So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

新規開拓で結果を出せる「この営業ノウハウ」があれば営業成績もアップする [営業ノウハウ]

新規開拓で結果が出ないと悩んでいる方へ、

もっと効率良く新規契約が取れる方法で
あなたも結果を出せるとしたら・・・
その方法を試して見たいと思いませんか?

今回は営業で結果が出ず悩んでいる方の為に、
参考になる方法をご紹介したいと思います。

そもそも営業の仕事は製造業などと違って
自分の意思で行動出来るメリットがありますから、
それを利用しない手はありません。

時間から時間まで作業する事もありませんし、
自分が動きやすい行動計画を立てながら
後は結果を出して行くだけです。

その結果が給与に反映されるのですから
数字が良ければ加算額も大きくなりますし、
反対に悪ければ会社からのプレッシャーも
相当あると覚悟しなければなりません。

これが営業職の宿命です。

これはたとえ新人であっても
それなりの結果を出さないといけませんから、
プレッシャーも出て来ますよね。

それならばもっと効率の良い営業を
して見てはいかがでしょう。

それが出来るのも営業職だからです。

ですがその効率の良い営業をするには
やはり効果的なノウハウが必要です。

・効率良く訪問しドアを開けてもらえる方法
・テレアポでアポイントが取りやすいコツ
・新規開拓が楽に出来る営業方法など

このような営業手法を活用することによって
今よりも契約本数があがるとしたら・・・
あなたも試して見たいと思いますよね。

それが出来るのも
効果的営業方法を知っているかどうかで
結果も変わってくることです。

そんな効果的営業方法を知りたいと言う方は
相手から話しを聞きたいと言わせる方法から
アポが取りやすい営業手法もありますので、
こちらをご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



コメント(0) 

効果的にポスティングすると「保険の新規契約」が見込めるその方法とは? [営業ノウハウ]

今回のノウハウはポスティングについて
ご紹介したいと思います。 

ある外資系の保険会社に勤めている方で
ポスティングを実践して結果が出ている例がありますので、
その方法をご紹介したいと思います。

まずはその営業マンがしていることは
メインにする保険を決めて営業していることです。

彼がおっしゃるには、
…………………………………………………

「保険を勧める際に種類が多いと
 相手の反応も薄くなりますから、
 勧める保険を決めて営業しています。

 たとえば医療保険などは
 病気や怪我に対する説明をしても
 相手の反応が今ひとつと言うこともあり、
 どうしても時間がかかる傾向です。

 反面、がん保険については
 皆さん必要性が分かっているために
 詳しい説明は必要ありませんし、
 発見が遅れると大事に至るだけに
 「どれかひとつでも入っていれば
 家族も安心だろう・・」と言った理由で
 すんなり決まることもあります。

 さらに火災保険プラス地震保険の反応も高いので
 今では火災保険+地震保険、
 それとがん保険に絞って毎日100枚の
 ポスティングを続けています。」

…………………………………………………

このように何をメインにして営業をするかで
自分の成績にも影響して来ますから、
工夫が大事だと言うことです。

さらに彼が取っている行動としては、
「短時間で数多く配布すること」と言っています。

たとえばポスティングする場合は
できるだけ大きなマンションや集合施設を選んで
そこまでの移動時間やマンションのセキュリティー、
管理人の休憩時間を事前に調べておくようにします。

そして人の出入りが少ない曜日や時間を調べて
その時間帯を選んでポスティングをします。

そうすれば効果的にポスティングすることが出来ますし、
今までの半分の時間で済ますことも可能ですから
効率もずいぶん違って来ると言う訳です。

実際ポスティングした時の反響は週に2~3件で
1ヶ月にすると15件程度の見込み客が見つかり、
そしてその中から成約になるのが7~8件あるので
成績もアップして目標達成したと言うことです。

いかがですか、
あなたもこのような工夫をして
実践して見てはいかがでしょう。

きっと効果の違いに驚きますよ、
あなたの健闘をお祈り致します。

その効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。


初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 

飛び込み訪問で苦労するインターホンが「この工夫」なら簡単に攻略できる [飛び込み訪問]

飛び込み訪問は断られることが多いため
辛い営業方法のひとつです。

ですがそんな辛い飛び込み訪問が
ある方法により工夫することによって、
面談できる件数を増やすことが出来ます。

それもちょっとした工夫で
面談率を上げることが出来るとしたら・・・
いかがでしょう。

そんな工夫があったら
あなたも試して見たいと思いますよね。

そんな飛び込み訪問で苦労しているあなたに
面談率が上がる飛び込み訪問の仕方を
ご紹介したいと思います。

まずは個人宅へ飛び込み訪問すると
ほとんどインターホンで断わられてしまいます。

今はどこの家でも
インターホンが付いているだけに
ボタンを押しても応答が無かったり、
カメラ越しで簡単に断わられる件数が
多いと言うのが現状です。

そんな冷たい仕打ちを受けるインターホンですが、
その特性を逆に利用する方法があります。

そもそもインターホンは
「声だけのやりとり」で済みますから、
断わる側は簡単です。

「今から出かけるので・・・」
「今忙しいので・・・」
「間に合ってますから・・・」

さらに誰が来たのかをカメラで見て
そのまま居留守を使う方もいます。

このようなことが簡単に出来るのも
“インターホンがある”からです。

ではそのインターホンを
逆に利用することが出来るとしたら、
どうでしょう。

今まで苦労していたインターホンが
自分にとってプラスとなるとしたら・・・
あなたも試して見たいと思いますよね?

では、ここからが
インターホンを攻略するコツです。

たとえば相手から
「その話しを聞かせて欲しい、」
あるいは「もっと詳しく聞きたい・・」
と思わせることができれば
インターホンを攻略することは簡単です。

今までの入り方と言えば、
自分を名乗って用件を伝えていたはずです。

特定商取引法に関係することですから、
当然の入り方です。

ですが相手側にして見れば、
「ああ、面倒な人が来たな」
と言った程度にしか思っていません。

なぜなら自分にとって
どうでもいい話しだと思っているからです。

ここがポイントです。

自分にとってどうでもいい話しから、
「自分にとってメリットある話しかも?」
と期待させるような思いにさせることが出来れば、
話しを聞いてくれると言うことです。

「そんなことはすでに工夫しているし、
そうならないから苦労しているんだよ、」
とおっしゃる方もいるでしょう。

ですがもう一度考えて見てください。

インターホンが攻略できないのは
面倒な話しだと思われていることであって、
本当の中身まで理解しているのでは無いと言うことを。

そこの部分を分ってもらえないから、
多くの営業マンが苦労しているんです。

ゆえにインターホンを攻略するコツは、
「自分にとってメリットある話しかも?」
と思わせるように「視点」を変えて
トークを工夫すること。

もちろん反応が無ければ
さらに違う角度から工夫するようにして
トークを改良していきます。

でも、その工夫の仕方が分らない・・・
と悩んでいる方もいるでしょう。

そんな時はこちらを参考にして下さい、
あなたも『解決の糸口』が見つかりますよ。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 

保険の新規開拓で「紹介客を増やすコツ」は、相手にこのような姿を見せること [営業ノウハウ]

よく保険の営業は
「紹介客を増やすことが基本だ、」
と言われていますが、
そう簡単にいかないのが現状です。

既存客や少し仲良くなった見込み客相手に、
「保険に入る人がいたら紹介して下さいね。」

と言ったお願いをしたところで
紹介してくれる人がいないからです。

自分にとってメリットも何も無ければ
他人に対して世話をやくほど暇じゃないと
思っている方が多いのです。

ではどのようにすれば
紹介客を増やすことが出来るのか?
と言うことでちょっとしたコツです。

まずはあなたが営業をしている相手に
汗水流して頑張っている姿を見せます。

今の仕事をすることになった経緯や
保険の必要性を熱く語りかけることで、

「この人は自分のために
本当に必要な保険を勧めているんだな・・・」
と思わせることでその気持ちが伝わりますから、

「この人なら信頼しても大丈夫だろう、」
と思わせることも出来るようになるからです。

そうすれば知り合いの方を紹介してくれる人も
今より増えるようになります。

人は一生懸命な人には応援したくなるものですし、
一肌脱いであげようと思う方も出て来ます。

そう言った「協力してくれる人」を
いかに1人でも多く作ることが出来るかで
紹介客を増やすコツにもなるんですね。

単に「どなたか紹介してください、」
と言った感じでお願いするよりも、

紹介したくなるような雰囲気を作ることが
大事です。

あなたも相手から紹介されるような
そんな一生懸命な姿を見せてあげてください。

そうすれば見込み客も増えますし、 
契約本数もアップするようになりますよ。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
最新の実践的な営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

