴く耳を持たせることが
出来るからです。

たとえば今までのトークは
話しを伝えたいと思う気持ちが強かった為に
必死に訪問理由を伝えていたと思いますが、
相手にして見れば「また売り込みの話しか、」
となっていました。

誰も「面倒な話し=営業」は聞きたくないので
すぐ断わっていたのです。

つまり訪問して来た人があなたでなくても、
売り込みになるような話しなどは聞きたくないと
言うのが現状です。

では、どのようにすれば話しを聞いてくれるのか?
と言うことになりますが、

たとえば今までのパターンはこんな感じでした。
……………………………………………………

「今回(    )地区の皆様に
お役に立てる(   )をご案内しておりました。
すぐ終わりますのでお願いしま~す。」

……………………………………………………

と言った感じで話していたと思いますが
それでは相手にして見れば
「また営業の話しか」となっていました。

そこでちょっとした工夫です。

こちらのトークをご覧下さい。

     ↓ ↓ ↓

…………………………………………………………

「今回(    )地区の皆様に
△△に役立つ(   )をご案内してました。

ただ、今回提供できる方とできない方がおりまして、。、

すぐ終わりますので、
確認だけお願いしま~す! 」

…………………………………………………………
と言った感じなら今までと違う入り方です。

「(   )の話しみたいだが何かの確認?」
と思わせてちょっと考えさせるような工夫を入れると
ドアを開けてくれる方も増えます。

こちらが一方的に話しをしてしまうトークでは
相手側も聞くだけで面倒になりますから、
後はどうやって断わろうかと考えるだけです。

その考えを無くすには、
「確認しないといけない?」と相手に思わせる工夫が
必要なのです。

今まで相手が話しを聞かずに断わっていたのは、
あなたが一方的な話しをしていたからです。

それを無くすためには
相手に参加させる工夫をすれば良いのです。

それによって今までと反応も変わって来ますから、
これまでと違った結果=契約を出すことも可能に
なると言う訳です。

どうぞ、参考にして見てください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で断わられることが多い営業マンでも、話しを聞いて貰える仕組みなら契約がアップする [営業ノウハウ]

営業で辛いのは
どこに行っても話しを聞いてもらえない
と言うことです。

商品の必要性を知ってもらい
そして契約を頂きたいと思っていても、
肝心の話しを聞いてもらえなければ
その説明も出来ません。

そこで、
話しを聞いて貰い契約をいただくコツです。

それは相手に興味を待たせる仕掛けをすること。

あなたの話しを聞いて貰えるようになれば
そこから契約に結びつけることも出来るのですから、
それには相手に話しを聞いて貰える仕組みを与えないと
先には進みません。

そこで話しを聞いて貰える仕組みです。

まずは、あなたは商品の説明をする時に
どのような流れで話しをしているのか?
と言う点があります。

たとえばリフォーム営業の例で言えば、

相手の意識としてあるのは、
今すぐやらなければいけないと言う理由も
今すぐ決めないとダメだと言う義務もありません。

ですが営業する側としては話しを聞いて貰いたい、
そして契約もして欲しいと思っている訳ですから、
当然両者にはかなりの開きが発生します。

それゆえリフォームの話しなど聞きたくない
となってしまうのです。

そこで話しを聞いて貰える仕組みです。

相手の身近に起こった事例の話しをされたら、
誰でも気になると思いませんか?

つまり、実際に起こった事例を話すことで
自分の場合はどうなんだろう?と自分に置き換えて
考える方が増えるからです。

「最近こんなことがあったんですよ、」

と言われると何となくその内容を聞いて見たい
と思わせるのがポイントです。

このように相手の興味を引き出すには
「実際こんなことがあったんですよ、」
と言ったように教えてあげれば、

あとは話しの流れで商品の説明も出来ますから、
今まで以上の結果も期待できると言う訳です。

どうぞ、あなたもお試しください。

その新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考にできる営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

訪問営業してもインターホンで断わられてしまう方へ、ドアを開けて貰えるこのトークなら結果も変わる [営業ノウハウ]

訪問営業で苦労する点は
・インターホンで簡単に断わられる、
・ドアを開けてもらえない・・・
・話しも聞いてもらえない・・・

と言ったように、
インターホンの時点で簡単に終わってしまい
こちらの話しを聞いてもらえないために
アポが取れないことです。

皆さんもインターホンで終わってしまうので
苦労している部分ですよね。

ではどのようにしたら
インターホンからドアを開けて貰えるのか?
参考になるコツをご紹介したいと思います。

まずはインターホンを鳴らすと言えば
宅配か郵便配達員、それに知り合いとかになりますが、
それ以外で多いと言えば「訪問販売」と言った
売り込みに来るセールスマンです。

