So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

あなたが使っている営業トークで結果が出ないのはこんな理由があるから [営業ノウハウ]

あなたが使っている営業トークですが、
満足する結果を得ているでしょうか?

それなりの結果は出ていると言う方は
そのままでも問題ないでしょうが、

どうやってもうまくいかない・・・
話し途中で断わられることが多い・・
アポイントが取れない・・・
どうすればいいのかわからない・・・

このように自分の営業トークがうまく機能せずに
悩んでいる方も多いのが現状です。

もちろん、
先輩方や上司から指導を受けているはずです。

ですがそう言った指導と言うのは
先輩や上司その方々に合った方法であって、
悩んでいる当人に結果を出せるだけの
効果は出ていないのが現実ですよね。

実際、あなたも指導を受けているはずです。

それでも結果が出ていないのは
その指導方法が間違っているのではなくて、
あなた自身に合っていなかっただけのことです。

もっと突き進めれば、
先輩や上司と同じような説明は出来るが
話のテーブルに相手をつかせることが出来ない・・・
と言ったところが問題なのです。

つまり相手に対して話しを聞く姿勢に
させることが出来ていないと言うことです。

ゆえに話し途中で断わられたり、
会ってもらえずに受付で終わってしまうのです。

ではどうすればいいのかと言うことですが、
その解決策は難しいことではありません。

相手に聞く姿勢にさせればいいのです。

あなたも思っているはずです、
相手が最後まで話を聞いてくれさえすれば、
それなりの結果を残させることができるのにと。

そこで解決策です。

相手に聞く姿勢にさせるには
やはり最初の入り方が大事になって来ますので、
その工夫をすることが必要です。

でも色々工夫して見たが、
思ったほど効果はなかったと言う方もいるでしょう、

それは当然です、
あなたが営業マンだからです。

提案する側でトークを考えてしまうので、
相手から断わられてしまうのです。

そうではなく
相手側の立場で考えると見えてくるのもありますから、
視点を変えて見てください。

その効果的な営業トークを知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも最新のノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

自分に合った「効果的な営業方法」を見つけると自然と営業成績も良くなる [営業ノウハウ]

あなたは今の営業方法に
満足していらっしゃいますか?

もっと効率の良い方法が
あるんじゃないのか?

自分が知らないだけで、
本当はもっと効果的な方法で
成果を上げることが出来るのでは
ないか?

そう思っている方もいることでしょう。

そんな営業方法で悩んでいる方に、
効果的に出来る方法をご紹介したいと
思います。

そもそも、
効果的な営業方法とは何でしょう?

営業効率を求めることでしょうか?
それとも新規獲得までの確率を
高めることでしょうか?

いいえどれも正解ですが、
それが自分に合っているとは限りません。

人には個性があるように、
その方法が合うか合わないかは
人それぞれであり方法論も違うからです。

その人が得意とする営業方法であれば
それが効果的営業方法となるでしょうし、
反対に気が進まない方法で結果も出なければ、
非効率的方法と言うことになるからです。

ではどのようにすれば良いのか?
と言うことになりますが、

それには第三者の立場で視点を変えると言う
工夫があることです。

あなたではありません。

あなた自身を第三者から見ている状況を
作り出すのです。

そうすると
・どこが悪いのか、
・どうすればもっと良くなるのか、
と言った改善すべき点が見えるようになりますから、
それらをひとつずつ工夫して行けば良いのです。

もちろんそれをするのは
第三者の立場で見ているあなた自身が
視点を変えることです。

今までは何とかしなければと言う焦りから
思うような結果も出なかったと思いますが、
これからは違います。

自分を冷静に見ることで
問題点を改善する方法が分かりますから、
後はその通りに実行するればよいのです。

そうすれば自然と結果も出て来ますので、
試して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
テレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも最新のノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で断わられても、次回の訪問につながる「営業のコツ」 [飛び込み訪問]

新規開拓で飛込み訪問をすると
ほとんど断わられることが多いために
苦労している方も多いと思います。

そこで飛び込み訪問で断わられても
次につながる訪問の仕方がありますので、
そのコツをご紹介したいと思います。

まずはよくあるパターンです。
………………………………………………

営業「失礼します、
   (  )会社の(  )と言いますが、
   お世話様です。
   今度新しい通信サービスが出ましたので
   そのご案内でお伺いしました。
   通信担当の方はいらっしゃいますか?」

事務「その話しなら間に合っていますので・・」

営業「あ、そうですか・・・
   わかりました、
   失礼します。 」

………………………………………………

このような感じで
簡単に断わられることも多い訳ですが、
その後どのような行動をしているかで
次回の訪問も変わって来ます。

たとえば今回断わられたのだから、
これ以上攻めてもムダだろうと言うことで
他を回る方も多いと思います。

ですが相手が断わっているのは
あなたが勧める商品やサービス内容を
よく理解して断わっているのでは無い、
と言うことをご存知でしょうか?

多くの場合は
「営業だから断わっている、」

と言った理由だけで
断わっているケースが多いからです。

その証拠に後で行って見たら他社と契約をしていた、
と言うこともよくあります。

そこで飛込み訪問する時のコツは、
断わられた時にこそ次につなげる工夫をすること。

たとえば
「今のところ間に合っていますので・・」
と言われたような時は、

相手が気になるような言葉を伝えて
それに関連する情報を置いてくるようにします。

こんな感じです。
…………………………………………………

相手「今のところ間に合っていますので・・・」

営業「そうですか・・・
   分かりました、

   ちなみにこちらの新しい通信サービスなんですが、
   (   )について意外と知らない方も多いので
   教えてあげると喜ばれる方も多いんですね。

   参考になる資料を置いていきますので、
   後で皆さんご覧になってください。

   お忙しい所ありがとうございました。
   失礼致します。」

…………………………………………………

と言ったように
名刺と一緒に相手が気になる情報ツールを
置いて来るようにします。

そうすれば断わった相手でも
残してきた「情報ツール」を見ることで、
相手の考えが変わることもありますし、

次回訪問した時にはきちんと会って
話しを聞いてくれることもありますから、
たとえ断わられたとしても次回につながる
言葉やツールを工夫することも大事です。

あなたも可能性を残す営業をして
見てはいかがでしょう。

健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について、
実践的な営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも最新のノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポでアポイントが取れない時、このような工夫をすると相手の反応を変えることができる [テレアポ]

電話で新規開拓をしても
思うように行かないのが現実です。

なにしろ電話をした途端に、
「その話しなら間に合っている、」
「必要無い、 」

と言った感じで
簡単に断わられてしまうからです。

これでは結果につながらず
やる気も無くなってしまいますよね。

そこで電話で新規開拓をする場合、
ちょっとした工夫をするだけで
簡単にアポイントが取れるとしたら・・・

あなたも試して見たいと思いませんか?

そんな電話で苦労している方のために、
今回はアポイントが取れる営業トーク例を
ご紹介したいと思います。

今までのトーク例をご覧下さい。
…………………………………………………

「今までの(   )と違いまして
 経費削減も可能になりますので、
 どれだけ削減できるのか
 皆さんに見てもらっていたんですね、

 今後の参考になると思いますので
 一度お会いしてご説明したいと思いますが、
 今週でしたら、水曜日か木曜日の
 ご都合ではいかがですか? 」

…………………………………………………
と言った感じで話しをしても、

(また売り込みの話しか?)となってしまい、

「その話しなら間に合っている、」
「後で考えて見るから・・・ 」

と簡単に断わられてしまいます。
 
そこでちょっとした言葉の工夫をするだけで
相手に興味を持たせて聞く姿勢にさせる、
そんなトークの見本がありますので
こちらをご覧下さい。
   ↓ ↓ ↓

………………………………………………………

「実は今までの(   )ですが、
  他に経費削減できる方法があるんじゃないかと
  よく相談されることもあるんですね、

 ただ、(    )を削減するだけでは
 それほど効果が出ないと言うこともありますから、
 皆さんには(   )が出来ると言うことを
 教えていたんですね。
   
 もちろん今すぐでは無いんですが、
 もし今後の参考にしたいと言うことであれば
 経費削減以外にお役に立てる情報もありますので
 今回希望する方に差し上げたいと思います。