コメント(0) 

新規開拓の飛び込み訪問で使える「インターホンで見込み客を見つける方法」 [飛び込み訪問]

飛び込み訪問で苦労するのが、
「どう言えばインターホンで
断わられずに話しを聞いてくれるのか?」
と言った点です。

そもそも営業マンが勧める商品の多くは
今すぐ必要とするものではありませんし、
今すぐ購入しないといけない?
と言うものでもありません。

それゆえ、
「これだけのメリットがありますから、」
と勧められても素直に聞いてくれる人は
いません。

そこでインターホンで使えるトークの組み立てです。

最初の入り方がうまく行くかどうかで
話しを聞いてくれる確率が増えますので、
あなたも試して見てはいかがでしょう。

では、保険を勧めるトーク例をご覧下さい。
………………………………………………

   ピンポ~ン

相手「はい・・・」

営業「こんにちは、
  (   )生命の(   )と言いますが、
   お世話様です。

   実は(   )保険について
   皆さんに伝えていない部分がありまして、
   ご存知かどうか確認する為に
   お伺いしていたんですね。

   すぐ終わりますので、
   玄関先までお願いします。」
…………………………………………………

とインターホンで話しをしたら、
一旦、相手の反応を見ます。

「けっこうです、」
「間に合っています」
「必要ないです、」

と言った断わり文句が出た場合は、
それ以上相手にせず次の訪問先へと向かいます。

今はインターホンで簡単に終わる時代ですから、
必要以上にねばっても好転することが無いからです。

それに次から次へと訪問することで
話しを聞いてくれる人に当たる確率が高まるので
どんどん訪問することが大事です。

このようにちょっとした工夫することで
話しを聞いてくれる人に必ず当たりますし、
その中に見込み客になる人も入っていますから
契約に結びつくことも出来るようになります。

いかがですか、
あなたの営業にも応用して見てください。

きっと今以上に結果も変わって来ますよ、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif



コメント(0) 

新規開拓で結果が出ないと悩んでいる方へ、視点を変えた営業すると結果も変わる [営業ノウハウ]

営業で多い悩みと言えば、
・見込み客が少ない・・・
・新規成約が少ない・・・
・売上げも少ない・・・

と言ったように
結果が出ないことに対する悩みです。

あなたも営業していて
結果が出ないと悩んでいるのならば、
その悩みを解決出来る方法を
ご紹介したいと思います。

まずは「結果を出さないといけない、」
と思う気持ちが強くなってしまうと
プレッシャーばかり重くなって
良い方向に行くことはありません。

それよりも気持ちに余裕を持って、
広い視野で営業して行くことの方が
良い結果につながることもあります。

たとえば飛び込み訪問で結果が出ないのであれば、
その訪問の仕方を変えて見ます。

従来の訪問と違う入り方をすることで
相手に違った印象を与えることも出来ますし、
自分も新鮮な気持ちで訪問することが
出来るからです。

テレアポも同じことが言えます。

あなたが今使っているテレアポトークで
アポイントが取れてないのでしたら、
そのトークを違うトークで試して見ると
言うのもひとつの方法です。

相手の反応も違ってくるのが分かりますから、
今までと違うトークで攻めると言うのも
ひとつの工夫ですよね。

このように今までまったく反応無かったのが、
視点を変えた営業方法を試すことで
相手の反応も変わってくれば、
これからの結果も期待出来るように
なると言う訳です。

今までの営業スタイルにこだわらず、
視点を変えた営業をして見ては
いかがでしょう。

きっと悩んでいたことが
うそのように感じられますよ。

どうぞお試しください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



コメント(0) 

新規開拓で苦労している営業マンの方へ、この営業方法なら結果を出すことができる [営業ノウハウ]

新新規開拓で結果を出すことができなくて
苦労している営業マンの方へ 、

新しい営業手法として
見込み客の開拓やインターホン攻略に役立つ
実践的な営業ノウハウをご紹介したいと思います。

まずはあなたも
新規開拓で思うような結果が出ないのは
自分に営業能力が無いからだと思っていませんか?

他の人は結果を出しているのに
自分は出ていない・・・

自分のやり方がダメなのか、
それとも自分に営業能力が無いからか・・・

このように結果が出ないのは
自分に営業能力やセンスが無いからだと
思っている方が多いと言うことです。

ですが、そんなことはありません。

普通に社会生活を送っている方なら
誰にでも結果を出せる力はあるからです。

そもそも結果が出ないのはなぜなのか?

その原因がどこにあるのか、
あなたはお分かりになりますか?

それは結果を出すための方法を知らなかった、
ただそれだけのことです。

効果的な方法を知らずに営業をしても
結果が出ないのは当然です。

実際あなたが行なっているやり方で
満足な営業成績や結果が出ていないと言うのは
まだ効果的な営業をしていないと言う
結果のあらわれです。

もっと良い方法があるんじゃないのか?

もっと違う入り方をすれば
今より上手く行くんじゃないのか?
とあなたもそう思っているはずです。

そこで「効果的に出来る営業手法」です。 

・インターホンを攻略する方法
・受付や事務員を攻略する方法
・テレアポで上手に会話できる方法
・飛込み訪問で話しをすることが出来る方法
・ダイレクトメールで反響を得られる方法
・ファックスだけで見込み客を集める方法
・紹介だけで新規客を増やせる方法

▼さらに、
 保険の営業で使えるノウハウもあります。
…………………………………………………………
・保険の営業にも使える「手紙DM」で会話が広がる
・保険のテレアポ切り返しに使える営業ノウハウ集
・クリニック・法人関係にアポイントを取る営業トーク
・保険の営業で使える案内状「通販型の保険を題材」
・保険の営業に役立つ「相談メールの回答例」
・飛び込み訪問用に使える「営業チラシ」
・損保営業のスプリクト・レターの添削実例集
・有料メルマガより全投稿ノウハウ集をプレゼント♪
・62円で送れるミニレターの現物
…………………………………………………………

のような営業ノウハウを活用することで
あなたも営業成績をアップさせることは可能です。

あなたも結果を出したいと思っているならば、
即効性のある営業方法を試して見てはいかがでしょう。

目標達成することも夢ではありません。

そこでどれだけの「営業手法」なのか、
詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif


コメント(0) 

新規開拓で効果的に見込み客を開拓するにはキーマンに会う工夫と情報収集すること [営業ノウハウ]

営業で大事なのは
継続して見込み客を作ること。

見込み客がいて初めて
新規契約に結びつく訳ですから、
いかに見込み客を増やすかがポイントになります。

そこで見込み客作りのコツです。

まずは最初にすることは
日々の営業活動に費やす労力を
きちんと振り分けること。

理想とする比率は、
新規開拓=80%
顧客管理=20%

この比率で行動して行けば
毎月安定した見込み客はもちろんのこと、
新規契約を見つけることも可能になります。

ですが、実際に行動しようと思っても
計画通りに行かないこともあります。

ではどのようにしたら
安定した見込み客を作れるのかと言う事で、
1週間の行動予定を「週の終わり」、
もしくは「週の始め」に作ってしまいます。

たとえば金曜日の1日を使って
翌週の月曜日から木曜日までのアポイントを取る、
もしくは月曜日の1日を使って
火曜日から金曜日までのアポイントを取り、
1週間の予定を組み立てます。

そして予定通りに訪問した後は
ついでに周辺の会社を回るようにして
効率よく営業をして行きます。

これを1週間繰り返すことによって
見込み客も出来るようになりますから、
モチベーションを高めることも
可能になります。

さらに営業する上でアプローチを変えると
展開を変えることも出来ます。

たとえば普段使っている営業トークで
断わられる件数が多いと言うのであれば、
そのトークを見直すようにします。

・何度電話しても断わられる
・訪問してもインターホンで終わってしまう
・契約取れそうな見込み客が見つからない

このような時こそ
アプローチトークを工夫することが大事です。

たとえばこんなアプローチもあります。
………………………………………………………………

営業「私共ではきめ細やかな対応を心がけておりますので、
   大変お客様から喜ばれております。
   それだけ自信持って取り組んでおりますので、
    (  )様にも安心してお取り引き頂けると思います。
   もし、(   )についてお困りの時がありましたら、
   私どもにお任せ下さい。」
………………………………………………………………

と言った感じで相手から信頼を得るのもひとつです。

さらに飛び込み訪問する上で大事なのは、
「情報収集」です。

目指すキーマンがいないからと言って
ただ名刺を置いてくるだけでは
次に活かすことはできません。
 
次につなげる訪問をしないとダメだからです。

たとえば情報収集をする場合、
・今使っている取引先はどこなのか?
・その会社とはどの位の付き合いなのか?
・担当者はまめに来ているのか?
・キーマンがいる時間帯や余裕のある時間帯はどこなのか?