ゆえに訪問販売と分ると
面倒な話しにかまっていられないと言うことで
話しも聞かずに断る方が多いのです。

ここにヒントがあります。
「営業以外なら出る」と言うことです。

と言うことは・・・
営業では無いことを知らせれば
出てくれる方が増えると言うことになります。

ですが訪問販売は
誰が何の目的で訪問しに来たのかと言う
「特定商取引法」を遵守しないといけませんから、
相手に訪問理由をキチンと説明しなくてはいけません。

でも、そのまま相手に伝えては
門前払いになるのは目に見えていますから、
皆さんもそこが苦労している部分ですよね。

そこでインターホンの攻略方法です。

こちらが何の目的で訪問したのかを
相手にキチンと伝えることが出来て、さらに
ドアを開けてくれれば問題無いのですから、
そこは法令に従って説明しながら
相手にドアを開けてもらう工夫をします。

こんな感じです。
………………………………………………………………
インターホンを押します。

    ピンポ~ン・・・

相手「はい・・・」 

営業「こんにちは~
  ( 会社名 )の ××× と言いまして、
   皆さんに(       )が出来ることになりましたので、
   そのお知らせするために1件1件廻って来ました。
   2、3分ですぐ終わりますので、 
   お願いしま~す。」 

………………………………………………………………

このような感じで
メリットある内容を知らせに廻っていると伝えることで
面倒な話しでは無いことが相手にも伝わりますから、
ドアを開けて貰えるようになります。

それにはあっさり感を出しながら、
何の話しなのかな?と軽く思わせるようにして
ドアを開けさせるのがポイントです。

チョットしたコツで次に進ませることが出来れば、
試して見る価値はありますよね。

ですが訪問販売やセールスの種類は色々ありますから、
売る商品によって相手に伝える内容も違いますし、
当然入り方も違います。

リフォーム、浄水器、教材、、オール電化、
会員権、布団、保険、掃除機、シロアリ駆除など
それ以外にもたくさんの種類があります。

よって相手に勧める商品やサービスに対して
入り方や営業トークが違うのは当然ですから、
それに合った営業方法が必要です。

そこでそれぞれの業種に特化した
専用に使える入り方や営業トークがありますので、
内容を見たい方はこちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポしても断られる件数が多くて困っている方へ、これならアポが取れるようになる [テレアポ]

テレアポしていると必ず言われるのが、
・今忙しい、
・必要ない、
・間に合っている
と言った言葉です。

そのため何とか話しを聞いて貰いたいと思って
話す内容やトークの組み立てを工夫したとしても、
思うように行かないのが現状です。

そんなテレアポで苦労している方のために
テレアポで成功するコツです。

それが「共感と同調」をしてあげること。

(1)共感とは
他人の意見や感情などに自分の気持ちを合わせることで、
(2)同調とは
他人の意見や主張などに賛同することです。

たとえばこんな感じです。
…………………………………………………………………

相手「その話しなら間に合っていますので、」

営業「そうですよね、
   今すぐ必要とはしないですよね、 ←(相手の返答に同調します)
   こう言った電話と言うのはよくかかってくるんですか?」

相手「そうね~
   毎日かかって来るから断るのも大変ですよ。」

営業「そうですよね、
   毎日くるのでは困りますよね。 ←(相手の気持ちに共感します)
   ちなみに(   )については、
   お話を聞かれたことはあるんですか?」

相手「ああ、何度もありますよ、
   こっちの話しも聞かずに
   説明ばっかりしてくるので
   断っているんです。 」

営業「そうですよね、          ←(相手の気持ちに共感します)
   一方的に説明されても困りますよね。」

相手「そう、
   止めてもらいたいですよね。
   必要ないと言っているのに
   マニュアル通り話せば契約取れると思っているんですかね。」

営業「そうですよね、
   そう言った営業は困りますよね。」 ←(相手の返答に同調します)

………………………………………………………………

と言ったような感じで、
相手の気持ちに共感と同調してあげることで、
会話を続けることが出来るようになります。

この「相手の気持ちに共感する」と言うポイントは
相手から警戒心を取り除くためにすることです。

人は知らない相手には警戒するのは当然ですから、
最初から良い返事をもらうのは難しいと言うのは
皆さんご承知の通りです。

それなのにテレアポする時は
電話だけで良い返事をもらおうとしますから
相手から断りをもらうのは目に見えています。

そこで相手の気持ちに共感と同調をしてあげると、
「ああ、この人は分かってくれるんだな、」
と思わせることが出来るようになります。

そうすればこの営業マンは他とは違うと言う意識を
与えることが出来ますから、
今回がダメでも次回電話する時には
「この間はどうも」と言った感じで入ることも出来ますから、
営業もやりやすくなると言う訳です。

あなたも会話を続けたいと言うことならば
相手の返答に共感と同調をして見てはいかがでしょう。

きっと、今以上に話を聞いて貰える件数が増えますよ。
どうぞお試し下さい。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践で使える効果的な営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新のノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

