So-net無料ブログ作成
テレアポ ブログトップ
前の10件 | -

テレアポする時のポイントは「相手に興味を持たせる工夫」をすること [テレアポ]

テレアポする時のポイントです。

まずはテレアポされる側は、
話しを聞こうか断わろうかと
一瞬で判断します。

そうなるとほとんどが断われるパターンと
なってしまいます。

なにしろ営業電話が多い訳ですから、
一旦、話しを聞いてしまうと断わりづらくなって
面倒だと思ってしまうからです。

ゆえに、営業電話だと分かると
断わられることが多いのです。

何十件電話しても
断わられる件数が多い・・・
これでは気持ちも落ち込んで
しまいます。

そこで、
気持ちの切り替え方です。

テレアポは相手からして見れば
迷惑極まりない行為です。

頼んでもいないのに
一方的に電話をして来て、

「話しを聞いてほしい」
「会ってほしい」と
お願いされるのですから、
迷惑と思うのは当然です。

そこで、
テレアポする時のコツです。

相手にプラスになる話しであれば、
聴く耳を持ってくれると言うことです。

今までは売り込みの話しが多く、
断わられるケースが多かった訳ですが、
これからは違います。

「そうでなんですか、
それは知らなかったですね、
その話しを聞かせてください。」

と言ったように
相手から「もっと話しを聞きたい、」
と思わせる工夫をすれば良いのです。

そうすれば
アポも取れるようになります。

ポイントは、
「その話しをもっと聞きたい」
と思わせる工夫をすること。

あなたもそう思わせるように、
工夫して見てはいかがでしょう。

今まで以上に
アポイントが取れるようになりますよ。

その新規開拓で見込み客が出来ない・・・
テレアポや飛込み訪問で結果の出る方法を知りたい、
あるいは新しい営業方法を使って見たいと言う方は
こちらにも「最新の営業ノウハウ」がありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポでアポが取れない時、このように「トークを工夫」するとアポが取れる [テレアポ]

今使っているテレアポトークではアポイント取れない、
と悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

それだけアポが取りづらいと言うことなんですが、
では、アポを取るために何か工夫していますか?と聞くと
ほとんどの方は「やってはいるんですが」とおっしゃいます。

自分では工夫しているのにアポイントが取れない・・・
さらに工夫して電話して見るけどやっぱり取れない・・・
どうしたらいいのかと分からなくなっている・・・

あなたもこのような迷路に陥っていませんか?

なぜアポイントが取れないのかと言うことですが、
原因は簡単なところにあります。

それは工夫する視点がずれているために
どこにでもある代わり映えのしないテレアポトークに
なっているからです。

つまり、
いつもかかって来るテレアポとなんら変わらない電話なら
「またいつもの電話か、それなら断っても関係無いだろう、」
と思う方が増えるからすぐ話しが終わってしまうのです。 

話しを聞くのも面倒だと言うことになるんですね。

自分は初めて電話するのに何で?と思う方もいるでしょうが、
相手にして見れば「またその話か」になってしまうのです。

なんの工夫もせずに商品やサービスの説明しても
アポが取れないのはそこに原因があったのです。

あなたもいつも通りの商品やサービスの説明しているならば、
そのトークでは思うようにアポイントは取れません。

どのようにしたらアポイントが取れるのか?と言うことですが、
商品やサービスの説明をしても話しを聞いてくれないのですから
そこは違った攻め方をするしかありません。

それは、相手に興味を引き立てるトークを与えること。

商品を説明するにしても普通に紹介していては
誰も素直に話しを聞いてくれないのですから、
そこは話しを聞いて貰えるように視点を変えます。

▼たとえば、
───────────────────────────── 
広告代理店の営業マンが広告を掲載してくれる会社を探すために、
営業の電話をしたとします。

▽通常の営業トークであれば、
……………………………………………………………………………
「広告を掲載するとこれだけ反響が見込めるのでいかがですか?」
……………………………………………………………………………
と言ったトークなるとそれでは売り込みの電話ですから、
「今は予定が無いので」と言われておしまいです。

▼そこで、このように視点を変えて話します。
……………………………………………………………………………

「売上げアップに実績ある広告枠がありまして、
同じ様な業種の会社では前月比120%達成した広告です。

ですが、
掲載できるスペースの関係で受付した順番で決まってしまいますので、
考えて頂ける会社様には“この順番でお話しさせて頂きますが、
”いかがなさいますか?」
……………………………………………………………………………