と言った内容であれば事務員でも分かりますから、
聞けるだけ聞いて次に活かす営業努力が必要です。

仮に目指す相手が余裕ある時間帯が分かれば
その時間帯に電話や訪問をすれば良いのですから、
闇雲に営業するより効果が違うのは明白です。

どうぞあなたの営業に役立てて下さい。
健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif




コメント(0) 

テレアポの苦手意識を変えるには「最初の入り方」を変えること [テレアポ]

テレアポが苦手で
思うように話しを進めることが出来ないと
悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。

それだけ断わられることに対して
嫌気をさしている方が多いからです。

そもそもテレアポが苦手な理由としては、
いくら電話しても断わられるばかりで
思うようにアポイントが取れないと言う
現実があることです。

ご存知のように
テレアポや営業の電話が毎日のように
自宅や事務所にかかって来る訳ですから、
受ける側もウンザリしています。

そこへあなたが
初めて電話したのにもかかわらず、

「その話しなら間に合ってます、」

と断わられてしまうのですから、
どうやって話しをすれば良いのかと
悩んでしまいますよね。

ではどのようにすればいいのか?
どのように話しを持っていけば
最後まで話しを聞いてくれるのか?

と言うことで
ちょっとしたコツです。

まずはテレアポに対する苦手意識を変えるには
最初の入り方を変えることです。

最初の入り方がスムーズにいくことで
どんな話しなのか聞いてくれる人も出てきますから、
電話に対する苦手意識も無くなるからです。

さらに自分がイメージした流れで進むことで
仮に「やっぱり今回は遠慮します」と言われても
それはきちんと話した後での結果ですから、
それほどダメージを受けることはありません。

今までは話しすら出来ずに終わっていたのですから、
大きな違いですよね。

もしあなたもテレアポに対して苦手意識があるのなら、
最初の入り方を変えて見てはいかがでしょう。

今より違った結果を残すことも可能になりますよ、
どうぞお試し下さい。

その入り方をどうすればいいのか知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 

新規開拓で有効な営業方法、それは「相手から電話させること」 [営業ノウハウ]

業種に限らずどの営業もそうですが、
飛び込み訪問すると、

「今のところ間に合っているから、」
「その話しは断わっているので・・」

と言ったように
簡単に断わられるのが現状です。
 
相手にして見れば
営業される=売り込まれると思っていますから、
「面倒だ、断ってしまえ!」となってしまいます。
 
そこで相手に面倒だと思わせない形で
興味を引き出せることが出来るとしたら、
いかがでしょう?

今回断わられることが多くて困っている方のために、
相手の興味を引き出せる方法があります。

 その方法と言うのが
「DM」を使った方法です。
 
通常、DMに入れるのは
パンフレットやチラシ類になる訳ですが、
それらは商品の詳しい内容が書かれたものが多く
ちらっと見ただけで捨てられてしまうだけです。
 
なぜならそんな小難しいものを見ても
面倒だと思うからです。
 
そう思われるとそれ以上の進展は望めませんし、
電話しても簡単に断わられてしまうだけです。
 
そこで工夫の仕方です。
 
せっかくDMを送るのであれば
目を通して貰わないと意味がありませんので
読ませる工夫をします。
 
目的はただひとつ、
相手に興味を持たせて相手から
電話をさせるようにすることです。
 
つまりあなたから電話するのでは無くて、
相手から電話をさせるように仕掛けるのです。
 
ここがポイントです。
 
自分から電話するのでは無くて、
相手から電話をさせるように工夫すること。
 
そうなれば電話して来るのは興味ある人だけでから、
成約率が高くなるのは目に見えています。

そして今回のDMが相手のお役に立てれば、
必ずお返し(契約)を受けることが出来ます。
 
それだけ相手に役に立つ内容であれば
感謝される方も増えるからです。
 
ではどのようにすれば良いのかと言うことで、
詳しい内容についてはこちらに掲載してますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 

顧客管理を工夫すると「新規件数」もアップするその理由とは? [営業ノウハウ]

あなたは顧客管理をどのようにして
対応していますか?

・電話やメールで近況伺いをしている・・・
・定期訪問で関係の維持を続けている・・・
・ニュースレターやハガキで対応している・・・

皆さんもこのような方法で
顧客管理されている方もいると思いますが、
それだけで相手は満足しているでしょうか?

もちろん顧客管理だけではなく
新規開拓も必要なことは分かっていますし、
自分はまだそれほど顧客件数が少ないので
新規開拓をメインで頑張っていると言う方も
いるでしょう。

では顧客管理を工夫することで、
顧客が新規客を紹介してくれると言う
流れにすることが出来るとしたら・・・
いかがでしょう。

新規開拓+紹介客=新規件数アップで
目標達成も夢ではありません。

ではどのようにするのかと言うと
このようにします。

……………………………………………
契約から1ヶ月程度過ぎた頃合いに
近況伺いとアンケート用紙、
そして紹介用のハガキをセットにした
「フォローアップ作戦」を行います。
……………………………………………

近況伺いは
契約して1ヶ月程度経過した頃合いにでも
その後の近況伺いを促すメッセージを送る
事によって、相手に気遣いを与えると供に、
気にかけていると言う印象を与えるのが
狙いだからです。

そしてアンケート用紙には
今回契約して頂いた理由のひとつとして、
決め手になった理由を書いて貰うようにします。

その決め手があなたの強みになる訳ですから、
それを営業トークにどんどん応用することで
効果的な切り口を作ることも可能になりますし、
自分が考えるよりも効果が違うからです。

そして最後に紹介用のハガキをセットにした
「顧客のフォロー」の完成です。

知り合いの方を紹介して貰えるように
紹介ハガキを一緒に入れるだけで、
中には何度も紹介してくれる方も
いらっしゃいます。

フォローの仕方ひとつで
新規客を増やすことが出来るとしたら、
使わない手はありませんよね。

自分なりに応用して見てください。
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



コメント(0) 

これからの新規開拓は売り込みをする前に、このような工夫をすると結果も変わります [営業ノウハウ]

営業で悩むことと言えば
新規開拓しても結果が出ないこと。

結果を出さなくてはいけないと思えば思うほど、
さらに悩みが深くなって行きます。

そんな深い悩みに陥った時はどしたらいいのか?
と言うことで解決策です。

今やっている営業は結果を出すためにしている訳ですが、
そんな簡単に契約が取れるほど簡単なものでは無い・・・
と言うことはご承知の通りです。

しかし実際は、
「もしかしたら話しを聞いてくれるかも知れない」
「もしかしたら契約が取れるかも知れない」

と言ったように淡い期待を持っている自分が
そこにいるはずです。

もちろんそう思えるからこそ
一生懸命になって営業する訳ですが、
でも実際は断わられる件数が多く、
丸1日成果が無いと言うこともあります。

成果が無かったのは自分のやり方が悪かったのか、
それとも話し方がダメだったのかと自問自答しても、
解決するだけの答えは出て来ません。

そんな深い悩みを解決するにはどうしたらいいのか?
と言うことで、このような工夫の仕方があります。

たとえば飛び込み訪問したとします。
………………………………………………
今までは扱っている商品の内容や
特徴と言った詳しい内容を説明して、
その良さを理解して貰うように
営業していたはずです。