相手から「その話を聞きたい」と言わせるテレアポトークの工夫 [テレアポ]

テレアポするとほとんど断わられると言っても
過言ではありません。

それだけ同じような電話がかかって来ますし、
色々なセールスの電話もかかってきますから
電話を受ける側も拒絶するのは当然なことです。

そうするとテレアポする側は
何とかアポイントや見込み客を見つけるためにと
あらゆる工夫をして話しを聞いて貰えるように
必死に電話をかけてきます。

その繰り返しになる訳ですから、
電話される側はたまったものではありません。

たとえばこんな電話がかかってきたとします、
……………………………………………………………… 
営業「今の(    )よりも性能が良くなっておりますし、
   金銭的にも負担無くできるようになっていますので
   この機会に(    )を見直して見ませんか? 」
………………………………………………………………

このような感じで一方的に言われても、
何度も聞かされている話しですから断わって来ます。

なぜなら、
電話されている側が受け身の状態だからです。

受身=警戒と言う図式です。

つまり、相手の気持ちが受け身のままですと
いくら上手いことを言っても話しに乗ってきませんし、
反対に話しをされればされるほど相手は引いていきます。

それだけ警戒心が続くと言うこともありますし、
面倒だと思う気持ちが頭の中で一杯になるからです。

では、どのようにしたら話しを聞いて貰えるのか?
と言うことになる訳ですが、

それは相手の気持ちを
受け身から「乗り気」にさせることです。
(乗り気とは興味を持った状態です。)

そこで、相手に乗り気にさせる工夫です。

たとえば「今までの話しとは違う、」
と言った印象を与えるようにします。

今までのテレアポは
…………………………………………… 
・アポを取りたい、
・話しを聞いてくれる人を見つけたい、
…………………………………………… 

と言った気持ちが強かったために
一方的に話しを押し付けてしまい拒絶されていました。

自分の欲求を通そうとするから
断られていたのです。

そこで「解決方法」です。

今まで嫌われていたのは
自分の欲求を通そうとしていたからなので、
これからは「相手の欲求」を引き出すようにします。

相手の欲求とは
「その話しを聞かせて欲しい」と言った
状態にしてあげることです。

…………………………………………………………
相手に乗り気にさせてさらに欲求を満たしてあげる。
………………………………………………………… 

これの繰り返しが出来れば成功したのも同然です。

今までは何とかしてアポを取ろうとしていた為に
入り口の段階で断わられていました。

しかしこれからは違います。

相手から「その話しを聞かせてほしい」
と言わせることが出来るのですから。
活路を見い出すことも可能になるからです。

どうぞ、あなたも「その話しを聞かせて欲しい」
と言わせる工夫をして見てはいかがでしょう。

その工夫が出来れば
違った結果を残すことも可能になります。

どうぞ、お試し下さい。
あなたの健闘をお祈りいたします。

その工夫をそうすればいいのか知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践で使える営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新のノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で結果を出せる「営業手法」があなたの営業成績を変えてくれる [営業ノウハウ]

営業マンが苦労していることと言えば、
……………………………………………
・訪問してもドアを開けてもらえない・・・
・インターホンですぐ断られてしまう・・・
・電話しても迷惑がられる・・・
・効率の良い方法はないだろうか・・・
……………………………………………
と言った結果が出ないことに対する悩みです。

あなたも同じような悩みを持っていませんか?

電話をすると冷たく断わられしまい、
訪問しても話しを聞いてもらえずに
挙げ句には居留守を使われてしまう・・・

これでは契約どころか
仕事をする意欲を失ってしまいますよね。

そこで短期間で結果を出せるノウハウです、

最短で結果を出せる新規開拓の方法や
気軽にできる飛込み訪問やテレアポと言った
営業の皆さんにお役に立てる営業手法です。

たとえば保険の営業で個人宅へ電話する例です。
………………………………………………………

営業「営業「こんにちは、
   (  )生命の(  )と言います。
   奥様でいらっしゃいますか?」

奥様「はい、そうですが・・・ 」

営業「お世話になります。
   実は今回電話差し上げたのは
   皆様が掛けている保険金の(   )について、
   お知らせしたいことがあって電話したんですね。

   保険金を受け取る際には(    )でもらうか
   (     )で貰うと言う方法があるんですが、
   奥様はご存知でしたか? 」

奥様「いえ、知らないですけど・・・ 」

営業「そうですよね、
   先ほどの奥様からも言われたんですが、
   保険に入る時は(    )については説明されたけど
   (    )は説明されなかったと言ってたんですね。