と言った感じで、
「今決めないと他に持って行かれてしまいますが、
御社はどうしますか、」と言ったように
自分らに必要な話しだと思わせます。

そうすると必要の無い話しが必要だと思うようになりますから、
今までのようにすぐ断られることも無くなります。

いかがですか、
同じ工夫でもちょっと視点を変えることで
違った展開にさせることも出来るのですから、
今のテレアポトークをアレンジして見てはいかがでしょう、

効果の違いに驚きますよ、
あなたの健闘をお祈りいたします。

その視点を変えたトークの作り方を知りたい、
あるいは飛び込み訪問や新しい営業方法を探している方は、
こちらにも「最新の営業ノウハウ」ありますので
ご覧ください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

相手から「その話を聞きたい」と言わせるテレアポトークの工夫 [テレアポ]

テレアポするとほとんど断わられると言っても
過言ではありません。

それだけ同じような電話がかかって来ますし、
色々なセールスの電話もかかってきますから
電話を受ける側も拒絶するのは当然なことです。

そうするとテレアポする側は
何とかアポイントや見込み客を見つけるためにと
あらゆる工夫をして話しを聞いて貰えるように
必死に電話をかけてきます。

その繰り返しになる訳ですから、
電話される側はたまったものではありません。

たとえばこんな電話がかかってきたとします、
……………………………………………………………… 
営業「今の(    )よりも性能が良くなっておりますし、
   金銭的にも負担無くできるようになっていますので
   この機会に(    )を見直して見ませんか? 」
………………………………………………………………

このような感じで一方的に言われても、
何度も聞かされている話しですから断わって来ます。

なぜなら、
電話されている側が受け身の状態だからです。

受身=警戒と言う図式です。

つまり、相手の気持ちが受け身のままですと
いくら上手いことを言っても話しに乗ってきませんし、
反対に話しをされればされるほど相手は引いていきます。

それだけ警戒心が続くと言うこともありますし、
面倒だと思う気持ちが頭の中で一杯になるからです。

では、どのようにしたら話しを聞いて貰えるのか?
と言うことになる訳ですが、

それは相手の気持ちを
受け身から「乗り気」にさせることです。
(乗り気とは興味を持った状態です。)

そこで、相手に乗り気にさせる工夫です。

たとえば「今までの話しとは違う、」
と言った印象を与えるようにします。

今までのテレアポは
…………………………………………… 
・アポを取りたい、
・話しを聞いてくれる人を見つけたい、
…………………………………………… 

と言った気持ちが強かったために
一方的に話しを押し付けてしまい拒絶されていました。

自分の欲求を通そうとするから
断られていたのです。

そこで「解決方法」です。

今まで嫌われていたのは
自分の欲求を通そうとしていたからなので、
これからは「相手の欲求」を引き出すようにします。

相手の欲求とは
「その話しを聞かせて欲しい」と言った
状態にしてあげることです。

…………………………………………………………
相手に乗り気にさせてさらに欲求を満たしてあげる。
………………………………………………………… 

これの繰り返しが出来れば成功したのも同然です。

今までは何とかしてアポを取ろうとしていた為に
入り口の段階で断わられていました。

しかしこれからは違います。

相手から「その話しを聞かせてほしい」
と言わせることが出来るのですから。
活路を見い出すことも可能になるからです。

どうぞ、あなたも「その話しを聞かせて欲しい」
と言わせる工夫をして見てはいかがでしょう。

その工夫が出来れば
違った結果を残すことも可能になります。

どうぞ、お試し下さい。
あなたの健闘をお祈りいたします。

その工夫をそうすればいいのか知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践で使える営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新のノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポが苦手だと思っている方へ、この方法なら気軽に電話できるようになる [テレアポ]