 今週でしたら水曜日か木曜日にお届けできますが、
 どちらがよろしいですか? 」

………………………………………………………

と言った感じで
相手に売り込みと思われる感じでは無く、
役に立つ情報がもらえるかも知れない?
と言った意識にさせることで、

「それなら話しだけでも聞いて見ようかな・・」
と思わせることも出来るようになるからです。

役に立つものが貰える?と思わせることによって
相手が断わろうとする気持ちを無くすことも
可能になると言う訳です。

もしあなたもすぐ断わられてしまうと言う時は
ひとつの工夫として試して見てはいかがでしょう。

そうすれば、
道を開くことが出来るかもしれませんよ。

どうぞお試しください、
あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにもノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

法人相手に飛び込み訪問する時は、周りを意識しながら営業すると結果も違ってくる [飛び込み訪問]

新規開拓で断わられることが多く、
結果が出ないと悩んでいるあなたに
ちょっとした使えるノウハウを
ご紹介したいと思います。

たとえば会社関係に
飛び込みで訪問営業したとします。

営業する先と言えば
必然的に中小企業が多くなりますから、
受付と言うよりも事務員が対応する事も多く、
当然、その様子は周りいる社員にも
見えることになります。

そこへあなたが何の用件で訪問したのか、
受付てくれた事務員に説明する訳ですが、
その話しなら間に合っていると言ったように
簡単に断わられてしまいます。

ここがひとつのポイントです。

その断わっている場面の中で、
営業マンがどのような行動をするのか、
それを見ている社員が多いと言うことです。

たとえば営業マンから持ちかけられた話しは
今すぐ必要とするものではありませんし、
今すぐ決断しなくてはいけないと言う事も
ありません、

それゆえ、
「その話しなら間に合っているので・・・」
と言った断わり文句が出てくる訳ですが、
 
その時に営業マンがどのような出方をするのか、
何気なく観察している社員がいるんですね。

営業マンがそのまま引き下がるのであれば、
そこまでの用件しか無いと言う事になりますし、

さらに真剣に営業してくるようであれば、
話しくらいなら聞いてもいいのでは・・・
と思う方も出てくるからです。

どれだけの営業話しを持って来たのか、
断わられた後の行動を何気なく観察しながら
営業マンの資質を見ていると言う訳です。

当然、その場には社員以外にも
代表である「社長」もいるでしょうし、
事務員が実は社長の奥さんだった・・・
と言うこともよくあることです。

このように営業マンとしての資質を
周りから試されていることもあるのですから、
1度位断わられるのは当たり前と言うことで
営業を仕掛けて見てはいかがでしょう。

そうすれば断わりに対する恐怖も無くなりますし、
断わられた次の作戦を用意しておくことで
新たな展開へと進ませる事も可能になるのです。

どうぞお試し下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポや飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらに参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポで苦労するアポ取りが、この工夫ならアポが取れるキッカケになる [テレアポ]

テレアポで苦労するのは
思うようにアポイントが取れないこと。

ほとんどが用件を出した途端に
「必要ありません、」
「間に合っていますので・・・」
と断わられることが多いからです。

そんな苦労するテレアポですが、
どのようにすればアポイントが取れるのか、
ひとつの工夫をご紹介したいと思います。

まずは次のように電話をしたとします。
………………………………………………………

営業「この×××については
   お役に立てる内容となっておりますので
   一度ご説明させて頂いているんですが、
   今週でしたら×日か×日にお会い出来ますが、
   どちらが宜しいですか? 」

………………………………………………………

このように説明させてほしいと
相手にお願いするような言い方になると、
良い返事を貰うことは出来ません。

そこで次のように相手の意識を変えてあげると、
反応が変わって来ます。
………………………………………………………

営業「この×××については
   お役に立てる内容となっておりますので
   興味ある方にだけご説明していたんですね。

   ただ、お話しを聞いて見ないと
   本当に必要かそうでないのかと言うのは
   わからない部分もあると思います。

   もちろん判断するのは(  )様ですから、
   必要無いと感じたら
   その場で断わって頂いても構いません。

   今週でしたら×日か×日にお会い出来ますが、
   どちらが宜しいですか? 」

………………………………………………………

このように説明させてほしいとお願するのではなく、
あなたが興味持てる話しかどうか判断をするために
話しの内容を聞いて見たらどうですか?と言ったように

相手が「自分で決めることが出来るんだな」と
意識が変わることで、

「それじゃ話しだけでも聞いて見ようかな、」
と思わせることも出来るようになります。

ひとつの工夫として応用して見てはいかがでしょう、
アポが取れるキッカケになりますよ。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で断わられても「次につながる営業ツール」を置いてくると相手の反応も変わる [飛び込み訪問]

▼飛び込み訪問でよくあるパターンです。
……………………………………………………

営業「こんにちは、
  (   )会社の(  )と言います。
  (   )のご案内でお伺いしたんですが・・・ 」

相手「ああ~
   今のところ間に合ってますので・・・ 」

営業「そうですか~
   わかりました、失礼します。 」

……………………………………………………

と言った感じで断わられることも多い訳ですが、
あなたはこの後どのような行動をしていますか?

断わられたのだから他に行って訪問をする、
となるのが一般的な行動ですが、
そのまま終わっていては何の進展もありません。

実はあなたが勧める話しを断わっているのかと言えば、
そうではないからです。

多くの場合は
「営業の話しだから適当に断わっておけ、」
と言った程度で断わっているケースが多いからです。

その証拠に、

「あの時は必要としなかったけど、
 後から来た営業マンに勧められてね、
 それで必要かなと思って
 契約してしまったんですよ。 」

と言ったこともよくあるからです。

そこで相手から断わられた時でも
次につなげる方法です。

それは、
「今のところ間に合ってますから・・」

と言われても諦めずに、

あなたの想いを載せた
「後で読ませる営業ツール」を相手方に
置いてくるようにします。

こんな感じです。
………………………………………………………

相手「今のところ間に合ってますので・・・ 」

営業「そうですか・・・分かりました、
   それではこちらのお役立ち情報を
   置いていきますので、
   後でご覧になってください。

   (   )についてなんですが、
   意外と知らない方も多いんですね。

   お忙しいところありがとうございました。
   失礼します。」

………………………………………………………
と言って後、
名刺と一緒に営業ツールを置いて来るようにします。

そうすれば相手の考えが変わった時に
あなたのことを思い出すキッカケになるのですから、
断わられた後でもチャンスは残っていると言うことです。

相手が他の営業マンにも断わっていると言うことは、
同じ営業のあなたも諦めてしまったように
他の営業マンもその後積極的に営業していない
と言うこともあるので、

たとえ相手から断わられたとしても、
諦めずに可能性を残した営業することで
その後の展開も変えることが出来るのです。

あなたの想いを載せた営業ツールで、
(お役立ち情報、商品の開発秘話、商品の想い入れなど)
次回の訪問もしやすくさせることも出来ますので
試して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で結果を出せる「この営業ノウハウ」があれば営業成績もアップする [営業ノウハウ]

新規開拓で結果が出ないと悩んでいる方へ、

もっと効率良く新規契約が取れる方法で
あなたも結果を出せるとしたら・・・
その方法を試して見たいと思いませんか?

今回は営業で結果が出ず悩んでいる方の為に、
参考になる方法をご紹介したいと思います。

そもそも営業の仕事は製造業などと違って
自分の意思で行動出来るメリットがありますから、
それを利用しない手はありません。

時間から時間まで作業する事もありませんし、
自分が動きやすい行動計画を立てながら
後は結果を出して行くだけです。

その結果が給与に反映されるのですから
数字が良ければ加算額も大きくなりますし、
反対に悪ければ会社からのプレッシャーも
相当あると覚悟しなければなりません。

これが営業職の宿命です。

これはたとえ新人であっても
それなりの結果を出さないといけませんから、
プレッシャーも出て来ますよね。

それならばもっと効率の良い営業を
して見てはいかがでしょう。

それが出来るのも営業職だからです。

ですがその効率の良い営業をするには
やはり効果的なノウハウが必要です。

・効率良く訪問しドアを開けてもらえる方法
・テレアポでアポイントが取りやすいコツ
・新規開拓が楽に出来る営業方法など

このような営業手法を活用することによって
今よりも契約本数があがるとしたら・・・
あなたも試して見たいと思いますよね。

それが出来るのも
効果的営業方法を知っているかどうかで
結果も変わってくることです。

そんな効果的営業方法を知りたいと言う方は
相手から話しを聞きたいと言わせる方法から
アポが取りやすい営業手法もありますので、
こちらをご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポでアポを取るコツは「相手方の心理」を利用すること [テレアポ]

