So-net無料ブログ作成
検索選択
テレアポ ブログトップ
前の10件 | -

テレアポでアポが取れない時、「最初のアプローチ」を工夫すると相手の反応も変わる [テレアポ]

テレアポで苦労するのは
話し途中で電話を切られることが多く、
思うようなアポイントが取れないことです。

その理由としては毎日のように
テレアポや営業電話がかかってくるだけに
誰しも聴く耳を持たないのが原因だからです。

そんな状況であっても
1件でも多くアポイントを取らないことには
営業成績を上げることは出来ませんから、
そこはなんとかしなくてはいけません。

そこでテレアポする時のコツですが、
最初のアプローチ段階で興味あるかどうか?

そこの部分が分かれば良いのですから、
自分の商品やサービスを売り込むのではなく、
相手に必要かどうかを確認する・・・
と言った形で攻めて見てはいかがでしょう。

たとえば今までのテレアポは商品を売りたいために
その商品が持つメリットを説明して来ましたが、
それでは誰も素直に話を聞いてくれません。

なぜなら話しを聞いたら売り込まれる・・・
と分かっているからです。

そこでこれからのテレアポは
次のような流れで反応を見るようにします。

「( 商品・サービス名 )について
確認したいことがありまして電話しました。
すぐ終わりますので宜しくお願いします。」

と言った流れで話しを持っていくと
そのまま会話を続けることも出来るようになります。

なぜなら今までの電話とは違い、
「確認とは一体何のことだろう? 」
と思わせることが出来るからです。

あとは話しの流れで
会話を続けることもできるようになりますから、
最初から電話を切られることも少なくなります。

そしてその後も会話が続いたら
売り込みの電話だと思わせないようにしながら
話しのストーリーを組み立てるようにします。

これでアポイントが取れるようになります。
どうぞ参考にして見てください。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」
 
        


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポしてもアポが取れない方へ、この工夫なら誰でもアポが取れるようになる [テレアポ]

新規開拓で電話すると困るのが、
・思うようにアポが取れない・・・
・見込み客が見つからない・・・
・新規契約が決まらない・・・
・目標達成が遠く感じる・・・

このような状態になってしまうことですが、
それでもアポが取れるコツはあります。 

まずはあなた自身が
「何とかしたい」と思っているのであれば大丈夫です。

その気持ちがあれば次に進むことができるからです。 

そのアポが取れないと言う悩みに対して
取れない理由として多いのは
断わられるのが怖くて思うように話ができない・・・
と言うことがあることです。 

よく見られるのが
「また断わられるかも知れない」と言った
マイナスのイメージが出てくるために
電話する件数や言葉の意気込みも小さくなり、
挙句には電話そのものが出来なくなると言う
悪循環に陥ってしまうことです。

このマイナスイメージを無くすには
メンタル(心理効果)で解決するのが効果的であり、
そして自信を付けることでプラス側に働きますから、
今までのマイナス部分を無くすことも
できるようになります。 

そのメンタルを切り替える工夫として効果的なのが、
「あなたのお役に立てる電話をしているんですよ、」
と言った使命感で電話することです。

そうすると自分が電話をするのは自分のためでは無くて、
「あなたのために電話しているんです、」
と言った気持ちが相手に伝わるようになるからです。

さらに「この話しを聞くのも断わるのもあなたの自由です」
と言った立ち位置で電話すると怖いことは無くなります。

それに断わるのは相手ですから、
たとえあなたが断わられたとしても
あなた自身に危害が及ぶことはありません。 

せいぜい1件断わられたと言う「結果」が
残るだけのことです。

さあこれで電話しても怖いことはありません、
相手から何を言われても気にする事もありません。

話しを聞く聞かないは相手次第なのですから、
「あなたのお役に立てる電話をしましたが
話しを聞くのも聞かないのもあなたの自由ですよ、」

この堂々とした電話することことによって
今までと違った結果を得られるようになります。

あなたも断わられる件数が多くて
電話する気力も無くなってしまうと言う時は、
このような「使命感」で電話して見ては
いかがでしょう。

今までと違った結果を得ることも
できるようになりますよ。

どうぞお試し下さい。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにもノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポが苦手だと思っている方へ、この方法なら気軽に電話できるようになる [テレアポ]