新規開拓でテレアポが苦手だと言う方は
たくさんいらっしゃいます。

何度電話しても断わられることが多く、
まともに話しを聞いてもらえないからですが、

そもそもテレアポの目的は、
商品やサービスの必要性を理解してもらい、
そして詳しい内容については
会って話しをしましょう・・・

と言った約束を取り付けることですが、
相手にすれば話しを聞いたら契約させられる?
と思ってしまうので断ってきます。

すぐ電話を切られるために
テレアポが苦手だと言う方が多いのです。

そんなテレアポが苦手に思っている方に、
気軽に出来る方法があります。

基本的にテレアポは
断わられることについて避けて通ることは
出来ません。

断わられるたびにな思いを引きずることが多く、
電話する気力も無くなってしまう訳ですが、
そこで考え方の発想です。

電話をするのは自分ですが、
話しをするのは商品やサービスを勧める
その道のプロのアドバイザーがしている・・・
と思って電話をします。

すると断わられたのは自分ではなく
電話をしたプロのアドバイザーなのですから、
話しを聞く聞かないのは相手次第だと
思えば良いのです。

このように電話をする意識を変えるだけで
何件断わられても気にすることはありませんし、
苦痛に思うこともありません。

なにしろ断わられているのは自分では無いからです。

このように考えれば気軽に電話出来るようになりますし、
苦痛に思うことも無くなりますのでもう大丈夫です。
どんどん電話して見てください。

今以上にアポイントが取れるようになりますよ、
どうぞお試しください。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポでアポが取れない時、「最初のアプローチ」を工夫すると相手の反応も変わる [テレアポ]

テレアポで苦労するのは
話し途中で電話を切られることが多く、
思うようなアポイントが取れないことです。

その理由としては毎日のように
テレアポや営業電話がかかってくるだけに
誰しも聴く耳を持たないのが原因だからです。

そんな状況であっても
1件でも多くアポイントを取らないことには
営業成績を上げることは出来ませんから、
そこはなんとかしなくてはいけません。

そこでテレアポする時のコツですが、
最初のアプローチ段階で興味あるかどうか?

そこの部分が分かれば良いのですから、
自分の商品やサービスを売り込むのではなく、
相手に必要かどうかを確認する・・・
と言った形で攻めて見てはいかがでしょう。

たとえば今までのテレアポは商品を売りたいために
その商品が持つメリットを説明して来ましたが、
それでは誰も素直に話を聞いてくれません。

なぜなら話しを聞いたら売り込まれる・・・
と分かっているからです。

そこでこれからのテレアポは
次のような流れで反応を見るようにします。

「( 商品・サービス名 )について
確認したいことがありまして電話しました。
すぐ終わりますので宜しくお願いします。」

と言った流れで話しを持っていくと
そのまま会話を続けることも出来るようになります。

なぜなら今までの電話とは違い、
「確認とは一体何のことだろう? 」
と思わせることが出来るからです。

あとは話しの流れで
会話を続けることもできるようになりますから、
最初から電話を切られることも少なくなります。

そしてその後も会話が続いたら
売り込みの電話だと思わせないようにしながら
話しのストーリーを組み立てるようにします。

これでアポイントが取れるようになります。
どうぞ参考にして見てください。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポに代わる営業方法で「見込み客」を見つけることが出来る方法 [テレアポ]

保険の新規開拓で営業する場合、
色々な営業手法があります。

たとえばテレアポや飛び込み訪問、
あるいは紹介営業や職域営業と言ったように
営業手法は色々とある訳ですが、

その中で保険のテレアポは
会社に居ながら電話する事が出来ますので、
その場で資料送付の許可を頂くことも
中には契約につながることもありますから、
時間の効率面から有効な方法でした。

ですが、保険会社によっては
電話での募集行為を禁止するところや、
電話内容の記録を義務づけると言った
制約を設けている会社もあります。

それだけ電話で行なう募集に対する規制が
年々厳しくなっていると言う現実が
あるからです。

そうなると電話での営業が難しいとなれば、
それに代わる方法で何とかしないとなる訳ですが、
そう簡単にいかないのも現状です。

時間と費用をかけずに出来る方法は
そう簡単に見つからないからです。

そこで今までの営業方法に代わる、
あるいは「それ以上の効果的方法」として
見込み客を開拓する事が出来るとしたら、

あなたもその方法を
試して見たいと思いませんか?

そこで保険の新規開拓でお困りになっている方や
効率よく契約を決めたいと思っている方に
今すぐ使える効果的営業手法がありますので
こちらをご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

何度電話してもアポイントが取れない時、この工夫をすればアポが取れるようになる [テレアポ]

あなたが使っているテレアポトークは
会社で用意されたトークでしょうか?
先輩から教えられたトークでしょうか?

