So-net無料ブログ作成
検索選択

新規開拓で断わられることが多くて困っている方へ、こうすれば相手も気軽に話しを聞いてくれる [営業ノウハウ]

新規開拓の営業していると
同じような断わり文句を言われることが多いです。

たとえば、
・その話しなら間に合っているので・・
・うちは買う余裕も無いので・・・
・知り合いに同じ仕事をしている人がいるので・・

このように簡単に断わられることは
営業していればよくある話しです。

断わりを受けるために
仕事しているようなものですよね。

ですが、断りばかり延々と続いてしまうと
さすがに滅入ってしまいます。

そこで相手から断りがあっても
気持ちを強く持てる方法です。

たとえば
「必要ありません、」
「けっこうです」と言ったように

相手から冷たい断わりを受けた時は
それがすべて自分に向けられた言葉ではない、
と思うようにします。

と言うのも、
必要ないと断わったのはあなたに対してではなく、
売り込みに来た営業マンに対して断っているからです。

あなた個人に対してでは無く、
売り込みに来た営業マンに対して断っているのですから、
なにも気にすることは無いと言うことです。

そこで、相手から断られた時の意識改革です。

相手は売り込みに来た営業マンに対して
断わっているだけなのですから、
あなたは「売らない営業マン」になります。

もちろん商品の説明は必要ですが、
相手に対し売り込みと思わせない営業することで
冷たく拒絶されることも少なくなります。

つまり、あなたがすることは
相手との信頼関係を築くことを優先し、
その商品に関するプロのアドバイザーに
なればいいのです。

今まで相手から嫌がられていたのは
一方的に売り込まれることですから、
そう言った流れにならないようにすることで
今まで以上に会話を続けることも出来ますし、
相手との信頼関係を築くことも
出来るようになるからです。

これからは売り込みする営業マンではなく、
自分と言う人間性を知ってもらうことから
始めて見てはいかがでしょう。

そうすれば、
「ああ~この間来た人ね、」
と言ったように覚えてくれますし、
次の訪問もしやすくなります。

どうぞ、あなたも信頼される
プロのアドバイザーになって下さい。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓で見込み客が出来ない・・・
テレアポや飛込み訪問で結果の出る方法を知りたい、
あるいは新しい営業方法を使って見たいと言う方は
こちらにも「最新の営業ノウハウ」がありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」
 
        


コメント(0) 
共通テーマ:仕事