テレアポでアポを取るコツは、
相手方の心理を利用することです。

たとえばテレアポされる側は
最初のニュアンスで聞こうか断わろうかと
一瞬の判断で決めています。

そうなるとほとんど断われるパターンと
なってしまいます。

なにしろ勧誘の電話が多い上に
一旦話しを聞いてしまうと断わりづらく、
そして面倒だと思う方が多いからです。

ゆえに営業の電話だと分かると
断わってくる方が多いんですね。

するとテレアポする側は、
断わられる件数が多くなるために
アポイントが取れず苦労してしまいます。

何十件電話しても断わられる件数が多い訳ですから、
これでは電話する気力も無くなって来ますよね。

そこで考え方の切り替えです。

テレアポは相手からして見れば
迷惑極まりない行為です。

頼んでもいないのに電話して来て、
「話しを聞いて欲しい、」
「会って欲しい、」

と一方的にお願いしてくる訳ですから、
迷惑と思うのは当然です。

ですが、テレアポする側も仕事ですから、
そこは何とか話しを聞いて貰いたいと
必死になってくるのも当たり前です。

そこでテレアポする時のコツです。

それは相手にとってプラスになる話しであれば、
聴く耳を持ってくれると言うこと。

今までは、
「またその話か、
面倒だから断わってしまえ!」

と言ったパターンでしたが、
これからは違います。

「そうでなんですか、
それは知らなかったですね、
もっと詳しく教えてくれませんか?」

と言ったように、
相手から「もっと話しを聞かせて欲しい・・」
と言わせる工夫をすれば良いのです。

そうすればアポも取れるようになりますし、
冷たく断わられることも少なくなります。

コツは「その話しをもっと聞かせて欲しい、」
と言ったプラスになるような情報を与えること。

あなたも相手にそう思わせるように
話しを組み立てて見てはいかがでしょう。

今まで以上に
アポイントが取れるようになりますよ。

どうぞお試し下さい。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポが苦手だと思っている方へ、これなら気軽に何件でも電話することができる [テレアポ]

テレアポが苦手だと思っている方は
たくさんいらっしゃいます。

何度電話しても断わられることが多く、
まともに話しを聞いてもらえないので
どうしたらいいのかと悩んでしまうからです。

そもそもテレアポの目的は、
商品やサービスの必要性を理解してもらい、
そして詳しい内容については
会って話しをしましょう・・・

と言った約束を取り付けることですが、
相手にすれば話しを聞いたら契約させられる?
と思ってしまうのでお断りされてしまうのです。

それゆえすぐ電話を切られるために
テレアポが苦手だと思う方が多いのでしょう。

そんなテレアポが苦手に思っている方に
気軽に出来る方法をご紹介したいと思います。

まずは基本的にテレアポは
断わられることについて避けて通ることは出来ません。

断わられるたびに嫌な思いを引きずることも多く、
電話する気力も無くなってしまう訳ですが、

そこで考え方の発想です。

電話をするのは自分ですが、
話しをするのは商品やサービスを勧める
その道のプロのアドバイザーがしている・・・
と思って電話をして見てください。

そうすると断わられたのは自分ではなく
電話をしたプロのアドバイザーなのですから、
話しを聞く聞かないのは相手の裁量次第だと
思えば良いのです。

このように意識を変えるだけで
何件断わられても気にすることはありませんし、
苦痛に思うこともありません。

なにしろ断わられているのは自分では
無いからです。

このように考えれば気軽に電話出来るようになりますし、
苦痛に思うことも無くなりますので
どんどん電話して見てはいかがでしょう。

今まで以上に
アポイントも取れるようになりますよ。

どうぞお試しください。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

初回の飛込み訪問で断わられても、この訪問の仕方なら2回3回と気軽に訪問できる [飛び込み訪問]

ご存知のように飛び込み訪問をしても
不在が多かったり居留守を使われることも多く、
思うように結果を出すことはできません。

そんな飛び込み訪問でも
ちょっとしたやり方や工夫を変えるだけで
次につながる訪問の仕方がありますので、
その内容をご紹介したいと思います。

たとえばインターホンで断わられれ件数が多い場合、
「また断わられるかも・・・」と消極的になり
再訪するのが気が引けると言う方もいますが、
そんなことはありません。

諦めるのはまだ早いです。

なぜなら今回断わられても次回も断わられると
決まっている訳ではないからです。

話しを聞くか聞かないかと言うのは、
その時の気分や状況によっても違いますし、

たとえ今回断わられたとしても、
ちょっとした種をまいておくだけで
すんなり行くケースもあるからです。

ちょっとした種をまくと言うのは
どう言うことなのかと言うと、
それは断られた時に
良いイメージを残しておくこと。

良いイメージとは
断られた時に「去り際をさわやかにする、」
と言った工夫をすることです。

たとえば飛び込み訪問の場合は、
簡単に断わられることが多いですよね。

その理由として多いのは、
あなたがどこの誰で何の用件で来たのか
突然の訪問ゆえに相手も警戒してしまうために
多くの方は断わって来ます。

そこで去り際に良いイメージを与えておくことで
相手もあなたのことを覚えてくれますから、
次に訪問した時は会ってくれることも
期待できると言う訳です。

知らない人よりも一度良いイメージを残すことで
あなたの印象を良く見せる事が出来るのですから、
次の訪問では話しを聞いてくれる人も出てくる
と言うことも期待出来るようになります。

ですので飛び込み訪問で成功させるコツは、
断られた時こそ相手に良いイメージを残すことが
大事なのです。

営業は一度きりの結果で終わりではありません。

次のチャンスもあるのですから、
そのためにも2回、3回と再訪出来る営業を
して見てはいかがでしょう。

そうすれば結果も付いてくるようになりますよ。
どうぞお試し下さい。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

電話しても断わられないテレアポのコツ、これならあなたの営業成績を上げることができる [テレアポ]

テレアポは断られることが多く
皆さんも苦労していると思われますが、

それが断わられない方法があるとしたら
いかがでしょう?

テレアポをしても断られることが多いのは
ご承知の通りです。

それだけ必要の無い話しであったり、
今すぐ無くてはならない物でもないために
断る方が多い訳ですが、

もし相手から嫌がれずに電話出来るようになれば
テレアポも楽しく出来るようになると思いますが、
いかがでしょう。

もちろんまったく断わられないと言うことはありませんが、
「今よりも話しを聞いてくれる人を増やせる」
と言った感じならいかがでしょう。

今までより見込み客を増やすことが出来ますし、
やり方によっては楽に電話できるようになりますから
テレアポで苦労しているあなたに
ひとつの方法をご紹介したいと思います。

その方法と言うのが自尊心をくすぐる方法です。

自尊心とは分かりやすく言えば、
誰もが持っているプライドや見栄のことです。

人は他人から認められたいと思う反面、
他の人よりも優秀な部分はあると思っていますから
そこをくすぐってあげることによって気持ちも大きくなり、
もっと持ち上げて欲しいと思う欲求に駆られます。

そこをトークに利用します。

すると自尊心をくすぐられた相手は、
あなたの会話をもっと楽しみたいと思うようになりますから
話を続けることも可能になります。

これが電話で断わられないコツのひとつです。

このようなコツを使うことによって
今までのように断わられる件数も少なくなりますし、
テレアポで苦労することも無くなります。

あなたも断わられないで電話をすることが出来たら、
どれだけ助かるかお分かりになりますよね。

そこでテレアポについてもっと詳しく知りたいと言う方や
新規開拓で効果的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

▼新規契約が取れず困っている営業マンの方へ、あなたの仕事内容に特化した「営業ノウハウ」あります [営業ノウハウ]

営業の仕事に就いている多くの方から
相談されることがあります。

自分の仕事に使える営業方法があれば
教えて欲しいと言った相談です。

その理由として多いのは、
新規開拓で電話や飛び込み訪問をしても
話し途中で簡単に断わられることが多く、
アポが取れず見込み客さえできないので
困っていると言った内容です。

あなたも結果が出ずに悩んでいるのであれば、
自分の仕事に使えるノウハウがあれば
使ってみたいと思いますよね?