「いや、自分で考えたトークで電話しているよ、」
とおっしゃる方もいるでしょう。

もちろんどのようなトークでもかまいませんが、
今のトークで結果が出ているのか?・・・
と言うことです。

最近は経費削減のため外回りではなく、
電話を使って営業する会社も増えているため
当然、毎日のようにセールスの電話が来ますから、
受ける側も警戒しているのが現状です。

すると以前にも増して拒絶反応が見られるようになり、
アポイントが取りづらいと言うのが現状です。

それだけ拒絶されることが多いテレアポですが、
もし相手の断りを回避してアポが取れるようになれば
あなたも苦労しないと思われますが
いかがでしょう。

そんなあなたのために、
テレアポの「ポイントになるコツ」を
いくつかご紹介したいと思います。

まずは会社に電話する例として
よくありがちなトークをご覧下さい。
……………………………………………………………

営業「お忙しいところ恐れ入ります。
  (   )会社の(   )と申しまして、
  (      )のご案内で電話したのですが、
   社長様はいらっしゃいますでしょうか?」

事務「その件でしたら間に合っていますので、」

営業「そうですか、
   分かりました、失礼します・・・」

……………………………………………………………

このように電話しても
すぐ断られることが多い訳ですが、

なぜこのトークで断られてしまうのか、
あなたはお分かりになりますか?

それは・・・
「自分からテレアポの電話です、」
と相手に伝えているからです。

たとえば、
「お忙しいところ恐れ入ります」と言った入り方は
丁寧な印象を与えるように思われますが、

相手にして見ればそう言った電話をして来るのは
ほとんどが営業電話だと分っていますから、
話しを聞かずにすぐ断られてしまうのです。

そしてもう1点は、
「(    )のご案内で電話したのですが・・」
と用件を述べている点です。

これでは売り込み電話だと思われるのは当然ですから、
相手が断わって来るのは当然です。

つまり、相手が断わってくると言うのは、
あなたが言わせていると言うことなのです。

このようなトークをしている限り
何度電話してもキーマンに取り次いでもらえませんし、
挙句には取次禁止と言う扱いを受けかねません。

では、どのようにすれば良いのか?

それは最初に電話に出た方に対して
自社にメリットがある話しだと思わせるようにすること。

そうすればすぐ電話を切られることもありませんし、
社長につないで貰うことも期待出来るようになります。

このようにテレアポで成功する秘訣は
メリットや恩恵が受けられる話しだと言うことを
相手に分かりやすく伝えることです。

受付や事務員も自社にとって有益な話しと分かれば
「少し話しを聞いて見ようかな・・・」
と次の展開へ進ませることも可能になります。

もし、あなたも
何度電話してもアポイントが取れない時は、
今のトーク内容を工夫して見てはいかがでしょう。

きっと効果も違って来ますよ。

その効果的なテレアポトークの内容を知りたい、
あるいは新規開拓や飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポで社名や用件を言った途端すぐ断わられる時、ここを工夫すると話を聞いて貰える [テレアポ]

テレアポしている時に困るのが、
社名や用件を言った途端に
「そう言った話しは間に合ってますから、」
と簡単に終わってしまうことです。

このようなことが続いてしまうと
電話する気力も無くなってしまいます。

そこで解決策です。

すぐ断わられるのは
最初の入り方にあると言うことは
みなさんもご承知の通りです。

投資の例で言えば、
「資産運用の・・・」と言った時点で
「その話しなら間に合ってますから、」
と断わられてしまいます。

「資産運用の」と言っただけで断わられる・・・
これでは先に進みません。

なにしろ
「資産運用」と言ったキーワードを聞くと
「投資」と言う言葉が連想してしまうからです。

つまり投資の話しを聞いてしまうと
大事なお金を取られてしまう?・・・
と言った連想になり警戒されてしまうので、
誰も話しを聞きたがらないのです。

と言うことは、
そのイメージを変えることが出来れば
話しを聞いてくれる人が増える・・・
と言うことになります。

ここに解決策のヒントがあります。

同じ投資の話しでも言葉のイメージを変えることで
相手に聴く耳を持たせる事も可能になりますので、
そこを工夫すれば良いのです。

今まではどのように工夫しても
まったくアポイントが取れなかった方でも
入り方を工夫するだけで結果を変えることが
出来るようになるのですから
あなたも試して見てはいかがでしょう。

その投資などにも使えるテレアポトークが知りたい、
あるいは新規開拓の方法を知りたいと言う方は
こちらにも『実践で使えるノウハウ』がありますので、
ご覧下になってください。

