So-net無料ブログ作成
検索選択
テレアポ ブログトップ
前の10件 | -

法人相手にテレアポ(電話営業)する時、ちょっとしたコツで相手につないで貰える工夫 [テレアポ]

今回は保険の営業に役立つ入り方です。

まずは法人営業で苦労するのは、
受付や事務員の段階で終わってしまい
社長や担当者まで話しが通らないことです。

特に保険の場合は
すでに契約が決まっていることが多いため
話しを聞いてくれる先が少ないのが現状です。

そこで法人営業で使えるちょっとしたコツです。

まずは労災保険の件で電話する例をご覧下さい。
………………………………………………………

営業「お世話になります。
   (  )生命の(  )と申しますが
   社長さんいらっしゃいますか?」

受付「どのようなご用件ですか?」

営業「はい、労災保険の件で電話したんですが、
   会社の経費削減にも関係するお話ですので
   社長さんお願いできますか?」

………………………………………………………
と言った入り方ですと
「保険を勧めるために電話して来た」
と事務員に警戒されてしまうだけです。

そうなると他の営業電話と一緒の扱いをされてしまい、
目指す相手まで通してもらえなくなります。

そこでちょっとしたコツです。

最初の段階ですることは
何の用件で電話したのかをさりげなく伝えて
相手までつないで貰えるようにすることです。

警戒されないようにするのが
次につながるポイントになります。

では、実際どのようにすれば良いのか、
こちらのトークをご覧下さい。

……………………………………………………
営業「こんにちは、
   (  )生命の(  )と申しますが、
   お世話様です。

  “労災保険”の件で電話しました、
   社長さんお願いします。 」
……………………………………………………

このように端的に言い切ってしまえば、
いかにも「社長に用事があって電話をした・・」
と言った雰囲気が相手にも伝わりますから、
電話をつないでもらうことも可能になります。

ポイントは、
相手によけいな警戒心を起こさせずに
すんなりと電話をつないで貰うこと。

それが次に進ませることになりますから、
言い切って見るのも大事だと言うことです。

どうぞお試しください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、


あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif

コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポトークは時代に合った工夫するだけで「結果を変える」ことが出来る [テレアポ]

テレアポで辛いのは
何十件と必死になって電話をしても
アポが取れずに1日が終わってしまうことです。

結果が出ない時ほど辛いものはありませんし、
精神的に落ち込んでしまいます。

話し方を工夫しても思い通りにいかない時もあり、
どうしたら良いものかと悩んでしまいますよね。

そこでそう言った時に効果的なのが
今使っているテレアポトークの内容を替える工夫です。

たとえば今まで電話しても反応が無かったのは、
今使っているトークの内容が固まっているために
「また営業の電話か」と断わられてしまうことです。

もちろん会社のマニュアルに従っている場合は
そう簡単に替えられないと言うこともありますが、
それでもちょっとした工夫をするだけで
良い結果を残すことも出来るのですから、

何事も固定観念にとらわれず
柔軟な対応で攻めることも必要です。

それに時代が変われば方法も変わるように
その時代に合ったトークを使い分けることで
さらに良い結果を残すことになるのですから、
プラス思考で取り組む姿勢が必要です。

そこで今お使いのテレアポトークを
相手が興味を持てるトークとして
工夫するコツがあります。

そのトークをどのように工夫すれば良いのか?

さらに新規開拓のノウハウや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif





コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポで社名や用件を言った途端すぐ断わられる時、ここを工夫すると話しを聞いて貰える [テレアポ]

