So-net無料ブログ作成
検索選択

飛び込み訪問の「インターホントーク」をこのように工夫するとドアを開けてもらえる [飛び込み訪問]

新規開拓で飛び込み訪問をしていると
ほとんど話し途中で断わられることが多く、
先に進まないので困っていると言う方も
多いと思います。

特に個人宅への飛び込み訪問の場合は
インターホンで簡単に断わられることが多く、
見込み客すら出来ないと言うのが現状です。

そこで相手の断わりを回避するには
インターホントークを工夫するしかありません。

どのように変えたら良いのかと言うと、
相手の聴く耳を工夫する方法があります。

なぜ聴く耳かと言いますと、
同じ営業の話しでも「何となく違う話しかも?」
と思わせることで聴く耳を持たせることが
出来るからです。

たとえば今までのトークは
話しを伝えたいと思う気持ちが強かった為に
必死に訪問理由を伝えていたと思いますが、
相手にして見れば「また売り込みの話しか、」
となっていました。

誰も「面倒な話し=営業」は聞きたくないので
すぐ断わっていたのです。

つまり訪問して来た人があなたでなくても、
売り込みになるような話しなどは聞きたくないと
言うのが現状です。

では、どのようにすれば話しを聞いてくれるのか?
と言うことになりますが、

たとえば今までのパターンはこんな感じでした。
……………………………………………………

「今回(    )地区の皆様に
お役に立てる(   )をご案内しておりました。
すぐ終わりますのでお願いしま~す。」

……………………………………………………

と言った感じで話していたと思いますが
それでは相手にして見れば
「また営業の話しか」となっていました。

そこでちょっとした工夫です。

こちらのトークをご覧下さい。

     ↓ ↓ ↓

…………………………………………………………

「今回(    )地区の皆様に
△△に役立つ(   )をご案内してました。

ただ、今回提供できる方とできない方がおりまして、。、

すぐ終わりますので、
確認だけお願いしま~す! 」

…………………………………………………………
と言った感じなら今までと違う入り方です。

「(   )の話しみたいだが何かの確認?」
と思わせてちょっと考えさせるような工夫を入れると
ドアを開けてくれる方も増えます。

こちらが一方的に話しをしてしまうトークでは
相手側も聞くだけで面倒になりますから、
後はどうやって断わろうかと考えるだけです。

その考えを無くすには、
「確認しないといけない?」と相手に思わせる工夫が
必要なのです。

今まで相手が話しを聞かずに断わっていたのは、
あなたが一方的な話しをしていたからです。

それを無くすためには
相手に参加させる工夫をすれば良いのです。

それによって今までと反応も変わって来ますから、
これまでと違った結果=契約を出すことも可能に
なると言う訳です。

どうぞ、参考にして見てください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事