新規開拓でテレアポが苦手だと言う方は
たくさんいらっしゃいます。

何度電話しても断わられることが多く、
まともに話しを聞いてもらえないからですが、」

そもそもテレアポの目的は、
商品やサービスの必要性を理解してもらい、
そして詳しい内容については
会って話しをしましょう・・・

と言った約束を取り付けることですが、
相手にすれば話しを聞いたら契約させられる?
と思ってしまうので断ってきます。

すぐ電話を切られるために
テレアポが苦手だと言う方が多いのです。

そんなテレアポが苦手に思っている方に、
気軽に出来る方法があります。

基本的にテレアポは
断わられることについて避けて通ることは
出来ません。

断わられるたびにな思いを引きずることが多く、
電話する気力も無くなってしまう訳ですが、
そこで考え方の発想です。

電話をするのは自分ですが、
話しをするのは商品やサービスを勧める
その道のプロのアドバイザーがしている・・・
と思って電話をします。

すると断わられたのは自分ではなく
電話をしたプロのアドバイザーなのですから、
話しを聞く聞かないのは相手次第だと
思えば良いのです。

このように電話をする意識を変えるだけで
何件断わられても気にすることはありませんし、
苦痛に思うこともありません。

なにしろ断わられているのは自分では無いからです。

このように考えれば気軽に電話出来るようになりますし、
苦痛に思うことも無くなりますのでもう大丈夫です。
どんどん電話して見てください。

今以上にアポイントが取れるようになりますよ、
どうぞお試しください。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポでアポが取れない時、このように「トークを工夫」するとアポが取れる [テレアポ]

今使っているテレアポトークではアポイント取れない、
と悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

それだけアポが取りづらいと言うことなんですが、
では、アポを取るために何か工夫していますか?と聞くと
ほとんどの方は「やってはいるんですが・・」とおっしゃいます。

自分では工夫しているのにアポイントが取れない・・・
さらに工夫して電話して見るけどやっぱり取れない・・・
どうしたらいいのかと分からなくなっている・・・

あなたもこのような迷路に陥っていませんか?

なぜアポイントが取れないのかと言うことですが、
原因は簡単なところにあります。

それは工夫する視点がずれているために
どこにでもある代わり映えのしないテレアポトークに
なっているからです。

つまり、
いつもかかって来るテレアポとなんら変わらない電話なら
「またいつもの電話か、それなら断っても関係無いだろう、」
と思う方が増えるのでまだ商品の説明していないのに
すぐ話しが終わってしまうのです。 

話しを聞くのも面倒だと言うことになるからです。

自分は初めて電話するのに何で?と思う方もいるでしょうが
相手にして見れば「またその話か」になってしまうのです。

なんの工夫もせずに商品やサービスの説明しても
アポが取れないのはそこに原因があったのです。

あなたもいつも通りの商品やサービスの説明しているならば、
そのトークではアポイントは取れません。

どのようにしたらアポイントが取れるのか?と言うことですが、
商品やサービスの説明をしても話しを聞いてくれないのですから
そこは違った攻め方をするしかありません。

それは相手に興味を引き立てるトークを与えることです。

商品を説明するにしても普通に紹介していては
誰も素直に話しを聞いてくれないのですから、
そこは話しを聞いて貰えるように視点を変えます。

▼たとえば、
───────────────────────────── 
広告代理店の営業マンが広告を掲載してくれる会社を探すために、
営業の電話をしたとします。

▽通常の営業トークであれば、
……………………………………………………………………………
「広告を掲載するとこれだけ反響が見込めるのでいかがですか?」
……………………………………………………………………………
と言ったトークなるとそれでは売り込みの電話ですから、
「今は予定が無いので」と言われておしまいです。