新規開拓のテレアポしている時に困るのが
社名や用件を言った途端に、

「ああ、そう言った話しは間に合ってますから、」
と簡単に終わってしまうことです。

このような断わりが続いてしまうと
さすがに落ち込んでしまいます。

そこで解決策です。

すぐ断わられるのは最初の入り方にある、
と言うことはみなさんご承知の通りです。

投資の例で言えば、
「資産運用の・・」と言った時点で、
「その話しなら間に合ってますから、」
と簡単に断わられてしまいます。

「資産運用」と言ったキーワードを聞くと
「投資」と言った言葉を連想してしまう・・・

このように投資と言った言葉を聞くだけで
リスクが高く自分のお金を取られてしまう?・・・
と言ったように警戒されてしまうので
誰も話しを聞いてくれないのです。

と言うことは、
そのイメージを変えることが出来れば、
話しを聞いてくれる人が増える
と言うことになります。

ここが解決策です。

同じ投資でも言葉のイメージを変えることで
相手に聴く耳を持たせる事も可能になるのですから、
そこを工夫すれば良いと言うことになります。

今まではどのように工夫しても
まったくアポイントが取れなかった方でも、
入り方を工夫するだけで結果を変えることも
出来るようになりますから、あなたも
試して見てはいかがでしょう。

その言葉を変えるテレアポトークが知りたい、
あるいは新規開拓の方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧下になってください

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif




コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポで苦労する新規開拓が、この工夫ならどんどんアポが取れるようになる [テレアポ]

テレアポで苦労するのは
思うようにアポイントが取れないこと。

ほとんどが用件を出した途端に
「必要ありません、」
「間に合っていますので・・」
と簡単に断わられてしまうからです。

そんな苦労するテレアポですが
どのようにすればアポイントが取れるのか、
ひとつの工夫があります。

たとえば次のように電話したとします。
………………………………………………………

営業「この×××については
   お役に立てる内容となっておりますので
   一度ご説明させて頂いているんですが、
   今週でしたら×日か×日にお会い出来ますが、
   どちらが宜しいですか? 」

………………………………………………………

と言ったように「説明させてほしい」と
相手にお願いするような言い方になると、
良い返事を貰うことは出来ません。

そこで次のように相手の意識を変えてあげると、
反応を変えることが出来ます。
………………………………………………………

営業「この×××については
   お役に立てる内容となっておりますので
   興味ある方にだけご説明していたんですね。

   ただ、お話しを聞いて見ないと
   本当に必要かそうでないのかと言うのは
   わからない部分もあると思います。

   もちろん、判断するのは(  )様ですから、
   必要無いと感じたら
   その場で断わって頂いても構いません。

   今週でしたら×日か×日にお会い出来ますが、
   どちらが宜しいですか? 」

………………………………………………………

このように説明させてほしいとお願するのではなく、
あなたが「興味持てる話しかどうか判断するため」に
「話しの内容を聞いて見たらどうですか?」と言ったように
自分で決めることが出来るんだなと思わせることで

「それじゃ話しだけでも聞いて見ようかな、」
と言わせることも出来るようになります。

ひとつの工夫として応用して見てはいかがでしょう、
今まで以上にアポが取れるようになりますよ。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な《最新の営業方法》を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポする時に断わられないで「会話を続けることができるコツ」 [テレアポ]

テレアポは断られることが多く、
皆さんも苦労していると思われますが、

もし断わられない方法があるとしたら
いかがでしょう、

テレアポをしても断られることが多いのは
皆さんご承知の通りです。

それだけ必要の無い話しであったり、
今すぐ無くてはなならないと言うものでもないために
ほとんどが迷惑だと思われているからです。

そんなテレアポであっても、
もしも相手から嫌がれずに話しを聞いて貰えるとしたら、
テレアポも楽しく出来るようになりますよね。

もちろんまったく断わられないと言う方法は無いですから、
「今よりも話しを聞いてくれる人を増やせる」
と言った方法を使うと結果を変える事ができます。

これなら今までより見込み客を増やすことが出来ますし、
やり方によっては楽しく電話できるようになりますから
今の仕事にやりがいを感じられるようにもなります。

そんなテレアポに苦労しているあなたのために
電話で断わられないコツです。

まずはあきらかに必要ないと断わっている相手には
それ以上何を言っても聞く耳を持ちませんから、
それ以外の方を対象にします。

そして相手の「自尊心をくすぐる」と言う方法で
電話していきます。

自尊心とは、
誰もが持っているプライドや見栄のことです。

人は他人から認められたいと思う意識がありますから
他の人よりも優秀だと思っている部分や外見など
そこをくすぐってあげると気持ちも大きくなり、
もっと持ち上げて欲しいと思う欲求に駆られます。