ご安心下さい。

色んな業界に使えるノウハウとして、
仕事内容に応じた「専用の営業ノウハウ集」が
あるからです。

営業職にも色々ありますから、
その仕事内容に沿った営業方法でなければ
効果も期待できないと言うのは当然ですので、
その業種に特化した営業手法を用意しました。

実際どれだけの営業職に提供しているのか、
参考までに一部をご紹介したいと思います。

▼こちらが実際に提供している業種の一例です。
………………………………………………………
オール電化(太陽光)営業に使える営業ノウハウ
保険の新規開拓に使える営業ノウハウ
コピー機営業で法人営業する際のノウハウ
ホームページ作成営業で使えるテレアポトーク
人材派遣営業で法人向けの営業ノウハウ
投資信託を勧めるテレアポトークとDM営業
マイラインを法人と個人向けにするテレアポ例
・トイレ診断士から販路拡大用の営業トーク
浄水器を個人宅にアプローチする際の営業トーク
・結婚情報サービスでフォロー電話の仕方
・折り箱の販路拡大用の営業ノウハウ
プロパンガスの契約を増やす営業トーク
自動販売機設置で営業する際の訪問トーク
・個人宅にリフォーム営業する際の営業トーク
教材家庭教師斡旋のテレアポトーク
・会員獲得に使える葬祭業の営業トーク
貴金属の買い取りですんなり入る営業トーク
投資用マンションでのアポ取り営業トーク
訪問介護/新規顧客獲得に使える営業ノウハウ
健康食品会員獲得提案営業に役立つノウハウ
レンタルコピー機を法人に勧める営業ノウハウ
………………………………………………………

この他にも様々な業界から依頼がありますし、
その業種に特化した「営業ノウハウ」を
提供しております。

今までと違った切り口で入ることで
新たな展開を広げることができますし、
話しのテーブルにつかせることが出来れば
あとはあなたの思い通りです。

そんな営業ノウハウを
あなたも手に入れて見てはいかがでしょう。

その「効果的な営業方法」を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は、
こちらにも専用のノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

      


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で苦労している営業マンの方へ、この営業方法なら結果を出すことができる [営業ノウハウ]

新新規開拓で結果を出すことができなくて
苦労している営業マンの方へ 、

新しい営業手法として
見込み客の開拓やインターホン攻略に役立つ
実践的な営業ノウハウをご紹介したいと思います。

まずはあなたも
新規開拓で思うような結果が出ないのは
自分に営業能力が無いからだと思っていませんか?

他の人は結果を出しているのに
自分は出ていない・・・

自分のやり方がダメなのか、
それとも自分に営業能力が無いからか・・・

このように結果が出ないのは
自分に営業能力やセンスが無いからだと
思っている方が多いと言うことです。

ですが、そんなことはありません。

普通に社会生活を送っている方なら
誰にでも結果を出せる力はあるからです。

そもそも結果が出ないのはなぜなのか?

その原因がどこにあるのか、
あなたはお分かりになりますか?

それは結果を出すための方法を知らなかった、
ただそれだけのことです。

効果的な方法を知らずに営業をしても
結果が出ないのは当然です。

実際あなたが行なっているやり方で
満足な営業成績や結果が出ていないと言うのは
まだ効果的な営業をしていないと言う
結果のあらわれです。

もっと良い方法があるんじゃないのか?

もっと違う入り方をすれば
今より上手く行くんじゃないのか?
とあなたもそう思っているはずです。

そこで「効果的に出来る営業手法」です。 

・インターホンを攻略する方法
・受付や事務員を攻略する方法
・テレアポで上手に会話できる方法
・飛込み訪問で話しをすることが出来る方法
・ダイレクトメールで反響を得られる方法
・ファックスだけで見込み客を集める方法
・紹介だけで新規客を増やせる方法

▼さらに、
 保険の営業で使えるノウハウもあります。
…………………………………………………………
・保険の営業にも使える「手紙DM」で会話が広がる
・保険のテレアポ切り返しに使える営業ノウハウ集
・クリニック・法人関係にアポイントを取る営業トーク
・保険の営業で使える案内状「通販型の保険を題材」
・保険の営業に役立つ「相談メールの回答例」
・飛び込み訪問用に使える「営業チラシ」
・損保営業のスプリクト・レターの添削実例集
・有料メルマガより全投稿ノウハウ集をプレゼント♪
・62円で送れるミニレターの現物
…………………………………………………………

のような営業ノウハウを活用することで
あなたも営業成績をアップさせることは可能です。

あなたも結果を出したいと思っているならば、
即効性のある営業方法を試して見てはいかがでしょう。

目標達成することも夢ではありません。

どれだけの「営業手法」なのか、
詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で断わられた相手から良い返事を貰うことができる、そんな「営業の仕方」とは? [飛び込み訪問]

新規開拓のテレアポや飛び込み訪問は
最初から簡単に断わられることが多く、
苦労されている方も多いと思います。

ですが、その断わりが
あなたに対して断わっているのでは無い、
と言うことをご存知でしょうか?

そもそも相手が断わっているのは、
話しを聞くのが面倒だから・・・
売りつけられるのは嫌だから・・・
知らない営業マンだから・・・

と言った程度の理由で
断わっているケースが多いからです。

あなただから断わっているのでは無い、
と言うことです。

単に話しを聞くのが面倒で
知らない営業マンだから断わっていた・・
と言うだけのことです。

でも多くの営業マンは断わられたと言う現実から、

「相手が断わって来たのだから
 これ以上続けてもダメかも知れない・・・」
と自分で決めつけている方もいます。

確かに必要無いと言われたかも知れませんが、
これからも同じだとは限りません。

相手の心境が変わることもありますし、
勧める商品に興味を示すかも知れません。

それに必要とするかしないのかは
その時点での相手に確認して見ないと
分かりませんよね。

ましてや「あなた」に対して
断わっているのでは無いのですから、
相手に何度も聞くことは失礼になりません。

ですので一度断わられたからと言って
その後も断わられるとは限らないのですから、
あきらめずに訪問することが大事です。

では相手から断わられた時に
どのようにすれば印象良く終わる事ができるのか、
下記の会話トークをご覧下さい。

………………………………………………………

相手「そう言った話しは
   今のところ間に合ってますので、」

営業「そうですか、
   今のところ間に合っていると言うことですね。
   わかりました。

   もし必要になった時はいつでも連絡して下さい。
   お役に立てるよう努力致しますので・・・
   よろしくお願い致します。

   ありがとうございました

   失礼いたします。 」

………………………………………………………

と言った感じで会話を締めると
あなたの印象を良いイメージで残すことができます。

さらに「ありがとうございました、」
と言った感謝の言葉で締めるのも効果的です。

相手は面倒くさいと思って断わったのに
営業マンから「ありがとうございました」と言われると
悪い気はしないからです。

そうすると相手はあなたのことを
しっかり覚えてくれるようになりますし、

必要になった時は
「あの営業マンに電話して見ようかな・・・」
と思ってくれる方も出てきます。

このように断わった相手から良い返事を貰うためにも
去りぎわを大切にすることが大事です。

一度断わられてもあきらめずに
感謝の言葉を添えて見てはいかがでしょう。

きっとあなたの営業成績もアップしますよ。
どうぞお試しください。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポしてもアポが取れない時、ここを工夫するとアポが取れるようになる [テレアポ]

テレアポで苦労することは
思うようなアポイントが取れない・・・
と言うことですが、

どのようなやり方なら
満足出来る結果を残せるのか?
そんなテレアポに関するノウハウを
ご紹介したいと思います。

まずはテレアポで使っているトークですが、
思うような反応を得られないと言うのであれば
思い切ってスプリクトを変えることも必要です。

でもどのようなスプリクトにすれば良いのか?
トークの改良に困ると言う方もいるでしょう。

そこで特定商取引法を遵守しながら、
効果的なテレアポトークを工夫するコツです。

その工夫のひとつとして、
あなたが勧める商品やサービスについて
相手が「それが欲しい、それがないと困る・・・」
と言った気持ちにさせること。

つまり購入後に満足して使っている姿を
相手の頭の中にイメージさせることによって
その商品を購入して良かったと思わせるように
することです。

そうすればその商品を欲しくなりますし、
それがないと困ると言った現象にさせることも
出来るようになるからです。

今までは自分の商品やサービスを
売ることだけを考えて相手に勧めていました。

でも相手側にして見れば
自分が売り込まれている状態ですから、
そんな商品はいらないと拒絶してしまいます。

そうではなくて、
これからは「その商品が欲しい、ないと困る・・・」
と言ったイメージさせることによって
購入後に喜んでいる姿が見えるようになりますし、
相手の反応を変えることも出来るようになります。

そうさせるためにも売り込みになる営業トークではなく、
相手に喜んでいる姿を見せるような未来トークを
イメージさせて見てはいかがでしょう。

そうすれば冷たく断わられることもありませんし、
「その話しをもっと詳しく教えてほしい」と
言わせることも出来るようになるからです。

あなたもテレアポで苦労しているならば、
未来の姿を見させるトークに変えて見て下さい。

あなたの健闘をお祈り致します。

その未来トークをどう作ればいいのか知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓の営業で「質問トーク」を使うと、楽に展開を変えることが出来る [営業ノウハウ]