ですが一生懸命になって説明しても
良い返事をもらえないばかりか、
「あとで検討しますから」と
逃げられるばかりでした。

そんな見え透いた断わり文句は
何度も聞いてきましたから、
「またダメか、」となっていましたよね。

▼そこで解決策です。
……………………………………………
最初から売り込みしないと決めて訪問して下さい。
挨拶から入り相手が喜ぶような情報を提供すると言った
スタンスで訪問するようにします。
さらにあなたと言う人間性を相手に知って貰えるように
工夫して見て下さい。
……………………………………………

ご承知の通り最初から売り込みになる話しをしても
簡単に契約してくれる人はいません。

つまり今までと違って売り込みをしなければ、
相手が負担に思うこともありませんし、
最初から冷たい態度を取る人も少なくなります。 

反対に「営業も大変だね、頑張ってね」と
応援されることもあるくらいですから、
そう言った関係を築くことの方が大事なのです。

これからの営業は売り込みをする前に
自分と言う人間性を知ってもらい、
そしてお互いの信頼関係を築くです。

そうすれば最初から冷たくされると言う
仕打ちに遭うことも無くなります。

どうぞお試し下さい。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



 

コメント(0) 

効果的な「新規開拓の営業手法」を探している方へ、このような営業方法もあります [営業ノウハウ]

新規開拓で営業する場合、
色々な営業手法があります。

テレアポや飛び込み訪問、
ダイレクトメールやチラシ、
FAXDM、広告宣伝と言ったように
この他にもあります。

そう言った中でテレアポは会社に居ながら
電話で営業することが出来ますし、

その場で見込み客はもちろんのこと
契約をいただくこともありますから、
時間の効率面から言っても
有効な営業方法です。

ですが業種によっては商品名を出した途端に
切られることもありますし、
会社名を名乗った時点でお断わりされることも
よくあります。

それだけ電話に対する対応が
冷たくなっていると言うことです。

それならばと言うことで
他の方法で営業しようと思っても、
そう簡単にいかないのも現実です。

これと言った反応も得られず、
どうやって営業すればいいのかと
悩んでしまうところですね。

そこで今までの営業方法に代わる、
いえいえそれ以上の効果的な方法で
見込み客を開拓することが出来る営業手法が
あるとしたら・・・

あなたも試して見たいと思いませんか?

そんな新規開拓でお困りになっている方や
効率よく成績を上げたいと思っている方に、
こちらにも効果的な営業手法がありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif



コメント(0) 

飛び込み訪問にも使える「見込み客を見つける工夫」、それは相手のホンネを訊き出すこと [営業ノウハウ]

リフォーム営業をしている方から
見込み客を見つけるにはどうしたらいいのか
困っていると相談される事もよくあります。

今回はそんな悩める営業マンのために
訪問で使えるコツをご紹介したいと思います。

そのコツと言うのは、
相手のホンネを訊き出すこと。
  
相手の悩みや困り事を聞き出すには
どうしたら良いのか?

と言うのも面と向かって
「あなたの悩みや困り事を教えて下さい。」
と言って教えてくれる人はいません。

「そんなこと言ったら売り込まれるでしょ、」
と冷たく断わられて終わりだからです。

ではどのようにして訊き出すのかと言うと、
相手のことをほめたたえてあげれば良いのです。

人はほめられると悪い気分はしませんから、
ついついよけいなことまで話してしまいます。

それだけ気分も良くなりますし、
何気なくホンネの部分を出してしまうからです。

ではどのように訊き出せば良いのか?と言うことで
ひとつの例としてこちらをご覧ください。
…………………………………………………………
  
営業「タバコは吸われるんですか?
   えっ、禁煙されたんですか、
   よく禁煙出来ましたね~
   禁煙したくても出来ない人も多いんですが、
   さすがですね~
   それじゃ壁紙もキレイですよね。」

相手「まあね、
   タバコを吸わないから壁紙の黄ばみは無いけど、
   でも、湿気か何かでちょっとめくれてるんだよね~
   まだ大丈夫だとは思うんだけど、
   何か支障でもありますかね・・・ 」
…………………………………………………………

このような感じで相手のことをほめてあげると
気分も良くなり、ついついよけいなこまで
しゃべってしまう方もいます。

普通に壁紙の状態を聞いただけでは
素直に教えてくれる人はいませんから、
ずいぶん違う反応になりますよね。

このように相手の事をほめてあげることで
小さな問題点まで教えてくれるようになり、

「どうしたらいいのかな?」と言う言葉まで
出させることも可能になるのですから、
試して見る価値はありますよね。

コツとして相手のホンネを知りたい時は、
相手を気持ち良くさせるような雰囲気を
作ることがポイントです。

そうすれば見込み客を見つける事も可能になりますし、
結果を出すことも容易になるからです。

そのためにも相手をどんどんほめて
持ち上げてあげて行きましょう。

それで契約に繋がるのでしたら、
言葉なんて使い方次第ですよね。

どうぞお試しください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

コメント(0) 

テレアポが気軽に出来る方法、それは自分の「心理」を利用すること [テレアポ]

新規開拓でテレアポする時に
緊張や不安で思うように電話することが出来ない・・
と悩んでいる方がいらっしゃいます。

これは何も特別なことではありません。

誰でも最初の頃は緊張や不安もありますが、
普通は慣れて来るに従って電話に対する恐怖心は
無くなって来るものです。

ですが慣れたと思っても
ちょっとした断わりを受けただけで
また同じような恐怖心が出てくると言う
ケースもあります。

このように電話に対する恐怖心と言うものは、
頭では理解していても理屈では説明できない
部分があるのです。

そこで心理学からこのような恐怖心が起こる
メカニズムを分析したいと思います。

大きく分けて、
(1)何を話したらいいのかと言う準備不足から来る不安
(2)相手が誰なのか分からないと言う影におびえる不安
(3)断られたらどうしようと言うイメージに対する不安

と言った不安から来るものがあります。

(1)の何を話したらいいのか分からないと言う不安は、
応酬話法も含めて答えられない質問をされたらどうしよう
と言った不安があるために、心の準備不足から受け答えに
おどおどしてしまう状態です。

(2)の相手が誰なのか分からないと言う不安は、
電話でしか話しをしていない訳ですから相手が誰なのか
分からないと言うのは当然のことです。

(3)の断られたらどうしようと言うイメージに対する不安は、
最初から断られている自分の姿を頭の中で想像してしまう為に
電話する前から恐怖心が大きくなっている自分がいる状態です。

しかしこれらの恐怖心は
あなた自身が勝手に作っている妄想だと言うことに
早く気付くべきです。

事件は署内で起こっているんじゃない、
現場で起こっているんだ、と言う刑事ドラマがあるように、
テレアポでも同じことです。

テレアポの断わりは
電話する前から起こっているのではありません。

現場の相手に聞いて見ないと分からないのですから、
その確認をするための電話だと思う事が大事なのです。

自分が勧める商品やサービスが必要かどうか?
その答えを訊くために電話するんだと思えば気も楽になります。

そうすれば電話に対する恐怖も無くなりますし、
どんな断わりがあっても心を強く持てるようになります。

どうぞお試しください。
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

 

コメント(0) 

新規開拓で結果を出せる「この営業ノウハウ」があれば営業成績もアップする [営業ノウハウ]

新規開拓で結果が出ないと悩んでいる方へ、

もっと効率良く新規契約が取れる方法で
あなたも結果を出せるとしたら・・・
その方法を試して見たいと思いませんか?