初心者でも最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

法人相手にテレアポする時、ちょっとしたコツで相手につないで貰える工夫 [テレアポ]

新規開拓営業に役立つ最初の入り方です。

まずは法人営業で苦労するのは、
受付や事務員の段階で終わってしまい
社長や担当者のまで話しが通らないことです。

特に保険の場合は
すでに契約が決まっていることが多いため
話しを聞いてくれる先が少ないのが現状です。

そこで法人営業で使えるちょっとしたコツを
ご紹介したいと思います。

まずは労災保険の件で電話する例をご覧下さい。
………………………………………………………
営業「お世話になります。
   (  )生命の(  )と申しますが
   社長さんいらっしゃいますか?」

受付「どのようなご用件ですか?」

営業「はい、労災保険の件で電話したんですが、
   会社の経費削減にも関係するお話ですので
   社長さんお願いできますか?」
………………………………………………………

と言った入り方ですと
「保険の用で電話して来たのか?」
と事務員に警戒されてしまうだけです。

そうすると他の営業電話と一緒の扱いをされてしまい、
目指す相手まで通してもらえなくなります。

そこでちょっとしたコツです。

最初の段階ですることは
何の用件で電話したのかをさりげなく伝えて
相手までつないで貰えるようにすることです。

警戒されないようにするのが
ポイントです。

では、実際にどのようにすれば良いのか、
こちらのトークをご覧下さい。
……………………………………………………
営業「こんにちは、
   (  )生命の(  )と申しますが、
   お世話様です。

  “労災保険”の件で電話しました、
   社長さんお願いします。 」
……………………………………………………

このように端的に言い切ってしまえば
いかにも「社長に用事があって電話をした・・」
と言った雰囲気が相手にも伝わりますから、
電話をつないでもらうことも可能になります。

ポイントは相手によけいな警戒心を起こさせずに、
すんなりと電話をつないで貰うこと。

それが次に進ませることになりますから、
言い切って見るのも大事だと言うことです。

どうぞお試しください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、


あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif

コメント(0) 
共通テーマ:仕事

テレアポが気軽に出来る方法、それは自分の「心理」を利用すること [テレアポ]

新規開拓でテレアポする時に
緊張や不安で思うように電話することが出来ない・・
と悩んでいる方がいらっしゃいます。

これは何も特別なことではありません。

誰でも最初の頃は緊張や不安もありますが、
普通は慣れて来るに従って電話に対する恐怖心は
無くなって来るものです。

ですが慣れたと思っても
ちょっとした断わりを受けただけで
また同じような恐怖心が出てくると言う
ケースもあります。

このように電話に対する恐怖心と言うものは、
頭では理解していても理屈では説明できない
部分があるのです。

そこで心理学からこのような恐怖心が起こる
メカニズムを分析したいと思います。

大きく分けて、
(1)何を話したらいいのかと言う準備不足から来る不安
(2)相手が誰なのか分からないと言う影におびえる不安
(3)断られたらどうしようと言うイメージに対する不安

と言った不安から来るものがあります。

(1)の何を話したらいいのか分からないと言う不安は、
応酬話法も含めて答えられない質問をされたらどうしよう
と言った不安があるために、心の準備不足から受け答えに
おどおどしてしまう状態です。

(2)の相手が誰なのか分からないと言う不安は、
電話でしか話しをしていない訳ですから相手が誰なのか
分からないと言うのは当然のことです。

(3)の断られたらどうしようと言うイメージに対する不安は、
最初から断られている自分の姿を頭の中で想像してしまう為に
電話する前から恐怖心が大きくなっている自分がいる状態です。

しかしこれらの恐怖心は
あなた自身が勝手に作っている妄想だと言うことに
早く気付くべきです。

事件は署内で起こっているんじゃない、
現場で起こっているんだ、と言う刑事ドラマがあるように、
テレアポでも同じことです。

テレアポの断わりは
電話する前から起こっているのではありません。

現場の相手に聞いて見ないと分からないのですから、
その確認をするための電話だと思う事が大事なのです。

自分が勧める商品やサービスが必要かどうか?
その答えを訊くために電話するんだと思えば気も楽になります。

そうすれば電話に対する恐怖も無くなりますし、
どんな断わりがあっても心を強く持てるようになります。

どうぞお試しください。
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - テレアポ ブログトップ