営業職の中には
不動産を扱う業種もあります。

不動産の営業の中には
お客様から物件の問い合わせが来た時に
何とか話しをまとめて来店して貰うようにと
説明することもあります。

ですが中には上手く説明できないのか
問い合わせのままで終わってしまうことも
よくあることです。

そこでそんな問い合わせがあった時に
ちょっとしたコツで成功させる工夫がありますので、
今回はそんな問合せに対して失敗した例と
成功した例をご紹介したいと思います。

まずは失敗例からご覧下さい。
……………………………………………………

お客「すいません、
   広告を見たのですが・・・」

営業「はい、ありがとうございます。
   どちらの広告をご覧になりましたか?」

お客「はい、○○地区の建て売りなんですが、
   気になる物件があったので電話して見たんですが・・・」

営業「ありがとうございます。
   ○○地区の物件ですね。
   こちらの家は居間が広くて全ての部屋が  ←(説明に入る流れ)
   バリアフリーになってますから、
   とても使い勝手がいい家なんですね。
   実際の間取りをご覧になられたほうが
   参考になると思いますので、
   いかがですか? 」

お客「そうですね~
   主人に聞いて見ないと分からないので・・・」

営業「そうですか、
   とてもお買得になっておりますし、
   何件か問い合わせも入ってますから
   お早めに検討したほうが宜しいかと思いますが。」

お客「そうですね、
   ちょっと考えて見ますので、
   また電話したいと思います。」

営業「そうですか、分かりました。
   私、物件担当の○○と申しますので、
   お電話お待ちしております。」

……………………………………………………………

このように問合せて来たお客様に対して
何とか話しをまとめたいと思う気持ちが先走るために、
逃げられてしまったと言う失敗例です。

せっかく先方から電話をしてくれたのに、
「考えて見ますので・・」と言われてしまうのでは
もったいない話しですよね。

そこでそんな時に使えるのが
「質問トーク」です。

相手に対して商品の説明をするのではなく、
何を知りたいのかを質問することです。

こんな感じです。
……………………………………………………………

お客「すいません、
   広告を見たのですが・・・」

営業「はい、ありがとうございます。
   どちらの広告をご覧になりましたか?」

お客「はい、○○地区の建て売りなんですが、
   気になる物件があったので電話して見たんですが・・・」

営業「ありがとうございます、
   ○○地区の物件ですね。
   こちらが気になったと言うことですが、 ←(ここがポイントです)
   どんなところに興味を持ちましたか?」

お客「はい、
   こちらの物件は居間が広くて
   全ての部屋がバリアフリーになっているようなので、
   とても使い勝手がいい家だと思ったんですね。
   それで実際の間取りを見てみたいと思って
   電話したんですが、」

営業「間取りを見たいと言うことですね、
   わかりました。
   こちらの物件はとてもお買得になっておりますし、
   何件か問い合わせも入ってますから
   お早めに間取りをご覧頂いて検討したほうが
   宜しいかと思いますので、
   明日でしたら午後にでもご案内出来ますが、
   時間は取れますか?」

お客「明日の午後ですね、
   それでしたら大丈夫です。」

営業「分かりました。
   私、営業の○○と申しますので、
   明日のご来店お待ちしております。」

……………………………………………………

と言った感じで相手に何を知りたいのか?
何に困っているのかを質問することによって
会話を続けて行くことも出来るようになります。

商品の説明をする前に
相手が何を知りたがっているのか?
何に対して興味を持っているのか?

それを探るための質問をしていくことで
展開を変えられることも出来るようになりますから、
あなたの営業にも応用して見てはいかがでしょう。

健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポを成功させる秘訣、それは次につながる電話が出来るかどうかで決まる [テレアポ]

会社関係に電話をすると、
ほとんどが受付や事務員と言った
同じ人が出るケースが多くあります。

そうするとあなたが電話した時に
受付や事務員に断られたからと言って、
無理にねばって見たりガチャ切りしていると
あなたが電話した時の事を覚えていますから、
以降も担当者に電話を回してはくれません。

たとえば、
「その話しなら必要ありません、」
「断わるように言われてますから、」

と言われた時に、

「そこを何とかお話しだけでも、」
「だめですか、じゃぁいいです!」
と言ったように、

断わられてもねばって見たり、
いきなりブチッと電話を切る営業マンも
いるようですが、

それでは事務員も不愉快になりますから
社内ではその会社を迷惑会社とマークされ、
たとえ別の営業マンが電話して来ても
拒否されてしまいます。

このように決定権が事務員に無いとは言え、
最初に電話に出る方への心証を悪くしてしまうと
スムーズに行くことはありません。

失礼な電話をする会社は到底信用出来ない
と言うことです。

そこでたとえ事務員から冷たく断わられようが
次につながる電話を残すことが基本ですから、
それには感謝の気持ちを残すことが大事です。

たとえばこんな感じです。
…………………………………………………………

事務「そう言った話しは
   今のところ間に合っていますので・・・」

営業「そうですか、
   今のところ間に合っていると言う事ですね、
   わかりました。

   ところで今すぐではないんですが、
   私共でも色々な取引先とお付き合いしておりますので、
   御社にお役に立てる情報も入ると思います。
   その時はまたご案内したいと思いますので
   宜しくお願い致します。

   本日はお忙しい所ありがとうございました。
   失礼致します。」

………………………………………………………………

このような終わり方をすれば
事務員が受ける印象も変わって来ますし、
自分も次回の電話がしやすくなります。

なによりお互い嫌な思いを引きずる事はありませんから、
あなたの印象を良いままで終わらすことが
できるのです。

相手の心証を良くするのもひとつの方法です。

あなたも次につながる電話をして見ては
いかがでしょう。

健闘をお祈りいたします。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で会話が続かない時、この工夫なら相手から情報を訊き出すことができる [営業ノウハウ]

新規開拓が上手くいかず、
「効率の良い方法は無いだろうか?」
と悩んでいる方も多いでしょう。

今回はそんな悩んでいる方のために
ひとつの方法をご紹介したいと思います。

まずは今行なっている営業ですが、
どの部分でつまずいて次に進まないのか?
と言った点を分析します。

たとえ方法論は分かっていても、
それが結果に結びついていなければ
解決のしようがないからです。

そこで方法論よりもその内容について、
ちょっと工夫するだけで結果も違ってくる
と言ったポイントをご紹介したいと思います。

まずは電話案内ですが、
多くの会社でも毎日のように電話していますから、
「その話なら必要ありません、」
と言われることが多いのが現状です。

それだけ営業電話が多いと言うことです。

あなたが初めて電話する先であっても、
相手からすれば
「今日は営業電話ばっかりで嫌になる、」
と言う方もいるはずです。

ではどのようにすればいいのか?
と言うことで、

「資料請求ならいいか、」と思わせる流れで
会話を続けるようにします。

たとえば保険を営業する例としてご覧下さい。
……………………………………………………………

営業「先ほどの奥さんから
   今の保障内容で掛け金を安くする
   方法があるなら教えて欲しい、
   て言われたんですね。

   奥さんの方でも
   今の保障と同じで掛け金が安くなるなら
   ご迷惑になりませんか? 」

奥様「そうね~
   でも保険のことは
   うちの人に聞いて見ないと・・」

営業「そうですよね、
   聞いて見ないと分かりませんよね、

   たとえばですが、
   掛け金が安くなるのは
   助かるとおっしゃる方も多いので、
   もし考えてもいいかな?と言う方のために
   資料を送るようにしているんですが、
   いかがなさいますか? 」

奥様「それじゃ、
   資料だけでも送ってくれますか?」←(話しが終わると思い安心する)

営業「ええ、よろしいですよ。
   それでは何点かお聞きしたいと思いますので
   宜しいですか? 」

奥様「ええ、いいですよ。」←(胸の内:送って貰うのだからいいか・・)

営業「ありがとうございます。
   それでは比較しやすいように
   今掛けている保険について、
   ちょっと教えて欲しいのですが・・・ 」

……………………………………………………………

と言った流れで話しを進めていけば
今まで以上に会話をすることが出来ますし、
見込み客に発展させることもできます。

ほとんどの方は何らかの保険に入っていますから、
そう言った方に聴く耳を持たせるにはどうしたらいいのか?
と言った部分で皆さんも苦労していたと思います。

そこで相手が知りたくなる情報を伝えながら
資料請求と言った分りやすい話しをすることで
会話を続けていくようにするのがポイントです。

「資料だけならいいか、」と思わせておいて
あとは相手の状況を訊きだして会話を続ける・・

この流れで持っていくようにすれば
その後の展開も有利に進ませることが出来ます。

どうぞ、参考にして見てください。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

このテレアポトークならあなたの仕事にも応用でき、「面白いようにアポイント」が取れるようになる [テレアポ]

テレアポは業種や仕事内容によって
あるいは法人か個人かによっても
話す内容は違って来ますが、

それでも基本は同じところにある、
と言うことをご存知でしょうか?

