So-net無料ブログ作成

新規開拓で気持ちが折れそうな時に「モチベーションを強く持てる」コツ [営業ノウハウ]

新規開拓でテレアポや飛び込み訪問しても
断わられるばかりで思うように結果が出ない・・・
気持ちが続かなくて困っている・・・

このように悩んでいる営業マンは
多くいらっしゃいます。

あなたは計画通りに実行出来ているでしょうか?
そして満足する結果は出ているでしょうか?

営業マンならば思い通りに行動することが出来て、
そして結果が出る方法を実践したい・・・

このように考えることもありますよね。

それだけ毎日続けて行くことの難しさや
結果を出していくことがいかに大変なのか、
多くの方は知っているからです。

そんな難しいことが
誰にでも簡単に出来る方法があります。

その方法と言うのが、
気持ちを強く持って行動できる「メンタル力」の存在です。

たとえば営業していると不在や留守も多く、
「その話しなら間に合っているので・・」と
簡単に断られることも多いです。

それが何件も続いてしまうとモチベーションも下がり、
挙げ句にはサボってしまうこともよくあることです。

そうなると結果を残すことはできません。 

そこで気持ちを強く持てるコツとして、
「一喜一憂しない」と言う心構えがあります。

これが「メンタル力」を発揮する場面です。

営業するとほとんどが断られるために
モチベーションを保つのが難しいです。

なぜなら相手の返答に
一喜一憂している自分がそこにいるからです。

ここはいけるかも知れないと思っていたのに
簡単に断られてしまうと当然、
モチベーションも下がってしまいます。

そもそも相手の断わりはどこまで本心なのかは
本人にしか分かりません。

ほとんどの場合は
「面倒だから断ってしまえ」と決めつけている方が
多いのが現状だからです。

たとえば、
・営業マンの話しを聞いたら断りづらくなる・・・
・話しを聴いてしまうと契約させられてしまう・・・
・自分に必要なのかよくわからない・・・
・やっぱり話しを聴くのが面倒だ・・・

と言ったように、
あなたに対して断っているのでは無くて
「営業マンの話しを聴いてしまうと面倒だ」と言う
それだけの理由で断るケースが多いのです。

よって相手の断りを真に受けて
あなたが傷つくことは無いと言うことを
理解してください。

相手の返答は本心では無いことが多いので
その場しのぎの断りが多いのですから、
また日を改めて営業すれば良いだけのことです。

そうすれば相手もあなたのことを知ることにより
あなたが誰なのか分かってくれるようになりますし、

あなたが勧める商品やサービスが
どれだけ自分にメリットあるのか教えてあげれば、
必要と思う人は必ず出て来ます。

今まで以上に結果を残せるようになりますし、
一喜一憂しないだけで毎日気持ちも軽くなります。

どうぞお試しください、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考に出来る営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事