▼そこで、このように視点を変えて話します。
……………………………………………………………………………
「売上げアップに実績ある広告枠がありまして、
同じ様な業種の会社では前月比120%達成した広告です。
ですが、掲載できるスペースの関係で受付した順番で決まって
しまいますので、考えて頂ける会社様には
“この順番でお話しさせて頂きますが ”いかがなさいますか?」
……………………………………………………………………………

と言った感じで、
「今決めないと他に持って行かれてしまいますが、
御社はどうしますか、」と言ったように
自分らに必要な話しだと思わせます。

そうすると必要の無い話しが必要だと思うようになりますから、
今までのようにすぐ断られることも無くなります。

いかがですか、
同じ工夫でもちょっと視点を変えることで
違った展開にさせることも出来るのですから、
今のテレアポトークをアレンジして見てはいかがでしょう、

効果の違いに驚きますよ、
あなたの健闘をお祈りいたします。

その視点を変えたトークの作り方を知りたい、
あるいは飛び込み訪問や新しい営業方法を探している方は、
こちらにも「最新の営業ノウハウ」ありますので
ご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポでアポイントが取れない時、ここを工夫すると「次につながるアポ」が取れる [テレアポ]

新規開拓で行うテレアポは
電話しても簡単に断わられることが多くて
先に進まないと言うのが現状ですが、
それでもアポイントが取れる秘訣はあります。

秘訣と言っても特別な手段を使う訳でもありませんし、
特定の業種に特化した方法でもありません。

誰にでもアポイントが取れる秘訣です。
ではどのような方法なのかと言うと、
相手から「会いたい」と言わせることです。

たとえば今までのテレアポは
「会って話しをしたいのでお願いします、」
と言ったようにお願いしていたはずです。

ですが、人は他人からお願いされると
避けたいと思う心理状態になりますから、
誰でも断わりたくなります。

会ってしまえば断りづらくなりますし、
買わされてしまうかもしれないと言った不安を
感じてしまいますから、自然と断わる流れに
なってしまうのです。

そこで、アポイントが取れるコツです。

こちらからお願いするのではなくて、
相手から「会いたい」と言わせるようにすれば
苦労することなくアポイントが取れるようになります。

実際どのようにすればよいかと言いますと、
トークの中で営業マンが話しをするのは当然ですが、
それ以上に相手側にも話しをさせるようにします。

たとえば「Q&A的な会話」を心がけると
相手との会話もスムーズに行きますし、
お互い気持ちよく会話をすることが出来ます。

さらにこの場合のメリットは、
相手が断るつもりであっても有効なことです。

仮に断わられる場合であっても
相手に気持ちよく断わって貰うようにすることが
大事だからです。

いつものように
「その話しなら間に合っているので・・」
と断わられるよりも

「今は必要としないけれど
そう言った時があったら考えておきますね・・」

と言った感じで「前向きな断わり方」を
して貰うようにします。

この流れで断り文句を引き出すことが出来れば、
たとえ今回その人が契約をしてくれなくても
知り合いの方を紹介してくれるかも知れませんし、
気が変わって後で電話くることもあるからです。

いずれにしても
相手に気持ちよく断わってもらう・・・
これも次につながるポイントになります。

このようなポイントを押さえることで
相手からガチャ切りされる件数も減って来ますから、
テレアポも楽しく出来るようになります。

どうぞ、お試し下さい。

その他、効果的営業方法を知りたい、

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポしても断られる件数が多くて困っている方へ、これならアポが取れるようになる [テレアポ]

テレアポしていると必ず言われるのが、
・今忙しい、
・必要ない、
・間に合っている
と言った言葉です。

そのため何とか話しを聞いて貰いたいと思って
話す内容やトークの組み立てを工夫したとしても、
思うように行かないのが現状です。

そんなテレアポで苦労している方のために
テレアポで成功するコツです。

それが「共感と同調」をしてあげること。

(1)共感とは
他人の意見や感情などに自分の気持ちを合わせることで、
(2)同調とは
他人の意見や主張などに賛同することです。

たとえばこんな感じです。
…………………………………………………………………

相手「その話しなら間に合っていますので、」

営業「そうですよね、
   今すぐ必要とはしないですよね、 ←(相手の返答に同調します)
   こう言った電話と言うのはよくかかってくるんですか?」

相手「そうね~
   毎日かかって来るから断るのも大変ですよ。」

営業「そうですよね、
   毎日くるのでは困りますよね。 ←(相手の気持ちに共感します)
   ちなみに(   )については、
   お話を聞かれたことはあるんですか?」