それは最初の入り方で決まると言う点です。

最初の受け答えで、
「話しを聞くか断るか?」と判断する方が多いので
この段階で良い印象を与えないと先に進みません。

それにはどうすれば良いのかと言うことで、
ここを押さえれば簡単にテレアポトークが作れる
と言ったコツをご紹介したいと思います。

まずはこちらをご覧下さい。

経費削減を提案するテレアポトークの見本です。
…………………………………………………………

営業「社長様でいらっしゃいますか、
   お世話になります。

   私、(   )会社の(   )と言いまして、
   経費削減でお困りになっている社長様に
   同業の会社様でも(  )%削減出来た
   実績のあるご案内として、

   お話しを聞いて頂ける方にだけ
   説明しておりました。

   もし、時間がないと言うことでしたら
   次の機会までお待ち頂くことになりますが、
   いかがなさいますか? 」

…………………………………………………………

このように

「あなたが必要とするならばこのまま話しをするが
 どうしますか?」

と言ったこの話しに自信が伝わるトークであれば、
相手方もその話を聞きたいと思うようになります。

さらにこのトークの特徴は
「必要とする人しか相手にしません、」
と言い切っている点です。

ほとんどの場合は、
「(   )でお得ですのでいかがですか?」と
相手に対し売りトークになっているために
お断りされていました。

それが、
「話しを聞きたい方にだけ説明しています、」

と言い切ることによって
相手が受ける印象も変わって来ます。

さらにテレアポする側も強気で攻めることで
相手に対して気持ちが優位に立つことが
出来るようになります。

あなたも「強気のテレアポ」をして見ては
いかがでしょう。

きっと今までと違った反応を見ることが
出来ますよ。

どうぞ、お試し下さい。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポや飛び込み訪問で相手から断わられずに話しを続けられる方法 [営業ノウハウ]

テレアポや飛び込み訪問で苦労するのは、
どのように言ったら話しを聞いてくれるだろうか?
と言った点です。

皆さんも苦労している部分ですよね。

話しも聞かずに断わられることもありますし、
たとえ聞いてくれたとしても「今のところは・・」
で終わってしまうことも多いからです。

それゆえ何とか話しを聞いて貰いたいと言う事で
最初の入り方を色々と工夫して見ても
思うように行かないのが現状です。

挙げ句には勢いだけで訪問してしまうと、
・今忙しいので後にして、
・うちは必要ないです、
・間に合ってます、
・けっこうです!

とお決まりの断わり文句を言われて
おしまいです。

そこであなたに質問です。

相手が言っているその断わり文句は
あなたが言わせていると言うことを
ご存知でしょうか?

「そんなことはない、
 相手が出した断わり文句なのだから
 それは相手の答えでしょ、」

あなたもそのように思うでしょうが、
そうではありません。

人は他人から押しつけられると
それを拒否したいと思うのが自然ですから、
すぐ断わられると言うことは・・・

あなたも相手にそう思わせている・・・
と言うことになるからです。

ここを理解しておけば
改善策を練ることができますので、
その工夫をご紹介したいと思います。

まずは最初の入り方です。

今までの入り方と言えば、
…………………………………………………

「新しい(  )ができましたので、
皆様にご紹介したいと思いまして
お伺いしました、」

「(  )のご挨拶でお伺いしました、」

「(  )について今よりお得になりますので、
ご紹介するためにお伺いしました、」

…………………………………………………

このような感じで訪問していたと思いますが、
良い結果にならなければ工夫するしか
ありません。

そこでワンポイントです。

今までの営業と言えば
自分から一方的に話しを押し付けている?
と言った感じを相手に与えていたので、
すぐお断りされていました。

そこでこれからの入り方は、
相手が「興味あるかどうか?」それを
確認すると言った感じで攻めることです。

たとえばこのような感じです。
………………………………………………………

「今回(   )について
 皆さんに確認したいことがありまして
 お伺い致しました、

 必要とする方にだけに説明しておりましたので
 ご安心下さい。

 そこで(   )なんですが、
 あまり知られていない使い方があるのを
 ご存知でしたか? 」

………………………………………………………

と言ったように、
相手が興味を示してくれるかどうかを確認し、
興味ありそうな方にだけ話しを続ける・・
と言った感覚で振り分けるようにすれば、
冷たく断られることも無くなります。 

さらに質問を挟むようにするのもコツです。

今までは話しを聞いてくれそうだと思うと
ここぞとばかりに説明をしていたと思いますが、
それでは説明をされればされるほど
相手は引くだけです。

そこで話しを続けるコツが
質問して相手にしゃべらせることです。

それには事前に質問を用意しておく事と、
それをタイミング良く切り出すことで
スムーズに話しを続けることができます。

このように会話を続けることが出来れば
今まで以上に見込み客の獲得もできますし、
すぐ断られると言うことも無くなりますから
結果を出すことも出来るようになります。

今まで断わられる件数が多くて
見込み客も出来ずに困っていたと言う方は、
今回の内容を参考にして見てください。

きっと効果の違いに驚かれると思いますよ。
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



 

コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ダイレクトメールで新規契約を取るには「このような工夫」すると結果も違ってくる [ダイレクトメール]

今回の営業ノウハウは
ダイレクトメールを使った営業手法です。

ダイレクトメールの反響率と言えば、
千通送って3件あるかないか?
と言われていますが、

せっかく経費を掛けるのであれば
3件と言わずもっと件数を上げるように
したいものです。

今までは反響が見られないために
DM送付を止めた方もいると思いますが、
それが効果の期待出来る方法になるとしたら・・・
あなたも試して見たいと思いますよね?

そこで今回は飛び込み訪問やテレアポ以外にも
効果の見込める新規開拓のひとつとして、
DMを使った方法をご紹介しましょう。

もちろん何の工夫もないDMのままでは
効果が無いのは実証済みですから、
そこは相手の興味を引きつける
工夫が必要です。

たとえばDMの中に入れるツールとして
何種類のツールを同封しているのか?
そしてどのような内容のレターを入れているのか?
と言ったように、

DMは入れる種類やレターの内容で
「反響率」も変わって来ますから、
ここが重要なポイントになります。

▼そこで効果的なDMにするには、
(1)相手の興味を引きつけるアピールレター
(2)契約後に喜んでいる未来の姿レター
(3)契約を促す特典付きの申込書

このような種類を揃えることで
反響率も変わって来ます。

さらに大事なことは「検証」すること。

なぜなら一気に送っても無駄が多いからです。

なぜ無駄になるのかと言いますと、
反響率を検証しないまま全て送ってしまうと
効果を得られないまま終わってしまうからです。

たとえば1000通送る場合、
最初は200通くらい出して様子を見ます。

200通送ってどれ位の反響があるのか統計を計り、
一定の見返りがあれば残り800通を出します。

仮に200通出しても反響が無い場合は、
アピールレターの文言を練り直すとかして
再度200通出します。

その時に反響があれば
残り600通を一気に出しても良いですし、
もう少し反響が欲しいと思うのならば
再度練り直してまた200通出します。

この繰り返しをすることで
DMの反響率を上げることも可能になりますし、
そして無駄な経費を使わなくても済みますから
結果を出すことも可能になります。

今まではDMを作った全部を送っていましたが、
これからは違います。

検証と結果を繰り返しながら送ることで
反響率を上げることが出来るからです。

せっかく経費を掛けるのであれば
工夫することが大事ですよね。

そうすればDMだけで新規契約を上げることも
可能になると言う訳です。

どうぞお試しください。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。


初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓しても断わられてしまうことが多い時、このひと工夫なら展開を変えることが出来る [営業ノウハウ]

普通に営業をしていても
「またその話しか、」となってしまい
断われることも多い今日この頃ですが、

「またその話しか、」と言われても
自分が話しをするのは今回初めてなのに
他と一緒にされてしまい断わられてしまう・・・

この繰り返しが続いてしまうと
さすがに落ち込んでしまいますよね。

そこで今すぐ必要と思っていない相手でも
それが欲しいと思わせる工夫があります。

それが「付加価値を与える」と言った方法です。

つまり、もうひと工夫付け加えることで
相手にそれが必要だと思わせることも出来ますから、
今まで興味が無かった相手でも意識を変えることが
出来るようになります。

相手も「これは必要かも・・」と思えば
それを手に入れたいと思うようになりますから、
今までのように冷たく断られることもありません。

さらに話しを聞きたいと思わせることも可能になります。
それが出来るのも新たな付加価値を与えることが
出来るからです。

たとえば保険の営業です。

相手は今の保険で十分だと思っています。

そこへあなたが営業しても
相手は今のままで十分だと思っていますから、
断わられるのは目に見えています。

ではどのようにしたら
話しを聞いてもらえるのでしょう?