今回は営業で結果が出ず悩んでいる方の為に、
参考になる方法をご紹介したいと思います。

そもそも営業の仕事は製造業などと違って
自分の意思で行動出来るメリットがありますから、
それを利用しない手はありません。

時間から時間まで作業する事もありませんし、
自分が動きやすい行動計画を立てながら
後は結果を出して行くだけです。

その結果が給与に反映されるのですから
数字が良ければ加算額も大きくなりますし、
反対に悪ければ会社からのプレッシャーも
相当あると覚悟しなければなりません。

これが営業職の宿命です。

これはたとえ新人であっても
それなりの結果を出さないといけませんから、
プレッシャーも出て来ますよね。

それならばもっと効率の良い営業を
して見てはいかがでしょう。

それが出来るのも営業職だからです。

ですがその効率の良い営業をするには
やはり効果的なノウハウが必要です。

・効率良く訪問しドアを開けてもらえる方法
・テレアポでアポイントが取りやすいコツ
・新規開拓が楽に出来る営業方法など

このような営業手法を活用することによって
今よりも契約本数があがるとしたら・・・
あなたも試して見たいと思いますよね。

それが出来るのも
効果的営業方法を知っているかどうかで
結果も変わってくることです。

そんな効果的営業方法を知りたいと言う方は
相手から話しを聞きたいと言わせる方法から
アポが取りやすい営業手法もありますので、
こちらをご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



コメント(0) 

新規開拓で結果を出している人はこのような方法で「安定した営業成績」を出している [営業ノウハウ]

新規開拓で困るのが、
・話しを聞いてもらえない・・・ 
・すぐ断わられてしまう・・・
・思うような見込み客が出来ない・・

あなたもこのようなケースで
お困りになっていませんか?

ですがそう言った中でも
結果を出している営業マンはいます。

なぜ彼らは結果を出すことが
出来るのでしょう?

反対に自分はなぜ結果を出すことが
出来ないのでしょう?

その答えは簡単です。

出来る営業マンは
最初から売り込みをしません。

テレアポや飛び込み訪問でも
最初から売り込みをしないのです。

最初にすることと言えば、
相手が知りたい情報や資料を
先に与えるようにして、尚且つ、
自分と言う人間性を知らせていることです。

先に与えてから次のステップに進む・・・

これが結果を出している営業マンの
やり方です。

反対に結果の出ていない営業マンは、
相手のことよりも自分の都合を優先して
話しを進めようとします。

自分の中では
「契約を取らないといけない・・・」
「見込み客を見つけないといけない・・・」

このようなあせりが働くために
どうしても説明することに集中してしまい、
売り込みになってしまうのです。

ここが出来る営業マンとの違いです。

相手の嫌がること(売り込み)はしませんし、
逆に相手が知りたいと思う情報を与えながら
自分と言う人間性を知らせることに
力を注いでいるのです。

結果が違うのは当然です。

ですからこれからの営業は、
最初から売り込みをするのではなく、
相手が知りたくなる情報を与えながら
自分と言う人間性を伝えるとともに、
相手に興味を持たせるような仕組みを
与えることです。

そうすれば次の展開に持ち込むことも可能になりますし、
話しを聞きたいと思わせることも出来ますから
今まで以上に見込み客も増えます。

どうぞ試してください、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

 

コメント(0) 

新規開拓で個人宅へ飛び込み訪問する時、効果的にインターホンを攻略する入り方 [飛び込み訪問]

今回は飛び込み訪問で悩んでいる方より
相談受けた内容をご紹介したいと思います。

皆さんにも参考になる内容ですので、
応用して見てはいかがでしょう。

その相談内容と言うのがこちらです。
        ↓ ↓ ↓
…………………………………………………
相談者「飛び込み訪問をしている者ですが、
    インターホンで断わられることが多く
    契約が決まらないので困っています、
    何か良い方法は無いでしょうか?」
…………………………………………………

と言うことで、
一般的に個人宅を訪問する場合、
「話しを聞いたら売り込まれる・・・」
と言った警戒心が強くなるために
インターホンで断わられる事が多い訳ですが、

それだけ訪問営業=迷惑と感じる方が
多いと言うことです。

ではどのように訪問したら良いのか?
その解決策は相手にあります。

そもそも相手が断わってくるのは
話しを聞くのが迷惑だと思っているからであり、
居留守を使ったりすぐ断わって来るのは
面倒くさいと思っているからです。

・・・と言うことは、
面倒くさいと思われない訪問をすれば、
話しを聞いてくれると言うことになります。

そこでインターホンの攻略ですが、
基本は最初の入り方を工夫することです。

ここがスムーズに行かないと
次に進まないからです。

そこでインターホンで苦労しているあなたに
警戒されずに済む入り方として、
こちらを参考にしてください。

こんな感じです。
     ↓ ↓ ↓
…………………………………

営業「こんにちは~
   (会社名)で~す、
    お願いしま~す。 」

………………………………… 

こんな感じで軽く入ると
あまり深く考えずに出て来る方も
いらっしゃいます。

もちろん当然ながら「何の用ですか?」
と聞かれることも多いので
このように話しを続けます。
    ↓ ↓ ↓
……………………………………………

相手「何の用ですか?」

営業「はい、
   ( 会社名 )の(   )と言いまして、
   (    )に使える(     )を
   皆さんに(    )していたんですね。

   すぐ終わりますので、
   お願いしま~す。」

…………………………………………… 

と言った感じで
すぐ終わる話しだと思わさせることや、
相手に興味を持たせるキーワードを入れて
ドアを開けて貰うようにします。

ポイントは自分だったら
どう言われたらドアを開けるだろうか?
と言うことを考えて工夫することです。

反応が良かったら
その入り方を続けて行けば良いですし、
もっと工夫が必要ならば、いくつか
入り方を替えるようにします。

試行錯誤して自分だけの入り方が出来れば
もう大丈夫です。

後はどんどん訪問して
どんどん結果を出すだけです。

あなたの健闘をお祈り致します。

なお、詳しい内容については
こちらにもノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

 

コメント(0) 

商談を成功させたい時、こんな工夫をすると契約率もアップする [営業ノウハウ]

せっかくアポイントが取れたとしても
商談となった時に思い通りの展開にならず
契約にならなかったと言う苦い経験、
あなたもありませんか?

それにどのようにしたらいいのか?と
悩むこともありますよね。

そこでこちらが思い描いているような展開に
持ち込むことが簡単に出来るとしたら、
いかがでしょう。

そんな商談で悩んでいるあなたに、
効果的に話しを進ませることが出来る方法を
ご紹介したいと思います。

それは質問事項や確認したい事柄などを
あらかじめ紙に書いておくと言う方法です。

よく言われる「ヒアリングシート」のことです。

ヒアリングシートに書いてある項目に沿って
話しを進めて行くことで緊張することなく、
そして聞きたいことや説明したい内容などを
スムーズに出せるようになりますから、
今までのように失敗することはありません。

これなら気の利いた話題を出す事も出来ますし、
自信を持って商談することも出来るようになります。

このように何を話したらいいのか困る時は、
事前に話したい内容を紙に書いておくことで
それを順番に話していくだけですから、
何も困ることはありませんよね。

さらに、ヒアリングシートがあるおかげで
きちんと商談内容が書いてあるんだな・・・と
相手に印象良く見せることが出来ますから、
あなたの高感度を上げる効果もあるのです。

このようにあなたも話しやすい形として、
ヒアリングシートを使って見ては如何でしょう。

きっと成功すること間違いありません、
どうぞお試しください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

 

コメント(0) 

訪問営業で苦労するインターホンが「このトークなら」話しを聞いて貰える [営業ノウハウ]

訪問営業で苦労する点は
・インターホンで簡単に断わられる、
・ドアを開けてもらえない・・・
・話しも聞いてもらえない・・・

と言ったように
インターホンの時点で簡単に終わってしまい、
こちらの話しを聞いてもらえないために
アポが取れないことです。

皆さんもインターホンで終わってしまうので
苦労している部分ですよね。

ではどのようにしたら
インターホンからドアを開けて貰えるのか?
参考になるコツをご紹介したいと思います。

まずはインターホンを鳴らすと言えば
宅配か郵便配達員、それに知り合いとかになりますが、
それ以外で多いと言えば「訪問販売」と言った
売り込みに来るセールスマンです。