そこをトークに利用します。

すると自尊心をくすぐられた相手は
あなたとの会話をもっと楽しみたいと思うようになりますから、
会話を続けることも簡単に出来るようになります。

これが電話で断わられないコツです。

このようなコツを使うことで
今までのように断わられる件数も少なくなりますし、
テレアポで苦労することも無くなります。

いかがでしょう、

あなたも断わられないで電話することが出来たら、
どれだけ楽になるかお分かりになりますよね。

そんなテレアポについてもっと詳しく知りたい方や
新規開拓で効果的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になる営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

誰でもアポが取れる「テレアポトーク」の工夫とは? [テレアポ]

今使っているテレアポトークでは
思うようにアポイントが取れないので困っている
と嘆いている方も多くいらっしゃいます。

それだけ電話しても断られる件数が多いからですが、
では、アポイント取るために何か工夫しているのか?と言うと
ほとんどの方は「やってはいるけども」とおっしゃいます。

自分では工夫しているのにアポイントが取れない
さらに工夫して電話して見るけどやっぱり取れない
どうしたらいいのか分からない・・・

あなたもこのような状況ではありませんか?

そこでアポイントが取れない原因を理解することが、
これからのアポを取るために必要な要素になります。

なぜ電話しても話しを聞いてくれないのか?
簡単に断られてしまうのか?

それは電話する際の視点がずれているために
話しも聞かずに電話を切られてしまう所にあります。

つまり、いつも電話してくる
代わり映えのしないテレアポトークになっていると言うこと。

いつもかかって来るテレアポと変わらない電話なら、
「またいつもの電話か、それなら断っても関係無いだろ」
と簡単に断ってくる方が多いのです。

なんの工夫せずに商品やサービスの説明しても
一向にアポイントが取れないのはそこが原因なのです。

なので、いつも通り工夫せず説明している間は
いつまでたってもアポイントは取れません。

では、どのようにしたらアポイントが取れるのか?
と言うことでそこは違った攻め方をするしかありません。

たとえば、商品を説明するにしても
誰も素直に話しを聞いてくれないのですから、
そこは他とは違うイメージを与えることによって
話しを聞いて貰えるようにします。

では、どのようにしたら良いのか参考例です。

▼たとえば、
───────────────────────────── 
広告の営業マンが掲載してくれる会社を探すために
電話したとします。

通常の営業トークであれば、
……………………………………………………………………………
「広告を掲載すると反響率がこれだけ見込めます、
 今後の経営にもプラスになりますので、
 一度お話しだけでもいかがですか?」
……………………………………………………………………………
と言った感じで電話しても売り込みの電話ですから、
「今は予定が無いので」と言われておしまいです。

▼そこで、このようにトークを変えます。
……………………………………………………………………………
「会社の売上げに実績ある広告です、
 他社でも前月比120%達成した広告です。
 ですが、掲載できるスペースの関係で
 受付した順番で決まってしまいますので、
 “この順番でお話しさせて頂きますが ”
 もし、お話し聞いて頂けると言うことであれば
 このままご説明いたしますが、
 いかがなさいますか?」
……………………………………………………………………………
と言った感じで、

「今決めないと他に決まってしまいますが、
 どうしますか?」と言ったように
この話しは聞かないと損だと思わせるようにします。

そうすると、
必要の無い話しが必要だと思うようになりますから、
今までのようにすぐ断られることも無くなります。

いかがですか、
同じ工夫でもちょっと視点を変えることで
違った展開にさせることも出来るのですから、
今お使いのテレアポトークを変えて見てはいかがでしょう、

きっと効果の違いに驚きますよ、
あなたの健闘をお祈りいたします。

そのトークの作り方や視点の変え方を知りたい、
あるいはび込み訪問でうまく行かないとお困りの方は、
こちらにも「最新の営業ノウハウ」ありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポしても断られる件数が多くて困っている方へ、これならアポが取れるようになる [テレアポ]