そこで付加価値を与えるトークとして
こちらをご覧ください。
………………………………………………………

相手「ああ保険ね、
   今のところ入る予定無いので
   間にあってますね。 」

営業「そうですか。
   今のところ間にあっていると言うことですね。
   わかりました、

   ちなみに保険の使い方を工夫することで
   急な出費にも役立てることも出来るんですが
   ご存知でしたか? 」

相手「出費ですか? 」

相手「ええ、そうです。

   たとえば、
   思いがけない用事で資金が必要な時に
   手持ち資金が無い時ってありますよね。

   でもカードで工面すると言うのも
   そこまではと言った時に
   種類によって使える保険があるんです。

   掛けている金額の範囲内で
   用立てることも出来ますし、
   返済しなくても済む方法もあるんですね。
 
   ちなみにこう言ったお話しと言うのは
   聞かれたことはありますか? 」

………………………………………………………

と言ったように会話が続いていけば
今までのようにすぐ断わられることも
少なくなります。

今までの営業と言えば
掛けている保険の見直しを前面に出すことで、

営業「今の金額なら
   もっと支払いを安くする事が出来ますよ、」

と言った感じで攻めていたと思います。

ですが相手側にして見れば
「またその話か、」になってしまいますから、
すぐお断わりされてたのです。

そうならないようにするには
相手が今まで知ることができなかった
付加価値を相手に教えてあげることです。

そうすれば今まで以上に相手も興味を持ってくれますし、
そこから新たに展開を進ませることも
可能になるからです。

どうぞあなたも扱っている商品やサービスに
付加価値を与えて見てはいかがでしょう。

きっと展開も変わって来ますよ。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

 

コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で結果を出せる「この営業ノウハウ」があれば営業成績もアップする [営業ノウハウ]

新規開拓で結果が出ないと悩んでいる方へ、

もっと効率良く新規契約が取れる方法で
あなたも結果を出せるとしたら・・・
その方法を試して見たいと思いませんか?

今回は営業で結果が出ず悩んでいる方の為に、
参考になる方法をご紹介したいと思います。

そもそも営業の仕事は製造業などと違って
自分の意思で行動出来るメリットがありますから、
それを利用しない手はありません。

時間から時間まで作業する事もありませんし、
自分が動きやすい行動計画を立てながら
後は結果を出して行くだけです。

その結果が給与に反映されるのですから
数字が良ければ加算額も大きくなりますし、
反対に悪ければ会社からのプレッシャーも
相当あると覚悟しなければなりません。

これが営業職の宿命です。

これはたとえ新人であっても
それなりの結果を出さないといけませんから、
プレッシャーも出て来ますよね。

それならばもっと効率の良い営業を
して見てはいかがでしょう。

それが出来るのも営業職だからです。

ですがその効率の良い営業をするには
やはり効果的なノウハウが必要です。

・効率良く訪問しドアを開けてもらえる方法
・テレアポでアポイントが取りやすいコツ
・新規開拓が楽に出来る営業方法など

このような営業手法を活用することによって
今よりも契約本数があがるとしたら・・・
あなたも試して見たいと思いますよね。

それが出来るのも
効果的営業方法を知っているかどうかで
結果も変わってくることです。

そんな効果的営業方法を知りたいと言う方は
相手から話しを聞きたいと言わせる方法から
アポが取りやすい営業手法もありますので、
こちらをご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



コメント(0) 
共通テーマ:仕事

効果的にポスティングすると「保険の新規契約」が見込めるその方法とは? [営業ノウハウ]

今回のノウハウはポスティングについて
ご紹介したいと思います。 

ある外資系の保険会社に勤めている方で
ポスティングを実践して結果が出ている例がありますので、
その方法をご紹介したいと思います。

まずはその営業マンがしていることは
メインにする保険を決めて営業していることです。

彼がおっしゃるには、
…………………………………………………

「保険を勧める際に種類が多いと
 相手の反応も薄くなりますから、
 勧める保険を決めて営業しています。

 たとえば医療保険などは
 病気や怪我に対する説明をしても
 相手の反応が今ひとつと言うこともあり、
 どうしても時間がかかる傾向です。

 反面、がん保険については
 皆さん必要性が分かっているために
 詳しい説明は必要ありませんし、
 発見が遅れると大事に至るだけに
 「どれかひとつでも入っていれば
 家族も安心だろう・・」と言った理由で
 すんなり決まることもあります。

 さらに火災保険プラス地震保険の反応も高いので
 今では火災保険+地震保険、
 それとがん保険に絞って毎日100枚の
 ポスティングを続けています。」

…………………………………………………

このように何をメインにして営業をするかで
自分の成績にも影響して来ますから、
工夫が大事だと言うことです。

さらに彼が取っている行動としては、
「短時間で数多く配布すること」と言っています。

たとえばポスティングする場合は
できるだけ大きなマンションや集合施設を選んで
そこまでの移動時間やマンションのセキュリティー、
管理人の休憩時間を事前に調べておくようにします。

そして人の出入りが少ない曜日や時間を調べて
その時間帯を選んでポスティングをします。

そうすれば効果的にポスティングすることが出来ますし、
今までの半分の時間で済ますことも可能ですから
効率もずいぶん違って来ると言う訳です。

実際ポスティングした時の反響は週に2~3件で
1ヶ月にすると15件程度の見込み客が見つかり、
そしてその中から成約になるのが7~8件あるので
成績もアップして目標達成したと言うことです。

いかがですか、
あなたもこのような工夫をして
実践して見てはいかがでしょう。

きっと効果の違いに驚きますよ、
あなたの健闘をお祈り致します。

その効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。


初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で苦労するインターホンが「この工夫」なら簡単に攻略できる [飛び込み訪問]

飛び込み訪問は断られることが多いため
辛い営業方法のひとつです。

ですがそんな辛い飛び込み訪問が
ある方法により工夫することによって、
面談できる件数を増やすことが出来ます。

それもちょっとした工夫で
面談率を上げることが出来るとしたら・・・
いかがでしょう。

そんな工夫があったら
あなたも試して見たいと思いますよね。

そんな飛び込み訪問で苦労しているあなたに
面談率が上がる飛び込み訪問の仕方を
ご紹介したいと思います。

まずは個人宅へ飛び込み訪問すると
ほとんどインターホンで断わられてしまいます。

今はどこの家でも
インターホンが付いているだけに
ボタンを押しても応答が無かったり、
カメラ越しで簡単に断わられる件数が
多いと言うのが現状です。

そんな冷たい仕打ちを受けるインターホンですが、
その特性を逆に利用する方法があります。

そもそもインターホンは
「声だけのやりとり」で済みますから、
断わる側は簡単です。

「今から出かけるので・・・」
「今忙しいので・・・」
「間に合ってますから・・・」

さらに誰が来たのかをカメラで見て
そのまま居留守を使う方もいます。

このようなことが簡単に出来るのも
“インターホンがある”からです。

ではそのインターホンを
逆に利用することが出来るとしたら、
どうでしょう。

今まで苦労していたインターホンが
自分にとってプラスとなるとしたら・・・
あなたも試して見たいと思いますよね?