ゆえに訪問販売と分ると
面倒な話しにかまっていられないと言うことで
話しも聞かずに断る方が多いのです。

ここにヒントがあります。
「宅配なら出る」と言うことです。

と言うことは宅配らしき感じならば
出てくれると言うことになります。

ですが訪問販売は
誰が何の目的で訪問しに来たのかと言う
「特定商取引法」を遵守しないといけませんから、
相手に訪問理由をキチンと説明しなくてはいけません。

でもそのまま相手に伝えては
門前払いになるのは目に見えていますから、
皆さんもそこが苦労している部分ですよね。

そこでインターホンの攻略方法です。

こちらが何の目的で訪問したのかを
相手にキチンと伝えることが出来て、さらに
ドアを開けてくれれば問題無いのですから、

そこは法令に従って説明しながらも
相手にドアを開けてもらう工夫をします。

こんな感じです。
………………………………………………………………
インターホンを押します。

    ピンポ~ン・・・

相手「はい・・・」 

営業「こんにちは~
   ( 会社名 )の ××× と言いまして、
   皆さんに(       )が出来ることになりましたので、
   そのお知らせするために1件1件廻って来ました。
   2、3分ですぐ終わりますので、 
   玄関先までお願いしま~す。」 

………………………………………………………………

このような感じで
相手にメリットある内容を伝えることが出来れば、
面倒な話しでは無いことが相手にも伝わりますから、
ドアを開けて貰えるようになります。

それにはあっさり感を出しながら、
何の話しなのかな?と軽く思わせるようにして
ドアを開けさせるのがポイントです。

チョットしたコツで次に進ませることが出来れば、
試して見る価値はありますよね。

ですが訪問販売やセールスの職種は色々ありますから、
売る商品によって相手に伝える内容も違いますし、
当然入り方も違って来ます。

リフォーム営業、浄水器営業、教材営業、オール電化、
会員権、布団、保険、掃除機、シロアリ駆除など
それ以外にもたくさんの種類があります。

よって相手に勧める商品やサービスに対して
入り方や営業トークが違うのは当然ですから、
それに合った営業方法が必要です。

そこでそれぞれの業種に特化した
専用に使える入り方や営業トークがありますので、
参考にしたい方はこちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

      3081020.gif


コメント(0) 

法人相手にテレアポ(電話営業)する時、ちょっとしたコツで相手につないで貰える工夫 [テレアポ]

今回は保険の営業に役立つ最初の入り方です。

まずは法人営業で苦労するのは、
受付や事務員の段階で終わってしまい
社長や担当者まで話しが通らないことです。

特に保険の場合は
すでに契約が決まっていることが多いため
話しを聞いてくれる先が少ないのが現状です。

そこで法人営業で使えるちょっとしたコツを
ご紹介したいと思います。

まずは労災保険の件で電話する例をご覧下さい。
………………………………………………………
営業「お世話になります。
   (  )生命の(  )と申しますが
   社長さんいらっしゃいますか?」

受付「どのようなご用件ですか?」

営業「はい、労災保険の件で電話したんですが、
   会社の経費削減にも関係するお話ですので
   社長さんお願いできますか?」
………………………………………………………

と言った入り方ですと
「保険の用で電話して来たのか?」
と事務員に警戒されてしまうだけです。

そうすると他の営業電話と一緒の扱いをされてしまい、
目指す相手まで通してもらえなくなります。

そこでちょっとしたコツです。

最初の段階ですることは
何の用件で電話したのかをさりげなく伝えて
相手までつないで貰えるようにすることです。

警戒されないようにするのが
ポイントです。

では、実際にどのようにすれば良いのか、
こちらのトークをご覧下さい。
……………………………………………………
営業「こんにちは、
   (  )生命の(  )と申しますが、
   お世話様です。

  “労災保険”の件で電話しました、
   社長さんお願いします。 」
……………………………………………………

このように端的に言い切ってしまえば
いかにも「社長に用事があって電話をした・・」
と言った雰囲気が相手にも伝わりますから、
電話をつないでもらうことも可能になります。

ポイントは相手によけいな警戒心を起こさせずに、
すんなりと電話をつないで貰うこと。

それが次に進ませることになりますから、
言い切って見るのも大事だと言うことです。

どうぞお試しください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif

コメント(0) 

飛び込み訪問で苦労するインターホンがこの工夫なら「話しを聞いて貰える」ようになる [飛び込み訪問]

飛び込み訪問は断られることが多いため
辛く思っている方も多いと思いますが、

そんな辛い飛び込み訪問が
ある方法で工夫することによって、
面談できる件数を増やすことが出来ます。

それもちょっとした工夫で
面談率を上げることが出来る方法です。

そんな工夫があったら
あなたも試して見たいと思いますよね。

そんな飛び込み訪問で苦労しているあなたに
面談率が上がる飛び込み訪問の仕方を
ご紹介したいと思います。

まずは個人宅へ飛び込み訪問した場合、
ほとんどインターホンで断わられてしまいます。

今はどこの家でもインターホンが付いているだけに、
ボタンを押しても応答が無かったり、あるいは
カメラ越しで簡単に断わられる件数が多い状態です。

そんな冷たい仕打ちを受けるインターホンですが、
その特性を逆に利用する方法があるのです。

そもそもインターホンは
「声だけのやりとり」で済みますから、
断わる側は簡単です。

「今から出かけるので・・・」
「今忙しいので・・・」
「間に合ってますから・・・」

さらに誰が来たのかカメラで確認して
そのまま居留守を使う方もいます。

このようなことが簡単に出来るのは、
“インターホンがある”からです。

そのインターホンを逆に利用することが出来るとしたら、
いかがでしょう・・・

今まで苦労していたインターホンが
自分にとってプラスとなるとしたら・・・
あなたも試して見たいと思いますよね。

ここからが
インターホンを攻略するコツです。

たとえば相手から、
「その話しを聞かせて欲しい、」
あるいは「もっと詳しく聞きたい・・」
と思わせることができれば
インターホンを攻略することが出来ます。

今までの入り方と言えば
社名を名乗って用件を伝えていたはずです。

特定商取引法に関係することですから、
当然の入り方です。

ですが相手側にして見れば、
「ああ、面倒な人が来たな・・・」
と言った程度にしか思っていません。

なぜなら自分にとって
どうでもいい話しだと思っているからです。

ここがポイントです。

自分にとってどうでもいい話しから、
「自分にとってメリットある話しかも?」
と期待させて思わせることが出来れば
話しを聞いてくれると言うことです。

「そんなことはすでに工夫しているし、
そうならないから苦労しているんだよ、」
とおっしゃる方もいるでしょう。

ですが、もう一度考えて見てください。

インターホンが攻略できないのは
面倒な話しだと思われていることであって
本当の中身まで理解しているのでは無い・・
と言うことです。

そこの部分を分ってもらえないので
多くの営業マンが苦労しているのです。

ゆえにインターホンを攻略するコツは、
「自分にとってメリットある話しかも?」
と思わせるように相手の考え方を変えるだけの
トークを工夫することです。

もちろん反応が無ければ
さらに違う角度から工夫するようにして
トークを改良していきます。

でも、その工夫の仕方が分らない・・・
と悩んでいる方もいるでしょう。

そんな方はこちらを参考にして下さい、
あなたも『解決の糸口』が見つかりますよ。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 

テレアポトークは時代に合った工夫をするだけで「展開を変える」ことが出来る [テレアポ]

テレアポで辛いのは
何十件と必死になって電話をしても
アポが取れずに1日が終わってしまうことです。

結果が出ない時ほど辛いものはありませんし、
精神的に落ち込んでしまいます。

話し方を工夫しても思い通りにいかない時もあり、
どうしたら良いものかと悩んでしまいますよね。

そこでそう言った時に効果的なのが
今使っているテレアポトークの内容を替える工夫です。

たとえば今まで電話しても反応が無かったのは、
今使っているトークの内容が固まっているために
「また営業の電話か」と断わられてしまうことです。

もちろん会社のマニュアルに従っている場合は
そう簡単に替えられないと言うこともありますが、
それでもちょっとした工夫をするだけで
良い結果を残すことも出来るのですから、

何事も固定観念にとらわれず
柔軟な対応で攻めることも必要です。

それに時代が変われば方法も変わるように
その時代に合ったトークを使い分けることで
さらに良い結果を残すことになるのですから、
プラス思考で取り組む姿勢が必要です。

そこで今お使いのテレアポトークを
相手が興味を持てるトークとして
工夫するコツがあります。

そのトークをどのように工夫すれば良いのか?
さらに新規開拓のノウハウや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

コメント(0) 

新規開拓で結果が出来ないと悩んでいる方へ、この工夫なら結果も出るようになる [営業ノウハウ]

新規契約が取れない・・・
テレアポがうまく出来ない・・・
訪問しても断られるばかりで落ち込む・・・
結果が出ないので充実感が無い・・・

いかがですか、
あなたもこのような悩みを持っていませんか?

