So-net無料ブログ作成
検索選択

テレアポしても断られる件数が多くて困っている方へ、これならアポが取れるようになる [テレアポ]

テレアポしていると必ず言われるのが、
・今忙しい、
・必要ない、
・間に合っている
と言った言葉です。

そのため何とか話しを聞いて貰いたいと思って
話す内容やトークの組み立てを工夫したとしても、
思うように行かないのが現状です。

そんなテレアポで苦労している方のために
テレアポで成功するコツです。

それが「共感と同調」をしてあげること。

(1)共感とは
他人の意見や感情などに自分の気持ちを合わせることで、
(2)同調とは
他人の意見や主張などに賛同することです。

たとえばこんな感じです。
…………………………………………………………………

相手「その話しなら間に合っていますので、」

営業「そうですよね、
   今すぐ必要とはしないですよね、 ←(相手の返答に同調します)
   こう言った電話と言うのはよくかかってくるんですか?」

相手「そうね~
   毎日かかって来るから断るのも大変ですよ。」

営業「そうですよね、
   毎日くるのでは困りますよね。 ←(相手の気持ちに共感します)
   ちなみに(   )については、
   お話を聞かれたことはあるんですか?」

相手「ああ、何度もありますよ、
   こっちの話しも聞かずに
   説明ばっかりしてくるので
   断っているんです。 」

営業「そうですよね、          ←(相手の気持ちに共感します)
   一方的に説明されても困りますよね。」

相手「そう、
   止めてもらいたいですよね。
   必要ないと言っているのに
   マニュアル通り話せば契約取れると思っているんですかね。」

営業「そうですよね、
   そう言った営業は困りますよね。」 ←(相手の返答に同調します)

………………………………………………………………

と言ったような感じで、
相手の気持ちに共感と同調してあげることで、
会話を続けることが出来るようになります。

この「相手の気持ちに共感する」と言うポイントは
相手から警戒心を取り除くためにすることです。

人は知らない相手には警戒するのは当然ですから、
最初から良い返事をもらうのは難しいと言うのは
皆さんご承知の通りです。

それなのにテレアポする時は
電話だけで良い返事をもらおうとしますから
相手から断りをもらうのは目に見えています。

そこで相手の気持ちに共感と同調をしてあげると、
「ああ、この人は分かってくれるんだな、」
と思わせることが出来るようになります。

そうすればこの営業マンは他とは違うと言う意識を
与えることが出来ますから、
今回がダメでも次回電話する時には
「この間はどうも」と言った感じで入ることも出来ますから、
営業もやりやすくなると言う訳です。

あなたも会話を続けたいと言うことならば
相手の返答に共感と同調をして見てはいかがでしょう。

きっと、今以上に話を聞いて貰える件数が増えますよ。
どうぞお試し下さい。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践で使える効果的な営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新のノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。