相手「ああ、何度もありますよ、
   こっちの話しも聞かずに
   説明ばっかりしてくるので
   断っているんです。 」

営業「そうですよね、          ←(相手の気持ちに共感します)
   一方的に説明されても困りますよね。」

相手「そう、
   止めてもらいたいですよね。
   必要ないと言っているのに
   マニュアル通り話せば契約取れると思っているんですかね。」

営業「そうですよね、
   そう言った営業は困りますよね。」 ←(相手の返答に同調します)

………………………………………………………………

と言ったような感じで、
相手の気持ちに共感と同調してあげることで、
会話を続けることが出来るようになります。

この「相手の気持ちに共感する」と言うポイントは
相手から警戒心を取り除くためにすることです。

人は知らない相手には警戒するのは当然ですから、
最初から良い返事をもらうのは難しいと言うのは
皆さんご承知の通りです。

それなのにテレアポする時は
電話だけで良い返事をもらおうとしますから
相手から断りをもらうのは目に見えています。

そこで相手の気持ちに共感と同調をしてあげると、
「ああ、この人は分かってくれるんだな、」
と思わせることが出来るようになります。

そうすればこの営業マンは他とは違うと言う意識を
与えることが出来ますから、
今回がダメでも次回電話する時には
「この間はどうも」と言った感じで入ることも出来ますから、
営業もやりやすくなると言う訳です。

あなたも会話を続けたいと言うことならば
相手の返答に共感と同調をして見てはいかがでしょう。

きっと、今以上に話を聞いて貰える件数が増えますよ。
どうぞお試し下さい。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践で使える効果的な営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新のノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

相手から「その話を聞きたい」と言わせるテレアポトークの工夫 [テレアポ]

テレアポするとほとんど断わられると言っても
過言ではありません。

それだけ同じような電話がかかって来ますし、
色々なセールスの電話もかかってきますから
電話を受ける側も拒絶するのは当然なことです。

そうするとテレアポする側は
何とかアポイントや見込み客を見つけるためにと
あらゆる工夫をして話しを聞いて貰えるように
必死に電話をかけてきます。

その繰り返しになる訳ですから、
電話される側はたまったものではありません。

たとえばこんな電話がかかってきたとします、
……………………………………………………………… 
営業「今の(    )よりも性能が良くなっておりますし、
   金銭的にも負担無くできるようになっていますので
   この機会に(    )を見直して見ませんか? 」
………………………………………………………………

このような感じで一方的に言われても、
何度も聞かされている話しですから断わって来ます。

なぜなら、
電話されている側が受け身の状態だからです。

受身=警戒と言う図式です。

つまり、相手の気持ちが受け身のままですと
いくら上手いことを言っても話しに乗ってきませんし、
反対に話しをされればされるほど相手は引いていきます。

それだけ警戒心が続くと言うこともありますし、
面倒だと思う気持ちが頭の中で一杯になるからです。

では、どのようにしたら話しを聞いて貰えるのか?
と言うことになる訳ですが、

それは相手の気持ちを
受け身から「乗り気」にさせることです。
(乗り気とは興味を持った状態です。)