もちろん、
それ以外の理由で悩んでいる方もいるでしょう、

ですがご安心下さい。

あなたが悩んでいる理由で
解決出来ないことは何ひとつ無いからです。

その証拠に、
あなたと同じ仕事をしていて
結果を出している営業マンがいれば、
あなたにも出来ないことはないからです。

他の人に出来て
あなたに出来ない理由なんて何ひとつありません。

いやいやそんなことはない、
自分は能力やセンスが無いから・・・
とおっしゃる方もいますが、

そんなものは他人から見たら
個性のひとつにしか過ぎないのです。

人には個性があるのですから、
自分が持っている個性を引き出せば
それがあなたの能力やセンスになります。

でも結果が出て無いから困っている・・・
と悩んでいる方がいるのも事実です。

そんな悩んでいる方のために解決策です。

そもそも共通して見られるのは、
考え過ぎてしまい行動に移すことが出来ない・・
と言ったことがあることです。

考えれば考えるほど
深みにはまって行くのが見られるためですが、
一旦考えることを止めて見ては如何でしょう。

今までは考えてしまうために
思うように行動することが出来なかったはずです。

ですからその悪い考えを断ち切るには
考える前に行動することです。

どうせ考えても答えは出ないのですから、
それならばどんどん行動に移したほうが
結果も早く分ると言うものです。

では実際にどうすればいいのか?
具体的な方法を教えてほしいと言うことで、
次のような工夫をして見てはいかがでしょう。

ひとつは「営業トーク」の工夫です。

いつも同じトークで攻めていた場合、
途中で終わってしまうこともあったはずです。

これでは結果が出ないのは当然です。

それならば数パターンの営業トークを用意して
実際に試して見てはいかがでしょう。

相手方の反応も違ってきますし、
今までと違った展開にすることも可能になりますから、
当然結果も出るようになります。

このようにトークを工夫するだけで
実際に行動し結果も付いて来るようになれば、
仕事も楽しくなりますよね。
どうぞお試しください、
あなたの健闘をお祈り致します。

その営業トークの見本を知りたい、
あるいはテレアポや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif

 

コメント(0) 

個人宅へ飛び込み訪問した時に冷たく断わられても、何度でも訪問出来る営業の仕方 [飛び込み訪問]

個人宅へ飛び込み訪問をしていると
ほとんど断られることが多いですよね。

たとえばこんな感じです。
保険の営業でインターホインを鳴らした場合、
………………………………………………

相手「保険はすでに入っているので
   これ以上入る予定はないです、」

営業「そうですか、
   入る予定が無いと言うことですね、
   わかりました、
   失礼します・・・ 」

………………………………………………
と言ったような感じで
インターホンの段階で終わってしまう訳ですが、

でも、このような終わり方では
相手も断わったことに対する気まずさも残りますし、
保険はもういいからと言う形にしてしまうだけです。

そこで断わられた時でも工夫をすることで
良い印象のまま終わらせることが出来る工夫があります。

その工夫と言うのが「感謝の言葉」です。

感謝の言葉を出すことによって
その場をやわらげる効果もありますし、
次に繋がる印象を残すことも出来ますから
効果的に終わらせることが出来るからです。

では、どのように工夫したら良いのか、
こちらをご覧ください。
………………………………………………

相手「保険はすでに入っているので
   これ以上入る予定はないです、」

営業「そうですか、
   入る予定が無いと言うことですね、
   わかりました。

   お忙しい所お話し聞いて下さいまして、
   ありがとうございました。

   次の機会はお役に立てるよう努力しますので、
   その時は宜しくお願い致します。

   ありがとうございました、
   失礼いたします・・・ 」

………………………………………………
と、このような感謝の言葉で締めると、
断わった相手も「この人は丁寧な営業をするんだな」と
あなたを見る印象も変わって来ますし、

断わった事に対する気まずさも薄れますから、
あなた対するイメージを良い印象のままで
覚えてくれるようになります。

営業は1回で終わりではありません。

今回がダメでも次のチャンスにつながったり
知り合いを紹介してくれるかも知れませんから、
終わり方を工夫することが大事なのです。

いかがですか、
感謝の言葉を残す事でチャンスが増えるのなら、
使わない手はありませんよね。

どうぞ、お試し下さい。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

 

コメント(0) 

新規開拓で苦労している営業マンの方へ、この営業方法なら結果を出すことができる [営業ノウハウ]

新新規開拓で結果を出すことができなくて
苦労している営業マンの方へ 、

新しい営業手法として
見込み客の開拓やインターホン攻略に役立つ
実践的な営業ノウハウをご紹介したいと思います。

まずはあなたも
新規開拓で思うような結果が出ないのは
自分に営業能力が無いからだと思っていませんか?

他の人は結果を出しているのに
自分は出ていない・・・

自分のやり方がダメなのか、
それとも自分に営業能力が無いからか・・・

このように結果が出ないのは
自分に営業能力やセンスが無いからだと
思っている方が多いと言うことです。

ですが、そんなことはありません。

普通に社会生活を送っている方なら
誰にでも結果を出せる力はあるからです。

そもそも結果が出ないのはなぜなのか?

その原因がどこにあるのか、
あなたはお分かりになりますか?

それは・・・

結果を出すための方法を知らなかった、
ただそれだけのことです。

効果的な方法を知らずに営業をしても
結果が出ないのは当然です。

実際あなたが行なっているやり方で
満足な営業成績や結果が出ていないと言うのは
まだ効果的な営業をしていないと言う
結果のあらわれです。

もっと良い方法があるんじゃないのか?

もっと違う入り方をすれば
今より上手く行くんじゃないのか?
とあなたもそう思っているはずです。

そこで「効果的に出来る営業手法」です。 

・インターホンを攻略する方法
・受付や事務員を攻略する方法
・テレアポで上手に会話できる方法
・飛込み訪問で話しをすることが出来る方法
・ダイレクトメールで反響を得られる方法
・ファックスだけで見込み客を集める方法
・紹介だけで新規客を増やせる方法

▼さらに、
 保険の営業で使えるノウハウもあります。
…………………………………………………………
・保険の営業にも使える「手紙DM」で会話が広がる
・保険のテレアポ切り返しに使える営業ノウハウ集
・クリニック・法人関係にアポイントを取る営業トーク
・保険の営業で使える案内状「通販型の保険を題材」
・保険の営業に役立つ「相談メールの回答例」
・飛び込み訪問用に使える「営業チラシ」
・損保営業のスプリクト・レターの添削実例集
・有料メルマガより全投稿ノウハウ集をプレゼント♪
・62円で送れるミニレターの現物
…………………………………………………………

のような営業ノウハウを活用することで
あなたも営業成績をアップさせることは可能です。

あなたも結果を出したいと思っているならば、
即効性のある営業方法を試して見てはいかがでしょう。

目標達成することも夢ではありません。

そこでどれだけの「営業手法」なのか、
詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif


コメント(0) 

テレアポで社名や用件を言った途端にすぐ断わられる時、ここを工夫すると話しを聞いて貰える [テレアポ]

新規開拓のテレアポしている時に困るのが
社名や用件を言った途端に、

「ああ、そう言った話しは間に合ってますから、」
と簡単に終わってしまうことです。

このような断わりが続いてしまうと
さすがに誰でも落ち込んでしまいますよね。

そこで解決策です。

すぐ断わられるのは最初の入り方にある、
と言うことはみなさんご承知の通りです。

投資の例で言えば、
「資産運用の・・・」と言った時点で、
「その話しなら間に合ってますから、」
と簡単に断わられてしまいます。

「資産運用の」と言っただけで
断わられるありさま・・・

これでは先に進みません。

「資産運用」と言ったキーワードを聞くと
「投資」と言った言葉を連想してしまう・・・

つまり、投資と言った話しを聞いてしまうと
リスクが高いだけで自分のお金を取られてしまう?・・・
と言ったように警戒されてしまうので
誰も話しを聞きたがらないのです。