テレアポしていると必ず言われるのが
・今忙しい、
・必要ない、
・間に合っている
と言った言葉です。

そのため何とか話しを聞いて貰いたいと思って
話す内容やトークの組み立てを工夫したとしても、
思うように行かないのが現状です。

そんなテレアポで苦労している方のために
テレアポで成功するコツです。

それが「共感と同調」をしてあげること。

(1)共感とは
他人の意見や感情などに自分の気持ちを合わせることで、
(2)同調とは
他人の意見や主張などに賛同することです。

たとえばこんな感じです。
…………………………………………………………………

相手「その話しなら間に合っていますので、」

営業「そうですよね、
   今すぐ必要とはしないですよね、 ←(相手の返答に同調します)
   こう言った電話と言うのはよくかかってくるんですか?」

相手「そうね~
   毎日かかって来るから断るのも大変ですよ。」

営業「そうですよね、
   毎日くるのでは困りますよね。 ←(相手の気持ちに共感します)
   ちなみに(   )については、
   お話を聞かれたことはあるんですか?」

相手「ああ、何度もありますよ、
   こっちの話しも聞かずに
   説明ばっかりしてくるので
   断っているんです。 」

営業「そうですよね、          ←(相手の気持ちに共感します)
   一方的に説明されても困りますよね。」

相手「そう、
   止めてもらいたいですよね。
   必要ないと言っているのに
   マニュアル通り話せば契約取れると思っているんですかね。」

営業「そうですよね、
   そう言った営業は困りますよね。」 ←(相手の返答に同調します

………………………………………………………………

と言ったような感じで
相手の気持ちに共感と同調してあげることで、
会話を続けることが出来るようになります。

この「相手の気持ちに共感する」と言うポイントは
相手から警戒心を取り除くためにすることです。

人は知らない相手には警戒するのは当然ですから、
最初から良い返事をもらうのは難しいと言うのは
皆さんご承知の通りです。

それなのにテレアポする時は
電話だけで良い返事をもらおうとしますから
相手から断りをもらうのは目に見えています。

そこで相手の気持ちに共感と同調をしてあげると、
「ああ、この人は分かってくれるんだな、」
と思わせることが出来るようになります。

そうすればこの営業マンは他とは違うと言う意識を
与えることが出来ますから、
今回がダメでも次回電話する時には
「この間はどうも」と言った感じで入ることも出来ますから、
営業もやりやすくなると言う訳です。

あなたも会話を続けたいと言うことならば
相手の返答に共感と同調をして見てはいかがでしょう。

きっと、今以上に話を聞いて貰える件数が増えますよ。
どうぞお試し下さい。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践で使える効果的な営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新のノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポでアポが取れない時、「最初のアプローチ」を工夫すると相手の反応も変わる [テレアポ]

テレアポで苦労するのは
話し途中で電話を切られることが多く、
思うようなアポイントが取れないことです。

その理由としては毎日のように
テレアポや営業電話がかかってくるだけに
誰しも聴く耳を持たないのが原因だからです。

そんな状況であっても
1件でも多くアポイントを取らないことには
営業成績を上げることは出来ませんから、
そこはなんとかしなくてはいけません。

そこでテレアポする時のコツですが、
最初のアプローチ段階で興味あるかどうか?

そこの部分が分かれば良いのですから、
自分の商品やサービスを売り込むのではなく、
相手に必要かどうかを確認する・・・
と言った形で攻めて見てはいかがでしょう。

たとえば今までのテレアポは商品を売りたいために
その商品が持つメリットを説明して来ましたが、
それでは誰も素直に話を聞いてくれません。

なぜなら話しを聞いたら売り込まれる・・・
と分かっているからです。

そこでこれからのテレアポは
次のような流れで反応を見るようにします。

「( 商品・サービス名 )について
確認したいことがありまして電話しました。
すぐ終わりますので宜しくお願いします。」

と言った流れで話しを持っていくと
そのまま会話を続けることも出来るようになります。

なぜなら今までの電話とは違い、
「確認とは一体何のことだろう? 」
と思わせることが出来るからです。

あとは話しの流れで
会話を続けることもできるようになりますから、
最初から電話を切られることも少なくなります。

そしてその後も会話が続いたら
売り込みの電話だと思わせないようにしながら
話しのストーリーを組み立てるようにします。

これでアポイントが取れるようになります。
どうぞ参考にして見てください。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