では、ここからが
インターホンを攻略するコツです。

たとえば相手から
「その話しを聞かせて欲しい、」
あるいは「もっと詳しく聞きたい・・」
と思わせることができれば
インターホンを攻略することは簡単です。

今までの入り方と言えば、
自分を名乗って用件を伝えていたはずです。

特定商取引法に関係することですから、
当然の入り方です。

ですが相手側にして見れば、
「ああ、面倒な人が来たな」
と言った程度にしか思っていません。

なぜなら自分にとって
どうでもいい話しだと思っているからです。

ここがポイントです。

自分にとってどうでもいい話しから、
「自分にとってメリットある話しかも?」
と期待させるような思いにさせることが出来れば、
話しを聞いてくれると言うことです。

「そんなことはすでに工夫しているし、
そうならないから苦労しているんだよ、」
とおっしゃる方もいるでしょう。

ですがもう一度考えて見てください。

インターホンが攻略できないのは
面倒な話しだと思われていることであって、
本当の中身まで理解しているのでは無いと言うことを。

そこの部分を分ってもらえないから、
多くの営業マンが苦労しているんです。

ゆえにインターホンを攻略するコツは、
「自分にとってメリットある話しかも?」
と思わせるように「視点」を変えて
トークを工夫すること。

もちろん反応が無ければ
さらに違う角度から工夫するようにして
トークを改良していきます。

でも、その工夫の仕方が分らない・・・
と悩んでいる方もいるでしょう。

そんな時はこちらを参考にして下さい、
あなたも『解決の糸口』が見つかりますよ。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で「紹介客を増やすコツ」は、相手にこのような姿を見せること [営業ノウハウ]

よく保険の営業は
「紹介客を増やすことが基本だ、」
と言われていますが、
そう簡単にいかないのが現状です。

既存客や少し仲良くなった見込み客相手に、
「保険に入る人がいたら紹介して下さいね。」

と言ったお願いをしたところで
紹介してくれる人がいないからです。

自分にとってメリットも何も無ければ
他人に対して世話をやくほど暇じゃないと
思っている方が多いのです。

ではどのようにすれば
紹介客を増やすことが出来るのか?
と言うことでちょっとしたコツです。

まずはあなたが営業をしている相手に
汗水流して頑張っている姿を見せます。

今の仕事をすることになった経緯や
保険の必要性を熱く語りかけることで、

「この人は自分のために
本当に必要な保険を勧めているんだな・・・」
と思わせることでその気持ちが伝わりますから、

「この人なら信頼しても大丈夫だろう、」
と思わせることも出来るようになるからです。

そうすれば知り合いの方を紹介してくれる人も
今より増えるようになります。

人は一生懸命な人には応援したくなるものですし、
一肌脱いであげようと思う方も出て来ます。

そう言った「協力してくれる人」を
いかに1人でも多く作ることが出来るかで
紹介客を増やすコツにもなるんですね。

単に「どなたか紹介してください、」
と言った感じでお願いするよりも、

紹介したくなるような雰囲気を作ることが
大事です。

あなたも相手から紹介されるような
そんな一生懸命な姿を見せてあげてください。

そうすれば見込み客も増えますし、 
契約本数もアップするようになりますよ。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
最新の実践的な営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓の飛び込み訪問で使える「インターホンで見込み客を見つける方法」 [飛び込み訪問]

飛び込み訪問で苦労するのが、
「どう言えばインターホンで
断わられずに話しを聞いてくれるのか?」
と言った点です。

そもそも営業マンが勧める商品の多くは
今すぐ必要とするものではありませんし、
今すぐ購入しないといけない?
と言うものでもありません。

それゆえ、
「これだけのメリットがありますから、」
と勧められても素直に聞いてくれる人は
いません。

そこでインターホンで使えるトークの組み立てです。

最初の入り方がうまく行くかどうかで
話しを聞いてくれる確率が増えますので、
あなたも試して見てはいかがでしょう。

では、保険を勧めるトーク例をご覧下さい。
………………………………………………

   ピンポ~ン

相手「はい・・・」

営業「こんにちは、
  (   )生命の(   )と言いますが、
   お世話様です。

   実は(   )保険について
   皆さんに伝えていない部分がありまして、
   ご存知かどうか確認する為に
   お伺いしていたんですね。

   すぐ終わりますので、
   玄関先までお願いします。」
…………………………………………………

とインターホンで話しをしたら、
一旦、相手の反応を見ます。

「けっこうです、」
「間に合っています」
「必要ないです、」

と言った断わり文句が出た場合は、
それ以上相手にせず次の訪問先へと向かいます。

今はインターホンで簡単に終わる時代ですから、
必要以上にねばっても好転することが無いからです。

それに次から次へと訪問することで
話しを聞いてくれる人に当たる確率が高まるので
どんどん訪問することが大事です。

このようにちょっとした工夫することで
話しを聞いてくれる人に必ず当たりますし、
その中に見込み客になる人も入っていますから
契約に結びつくことも出来るようになります。

いかがですか、
あなたの営業にも応用して見てください。

きっと今以上に結果も変わって来ますよ、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif



コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で結果が出ないと悩んでいる方へ、視点を変えた営業すると結果も変わる [営業ノウハウ]

営業で多い悩みと言えば、
・見込み客が少ない・・・
・新規成約が少ない・・・
・売上げも少ない・・・

と言ったように
結果が出ないことに対する悩みです。

あなたも営業していて
結果が出ないと悩んでいるのならば、
その悩みを解決出来る方法を
ご紹介したいと思います。

まずは「結果を出さないといけない、」
と思う気持ちが強くなってしまうと
プレッシャーばかり重くなって
良い方向に行くことはありません。

それよりも気持ちに余裕を持って、
広い視野で営業して行くことの方が
良い結果につながることもあります。

たとえば飛び込み訪問で結果が出ないのであれば、
その訪問の仕方を変えて見ます。

従来の訪問と違う入り方をすることで
相手に違った印象を与えることも出来ますし、
自分も新鮮な気持ちで訪問することが
出来るからです。

テレアポも同じことが言えます。

あなたが今使っているテレアポトークで
アポイントが取れてないのでしたら、
そのトークを違うトークで試して見ると
言うのもひとつの方法です。

相手の反応も違ってくるのが分かりますから、
今までと違うトークで攻めると言うのも
ひとつの工夫ですよね。

このように今までまったく反応無かったのが、
視点を変えた営業方法を試すことで
相手の反応も変わってくれば、
これからの結果も期待出来るように
なると言う訳です。

今までの営業スタイルにこだわらず、
視点を変えた営業をして見ては
いかがでしょう。

きっと悩んでいたことが
うそのように感じられますよ。

どうぞお試しください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif



コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で苦労している営業マンの方へ、この営業方法なら結果を出すことができる [営業ノウハウ]

新新規開拓で結果を出すことができなくて
苦労している営業マンの方へ 、

新しい営業手法として
見込み客の開拓やインターホン攻略に役立つ
実践的な営業ノウハウをご紹介したいと思います。

まずはあなたも
新規開拓で思うような結果が出ないのは
自分に営業能力が無いからだと思っていませんか?

他の人は結果を出しているのに
自分は出ていない・・・

自分のやり方がダメなのか、
それとも自分に営業能力が無いからか・・・

このように結果が出ないのは
自分に営業能力やセンスが無いからだと
思っている方が多いと言うことです。

ですが、そんなことはありません。

普通に社会生活を送っている方なら
誰にでも結果を出せる力はあるからです。

そもそも結果が出ないのはなぜなのか?

その原因がどこにあるのか、
あなたはお分かりになりますか?

それは結果を出すための方法を知らなかった、
ただそれだけのことです。

効果的な方法を知らずに営業をしても
結果が出ないのは当然です。

実際あなたが行なっているやり方で
満足な営業成績や結果が出ていないと言うのは
まだ効果的な営業をしていないと言う
結果のあらわれです。

もっと良い方法があるんじゃないのか?

もっと違う入り方をすれば
今より上手く行くんじゃないのか?
とあなたもそう思っているはずです。

そこで「効果的に出来る営業手法」です。 

・インターホンを攻略する方法
・受付や事務員を攻略する方法
・テレアポで上手に会話できる方法
・飛込み訪問で話しをすることが出来る方法
・ダイレクトメールで反響を得られる方法
・ファックスだけで見込み客を集める方法
・紹介だけで新規客を増やせる方法

▼さらに、
 保険の営業で使えるノウハウもあります。
…………………………………………………………
・保険の営業にも使える「手紙DM」で会話が広がる
・保険のテレアポ切り返しに使える営業ノウハウ集
・クリニック・法人関係にアポイントを取る営業トーク
・保険の営業で使える案内状「通販型の保険を題材」
・保険の営業に役立つ「相談メールの回答例」
・飛び込み訪問用に使える「営業チラシ」
・損保営業のスプリクト・レターの添削実例集
・有料メルマガより全投稿ノウハウ集をプレゼント♪
・62円で送れるミニレターの現物
…………………………………………………………

のような営業ノウハウを活用することで
あなたも営業成績をアップさせることは可能です。

あなたも結果を出したいと思っているならば、
即効性のある営業方法を試して見てはいかがでしょう。

目標達成することも夢ではありません。

そこでどれだけの「営業手法」なのか、
詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の30件 | -