と言うことは、
そのイメージを変えることが出来れば、
話しを聞いてくれる人が増える・・・
と言うことになります。

ここに解決策です。

同じ投資でも言葉のイメージを変えることで
相手に聴く耳を持たせる事も可能になりますから、
そこを工夫すれば良いと言うことになります。

今まではどのように工夫しても
まったくアポイントが取れなかった方でも、
入り方を工夫するだけで結果を変えることも
出来るようになりますから、あなたも
試して見てはいかがでしょう。

その投資用に使えるテレアポトークが知りたい、
あるいは新規開拓の方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧下になってください

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 

新規開拓で結果を出すには売り込むのではなく、ドクターのように問診形式で会話すると結果も違う [営業ノウハウ]

営業マンは新規開拓をすればするほど
相手から嫌われることも多く結果に結びつかない・・
と言うのが現実です。

その原因となっている理由は
営業=売り込みをしているからです。

でも営業マンですから、
契約を取らないことには成績につながりませんし、

脈があると思えば
自然と売り込みになってしまうのは当然です。

結果が欲しいと思うのは営業マンの宿命ですから、
どうしても売りになってしまいますよね。

そこでたとえ感触が良いと思ってもあせらず騒がず、
そして気持ちに余裕を持って接することが基本です。

それにはどうしたら良いのかと言いますと、
自分は営業マンだと言う意識を持たずに
カウンセリングをする専門家と言った意識で接すること。

つまり、相手に対して売り込むのでは無く、
カウンセリングの感覚で相手の現状を尋ねながら
そして相手から信頼を得るようにして行きます。
そうすれば売り込まれている感じはしませんから、
現状に対する不満や要望と言った事柄を引き出すことも
可能になります。

では実際にカウンセリングする場合ですが、
ドクターのように問診形式で相手の現状を尋ねながら
その人に必要な事柄を提言してあげることによって
あなたを見る目も変わってきますし、

今までと違った反応を得ることも可能になります。

そうなれば相手とコミュニケーションが取れますから
いつでもあなたとのことを覚えてくれていますし、
契約に近づけることも可能になると言う訳です。

どうぞ売りの意識よりも
ドクターのように問診形式で接して見て下さい。
そうすれば営業成績もアップしますよ。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

 

コメント(0) 

新規開拓で効果的なテレアポトークはこのように作ればアポイントも簡単に取れるようになる [テレアポ]

業種によってあるいは対象先が個人か法人かでも
営業トークで話す言葉は違って来ますが、

それでも「基本は同じところにある」
と言うことをご存知でしょうか?

その基本と言うのが、
最初の入り方が大事であることです。

最初の受け答えで
「話しを聞こうか断ろうか?」
と短い時間で判断する訳ですから、
良い印象を与えないと先には進みません。

そこでここを押さえて話をすれば、
誰でも効果的にアポイントが取れると言った
テレアポトークを作るコツをご紹介したいと思います。

まずはA4サイズのコピー用紙を1枚用意します。
次にあなたが使っているテレアポトークを書き出します。

第一声から始まり、
何の用件で電話したのか書いてみてください。

次に今のテレアポトークをどのように直していくか?
と言うことになりますが、どのように工夫するかで
アポイントが取れる確率も変わって来ます。

そこでこちらのトークをご覧下さい。
このトークは経費削減を提案するテレアポトークの例です。

トークの見本としてご覧下さい。
………………………………………………………………

営業「こんにちは、
   経費削減の成功事例を紹介している
   (     )会社の(    )と言いますが、
   お世話になります。 

   実は、
   少しでも経費を削減したいと考えている企業様に
   実際に「成功した事例」をご紹介しておりまして、
   どれだけ効果あったのかと言った資料を
   希望する方に差し上げていたんですね、

   そこで社長様、もしくは
   経費削減に力を入れているご担当の方に
   必要かどうかをお尋ねしたいのですが、
   今、お手すきでいらっしゃいますか?」

………………………………………………………………

いかがですか、

あなたが使っているトークと見比べて
何かお気づきになった点はあったでしょうか?

このトークの特徴は、
「内容を知りたい方に資料を差し上げている、
それを必要とするかどうか知りたい」

と言ったように、
相手に対して売り込みの印象を与えていないことです。

多くの場合は
「(   )の案内です、
メリットがあってとても良い内容なので
会って話しをしたい。」と言った感じで
相手に押しつけるような印象を与えてしまうために
お断りされていました。

まずは相手に興味を持たせることが先なのですから、
それには会話を続けるためのテレアポトークを
工夫することが大事なのです。

ですが、そのトークをどう工夫すればいいのか分らない・・・
と言う方もいるでしょう。

そんなお困りになっている方のために、
テレアポトークや飛び込み訪問の仕方について
こちらにも実践的な営業ノウハウがありますので、
参考にしたい方はこちらをご覧下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 

テレアポが思うように取れないと言う方へ、このトークの工夫ならアポも順調に取れるようになる [テレアポ]

テレアポの目的はアポを取ることですが、
1日に何百件と電話してもアポが取れない
と言うこともよくあります。

それが毎日続いてしまうと
さすがに落ち込んでしまいますよね。

そこでストレス無くアポを取る秘訣です。

まずは考え方ですが、
今までは何とかアポを取ろうと
必死に電話して来ました。

ですがほとんど断わられる件数が多く、
まともにアポは取れません。

そうすると次に電話する先も断わられるんじゃないか?
と思うようになり電話することが苦痛になって来ます。

何度電話しても断わられるかもしれない・・・
話しを聞いてくれる人はいないんじゃないのか・・・・
自分の話し方が悪いからダメなのか?・・・

このように自問自答して
困っている方はたくさんいらっしゃいます。

そこで考え方の工夫です。

今までは電話した全てにアポを取ろうとしていた為に
相手から断わりの連続に遭っていました。
しかしこれからは違います。

アポを取ると言う意識を持たないで
電話をすればいいからです。

言い方を変えると、
「アポを取らずにアポが入る」と言った感覚です。

たとえばコピー機のテレアポをしたとします。

相手は社長です。

社長と言えば決裁者ですから
当然いろんな営業電話もかかって来ますし、
権限者として仕事をしなくてはいけません。

そこへあなたが電話する訳ですから、
当然断わられることも予測されます。

通常コピー機のテレアポで入る場合は、
新商品が出たのでその案内で電話しましたとか
カウント料金が安く出来ますよと言ったように
コピー機に関わる話しが中心でした。

しかしそう言った話しこそ、
相手(社長)は嫌がっていたのです。

嫌がる訳ですから、
話しを聞かずに断わるのは当然です。

なぜならコピー機の電話と言えば、
「また売り込みの話しか」としか思えないからです。

実際、今使っているコピー機が故障したとか
あるいは年代物でよっぽど使い物にならないとかで
そう何度も買い換えるものではありませんから
毎回電話されても迷惑だと思ってしまうだけです。

そこで考え方の工夫です。

今までと違って
社長に電話する時はコピー機の売り込みをしません。

売り込みをしないで、
社長の興味を引きつける工夫をすればいいのです。

つまり、売り込みの電話では無くて
社長にとって「利益につながる話し」であれば
興味を持って聞いてもらえると言うことです。

もちろんコピー機に関連性のある内容で
社長に興味をもたせるだけのネタが必要ですが、
そのネタに関する情報は自分で工夫することで
いくらでも作ることは出来ます。

わかりやすく言えば、
言葉の組み立てを工夫することで
興味を持たせることは出来ると言うことです。

いかがですか、
あなたも自分で考え方を工夫することで
今まで苦労していたアポ取りが楽にできるとしたら、
試して見たいと思いますよね。

そこでそのトークの内容を知りたい方や
効果的な営業方法を試して見たい・・・

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif

 

コメント(0) 
前の30件 | -