そこで、相手に乗り気にさせる工夫です。

たとえば「今までの話しとは違う、」
と言った印象を与えるようにします。

今までのテレアポは
…………………………………………… 
・アポを取りたい、
・話しを聞いてくれる人を見つけたい、
…………………………………………… 

と言った気持ちが強かったために
一方的に話しを押し付けてしまい拒絶されていました。

自分の欲求を通そうとするから
断られていたのです。

そこで「解決方法」です。

今まで嫌われていたのは
自分の欲求を通そうとしていたからなので、
これからは「相手の欲求」を引き出すようにします。

相手の欲求とは
「その話しを聞かせて欲しい」と言った
状態にしてあげることです。

…………………………………………………………
相手に乗り気にさせてさらに欲求を満たしてあげる。
………………………………………………………… 

これの繰り返しが出来れば成功したのも同然です。

今までは何とかしてアポを取ろうとしていた為に
入り口の段階で断わられていました。

しかしこれからは違います。

相手から「その話しを聞かせてほしい」
と言わせることが出来るのですから。
活路を見い出すことも可能になるからです。

どうぞ、あなたも「その話しを聞かせて欲しい」
と言わせる工夫をして見てはいかがでしょう。

その工夫が出来れば
違った結果を残すことも可能になります。

どうぞ、お試し下さい。
あなたの健闘をお祈りいたします。

その工夫をそうすればいいのか知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践で使える営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新のノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新人の営業マンも喜ぶ、テレアポでアポが取れる「テレアポトーク」の工夫 [テレアポ]

今使っているテレアポトークでは
思うようにアポイントが取れないので困っている、
と悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

それだけ電話しても断られる件数が多いと言うことですが、
では、アポイント取るために何か工夫していますか?と聞くと
ほとんどの方は「やってはいるんですが」とおっしゃいます。

自分では工夫しているのにアポイントが取れない・・・
さらに工夫して電話して見るけどやっぱり取れない・・・
どうしたらいいのかと分からなくなってしまう。

あなたもこのような状況に陥っていませんか?

なぜアポイントが取れないのかと言うことですが、
原因は単純なところにあります。

それは工夫する視点がずれているために
どこにでもある代わり映えのしないテレアポトークに
なっているからです。

いつもかかって来るテレアポと変わらない電話なら、
「またいつもの電話か、それなら断っても関係ないだろ」
と簡単に断ってくる方が多いのです。

なんの工夫もせずに商品やサービスの説明しても
一向にアポイントが取れないのはそこが原因です。

いつも通りの商品やサービスの説明している限りなら、
そのトークではいつまでたってもアポイントは取れません。

では、どのようにしたらアポイントが取れるのかと言うことで、
商品やサービスの説明をしても話しを聞いてくれないのですから
そこは違った攻め方をするしかありません。

たとえば商品を説明するにしても普通に紹介しても
誰も素直に話しを聞いてくれないのですから、
そこは強烈なインパクトを与えることによって
話しを聞いて貰えるようにすることが大事です。

それが出来るのも「工夫したトーク」が成せるワザです。

では、どのようにしたら良いのか参考例です。

▼たとえば、
───────────────────────────── 
広告代理店の営業マンが広告を掲載してくれる会社を探すために、
営業の電話をしたとします。

▽通常の営業トークであれば、
……………………………………………………………………………
「広告を掲載すると反響率がこれだけ見込めるのでいかがですか?」
……………………………………………………………………………
と言った感じになるでしょうがそれでは売り込みの電話ですから、
「今は予定が無いので」と言われておしまいです。

▼そこでこのようにトークを変えます。
……………………………………………………………………………
「会社の売上げアップに実績のある広告がありまして、
同じ様な業種の会社では前月比120%を達成した広告です。
ただし掲載できるスペースの関係で
受付した順番で決まってしまいますので、
もし、考えて頂けるのでしたら
“この順番でお話しさせて頂きますが ”
いかがなさいますか?」
……………………………………………………………………………
と言った感じで、
「今決めないと他に持って行かれてしまいますが、
あなたはどうしますか?」と言ったように
この話しは必要だと思わせるようにします。

そうすると必要の無い話しが必要だと思うようになりますから、
今までのようにすぐ断られることも無くなります。

いかがですか、
同じ工夫でもちょっと視点を変えることで
違った展開にさせることも出来るのですから、
今お使いのテレアポトークを変えて見てはいかがでしょう、

きっと効果の違いに驚きますよ、
あなたの健闘をお祈りいたします。

その他「効果的営業方法」を知りたい、あるいは
テレアポトークやび込み訪問についてお困りの方は
こちらにも最新の参考になるノウハウありますので、
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポする時に、相手から迷惑と思われない電話をする工夫 [テレアポ]

電話が鳴ったので急いで出て見たら
売り込みのセールス電話だった・・・
こう言った経験皆さんもあると思います。

それも一方的にまくし立てられ、
切るタイミングを与えない相手・・・

このような電話では
誰でも迷惑だと思うだけです。

反対に何気なく自然と会話をしてしまったと言う経験・・・
あなたもありませんか?