電話しても断わられないテレアポのコツ、これならあなたの営業成績もアップする [テレアポ]

テレアポは断られることが多く
苦労している営業マンが多いのも現実です。

もし、断わられない方法があるとしたら
いかがでしょう?

テレアポしても断られることが多いのは
ご承知の通りです。

それだけ必要の無い話しであったり、
今すぐ無くてはならない物でもないために
断る方が多い訳ですが、

それが断わられずに話し出来るようになれば
あなたも楽しく出来るようになると思いますが、
いかがでしょう。

もちろん、まったく断わられないことはありませんが、
「今よりも話しを聞いてくれる人を増やせる」
と言った形にすることも可能になります。

今までより見込み客を増やすことが出来ますし、
やり方によっては気軽に電話できるようになりますから
テレアポで苦労している方も試して見てはいかがでしょう。

その方法と言うのが「自尊心をくすぐる」方法です。

自尊心とは分かりやすく言えば、
誰もが持っているプライドや見栄のことです。

人は他人から認められたいと思う反面、
他の人よりも優秀な部分はあると思っていますから
そこをくすぐってあげることによって気持ちも大きくなり、
もっと持ち上げて欲しいと思う欲求に駆られます。

そこをトークに利用します。

すると、自尊心をくすぐられた相手は
あなたとの会話をもっと楽しみたいと思うようになりますから、
話しを続けることも可能になります。

これが電話で断わられないコツのひとつです。

このようなコツを使うことによって
今までのように断わられる件数も少なくなりますし、
テレアポで苦労することも無くなります。

あなたも断わられないで電話することが出来たら、
どれだけ助かるかお分かりになりますよね。

そこで、テレアポについてもっと詳しく知りたい方や
新規開拓で効果的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポが苦手だと思っている方へ、これなら気軽に何件でも電話することができる [テレアポ]

テレアポが苦手だと思っている方は
たくさんいらっしゃいます。

何度電話しても断わられることが多く、
まともに話しを聞いてもらえないので
どうしたらいいのかと悩んでしまうからです。

そもそもテレアポの目的は、
商品やサービスの必要性を理解してもらい、
そして詳しい内容については
会って話しをしましょう・・・

と言った約束を取り付けることですが、
相手にすれば話しを聞いたら契約させられる?
と思ってしまうのでお断りされてしまうのです。

それゆえすぐ電話を切られるために
テレアポが苦手だと思う方が多いのでしょう。

そんなテレアポが苦手に思っている方に
気軽に出来る方法をご紹介したいと思います。

まずは基本的にテレアポは
断わられることについて避けて通ることは出来ません。

断わられるたびに嫌な思いを引きずることも多く、
電話する気力も無くなってしまう訳ですが、

そこで考え方の発想です。

電話をするのは自分ですが、
話しをするのは商品やサービスを勧める
その道のプロのアドバイザーがしている・・・
と思って電話をして見てください。

そうすると断わられたのは自分ではなく
電話をしたプロのアドバイザーなのですから、
話しを聞く聞かないのは相手の裁量次第だと
思えば良いのです。

このように意識を変えるだけで
何件断わられても気にすることはありませんし、
苦痛に思うこともありません。

なにしろ断わられているのは自分では
無いからです。

このように考えれば気軽に電話出来るようになりますし、
苦痛に思うことも無くなりますので
どんどん電話して見てはいかがでしょう。

今まで以上に
アポイントも取れるようになりますよ。

どうぞお試しください。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - テレアポ ブログトップ