   そこで今回皆様に・・・・」

……………………………………………………………

と言った途中までのトーク例ですが、
相手に有益な情報を与えると言う話しであれば、
興味を持って聞いてくれるようになります。

それも最初から売り込みの話しではありませんから、
相手から冷たい断りを受けることもありません。

何よりテレアポする上で大事なのは、
お互いの信頼関係を築くことが最初であって
相談しやすい雰囲気を作ることです。

そうすれば相手も安心して話しを聞いてくれますし、
見込み客として囲い込むことも出来るようになります。

あなたも必死になって説明をするのではなく、
相手から「その話しを詳しく聞かせて欲しい・・・」
と言わせる話をして見てはいかがでしょう。

そうすれば結果も出るようになりますよ、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践で使える営業ノウハウを探している方は、
こちらをご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ダイレクトメールを送っても反響が無い時、このような工夫すると新規獲得件数が増える [ダイレクトメール]

新規開拓のひとつしてダイレクトメールを送っても
効果が無いとお困りになっていませんか?

問合せや申込みの電話を期待して
相当数のダイレクトメールを送ったのに
反応がゼロと言う結果・・・

これではお金をかけて送った意味が
ありません。

そんなお困りになっている営業マンのために、
改善出来る工夫についてご紹介したいと思います。

まずはダイレクトメールを送っても
効果が無いのは「読ませる工夫が足りない」?
と言うことになります。

そこでダイレクトメール作成のコツですが、
「自分が受け取ったらどう思うのか?」
と言った視点で考えます。

会社が用意したパンフレットやチラシ類では
効果が期待出来ないのは実証済みなのですから、
そこは自分で工夫するしかありません。

たとえば封筒の中に
「営業マン1人を入れて送る」と言った感じで
相手に読ませる「オリジナルのレター」を
入れて見てはいかがでしょう。

あなたの想いをレターに書き出して
それをダイレクトメールに入れて送るのです。

その時の注意点は売り込みにならないように
相手が興味を持ってくれそうな内容や
情報を入れるのが基本です。

つまり、あなた自身貰ってうれしいDMならば
相手も興味を持って読んでくれるでしょうし、
結果として今まで以上に開封率も高まりますから
反響率も高くなり効果も違って来ると言う訳です。

今までのDMで結果が出ないと言うのであれば、
相手に読ませる「オリジナルレター」を入れて
送って見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

そのオリジナルレターを作る方法を知りたい
あるいは新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
そしてテレアポトークや飛び込み訪問について
実践で使える営業ノウハウを探している方は、
こちらに最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で困っている営業マンの方へ、あなたの仕事内容に特化した「専用の営業ノウハウ集」あります [営業ノウハウ]

新規開拓しても結果が出ないと言う方へ、

自分の仕事内容に使える営業方法があれば
あなたも使って見たいと思いませんか?

ご存知のように
新規開拓で電話や飛び込み訪問しても
話し途中で簡単に断わられることが多く、
アポも取れず見込み客さえできないので
結果も出ないと言うのが現実です。

もしあなたも結果が出ずに悩んでおり、
自分の仕事に使えるノウハウがあるとしたら
使って見たいと思いますよね。

そこで色んな業種に使えるノウハウとして、
あなた専用の「営業ノウハウ集」があります。

営業職にも色々ありますから、
その仕事内容に沿った営業方法でなければ
効果も期待できないと言うのは当然ですので
その業種に特化した営業方法を用意しました。

実際どれだけの営業職に提供しているのか
一例をご紹介したいと思います。

▼こちらが実際に提供している業種の一部です。
………………………………………………………
健康食品を提案する効果的な営業トーク
オール電化(太陽光)営業に使える営業ノウハウ
保険の新規開拓に使える営業ノウハウ
コピー機営業で法人営業する際のトーク例
ホームページ作成営業でテレアポの仕方
人材派遣営業で法人向けの営業ノウハウ
投資信託を勧めるテレアポトークとDM営業
マイラインを法人と個人向けにするテレアポ例
トイレ診断士から販路拡大用の営業トーク
浄水器を個人宅にアプローチする際の営業トーク
結婚情報サービスでフォロー電話の仕方
折り箱の販路拡大用の営業ノウハウ
プロパンガスの契約を増やす営業トーク
自動販売機設置で営業する際の訪問トーク
個人宅にリフォーム営業する際の営業トーク
教材と家庭教師斡旋のテレアポトーク
会員獲得に使える葬祭業の営業トーク
貴金属の買い取りですんなり入る営業トーク
投資用マンションでのアポ取り営業トーク
………………………………………………………

この他にも様々な営業職から依頼ありますし、
その業態に特化した「専用の営業ノウハウ集」を
提供しております。

今までと違った切り口で入ることで
新たな展開を広げることもできますし、
話しのテーブルにつかせることが出来れば
あとはあなたの思い通りです。

色々な業種に特化した「営業ノウハウ集」を
あなたも手に入れて見てはいかがでしょう。

その「効果的な営業ノウハウ集」を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも専用のノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        


コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の30件 | -