このように同じ営業の電話でも
迷惑だと思う電話とそうでない電話・・・
この差はどこにあるのでしょうか?

そのひとつに
間(ま)の取り方があります。

間が取れていないテレアポは
話しを聞いていると考えるのも面倒になり、
早く電話を切りたいと思ってしまいます。

反対に間が取れているテレアポは
話を聞いていても自然と会話に引きずり込まれ、
相手と話していても苦になりません。

これが間の取り方の「差」です。

では、間の取り方をどうすればいいのか?

それは会話の流れをスムーズにいかせるための
アクセント(話し方の調子)や口調を
工夫することです。

それが出来ているかどうかで
相手との会話の雰囲気も変わりますし、
流れを作り出すことも可能になるからです。

そこで上手な間の取り方です。

実際間の取り方が上手な方は
相手と会話する際に心地よさや楽しさも
加えるようにしています。

これによって会話と会話の繋ぎも
スムーズに行くようになるからです。

つまり、こちらが話した後に相手から返事を貰い、
そして次の話しを持って行くと言ったように、

会話を続けさせるには
相手が答えやすい雰囲気や楽しさを与えることが大事ですから、
それには相手に気持ち良く感じさせる間と楽しさを
与えることが必要です。

あなたも会話を続けたいと思うならば、
相手から返事を引き出すための心地よさと
そして「間+楽しさ」を加えて見てはいかがでしょう。

きっと、今まで以上に話し込める自分に
ビックリされると思いますよ。

どうぞお試し下さい。

その間の取り方や雰囲気の作り方を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポする時に断わられないで「会話を続けることができるコツ」 [テレアポ]

テレアポは断られることが多く、
皆さんも苦労していると思われますが、
もし断わられない方法があるとしたら
いかがでしょう、

テレアポをしても断られることが多いのは
皆さんご承知の通りです。

それだけ必要の無い話しであったり、
今すぐ無くてはなならないと言うものでもないために
ほとんどが迷惑だと思われているからです。

そんなテレアポであっても、
もしも相手から嫌がれずに話しを聞いて貰えるとしたら、
テレアポも楽しく出来るようになりますよね。

もちろんまったく断わられないと言う方法は無いですから、
「今よりも話しを聞いてくれる人を増やせる」
と言った方法を使うと結果を変える事ができます。

これなら今までより見込み客を増やすことが出来ますし、
やり方によっては楽しく電話できるようになりますから
今の仕事にやりがいを感じられるようにもなります。

そんなテレアポに苦労しているあなたのために
電話で断わられないコツです。

まずはあきらかに必要ないと断わっている相手には
それ以上何を言っても聞く耳を持ちませんから、
それ以外の方を対象にします。

そして相手の「自尊心をくすぐる」と言う方法で
電話していきます。

自尊心とは、
誰もが持っているプライドや見栄のことです。

人は他人から認められたいと思う意識がありますから
他の人よりも優秀だと思っている部分や外見など
そこをくすぐってあげると気持ちも大きくなり、
もっと持ち上げて欲しいと思う欲求に駆られます。

そこをトークに利用します。

すると自尊心をくすぐられた相手は
あなたとの会話をもっと楽しみたいと思うようになりますから、
会話を続けることも簡単に出来るようになります。

これが電話で断わられないコツです。

このようなコツを使うことで
今までのように断わられる件数も少なくなりますし、
テレアポで苦労することも無くなります。

いかがでしょう、

あなたも断わられないで電話することが出来たら、
どれだけ楽になるかお分かりになりますよね。

そんなテレアポについてもっと詳しく知りたい方や
新規開拓で効果的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になる営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - テレアポ ブログトップ