So-net無料ブログ作成
検索選択
飛び込み訪問 ブログトップ
前の10件 | -

飛び込み訪問で断わられても「次につながる営業ツール」を置いてくると相手の反応も変わる [飛び込み訪問]

飛び込み訪問でよくあるパターンです。
……………………………………………………

営業「こんにちは、
  (   )会社の(  )と言います。
  (   )のご案内でお伺いしたんですが・・・」

相手「ああ~
   今のところ間に合ってますので・・・」

営業「そうですか~
   わかりました、失礼します。」

……………………………………………………

と言った感じで断わられることも多い訳ですが、
あなたはこの後どのような行動していますか?

断わられたのだから他に行って訪問をする、
となるのが一般的な行動ですが、
そのまま終わっていては何の進展もありません。

実はあなたが勧める話しを断わっているのかと言えば、
そうではないからです。

多くの場合は
「営業の話しだから適当に断わっておけ、」
と言った程度で断わっているケースが多いからです。

その証拠に、
「あの時は必要としなかったけど、
 後から来た営業マンに勧められてね、
 それで必要かなと思って
 契約してしまったんですよ。 」
と言ったこともよくあるからです。

そこで相手から断わられた時でも
次につなげる方法です。

それは、
「今のところ間に合ってますから・・」
と言われても諦めずに、

あなたの想いを載せた
「後で読ませる営業ツール」を相手方に
置いてくるようにします。

こんな感じです。
………………………………………………………

相手「今のところ間に合ってますので・・・」

営業「そうですか・・・分かりました、
   それではこちらのお役立ち情報を
   置いていきますので、
   後でご覧になってください。

   (   )についてなんですが、
   意外と知らない方も多いんですね。

   お忙しいところありがとうございました。
   失礼します。」

………………………………………………………
と言って後、
名刺と一緒に営業ツールを置いて来るようにします。

そうすれば相手の考えが変わった時に
あなたのことを思い出すキッカケになるのですから、
断わられた後でもチャンスは残っていると言うことです。

相手が他の営業マンにも断わっていると言うことは、
同じ営業のあなたも諦めてしまったように
他の営業マンもその後積極的に営業していない
と言うこともあるので、

たとえ相手から断わられたとしても、
諦めずに可能性を残した営業することで
その後の展開も変えることが出来るのです。

あなたの想いを載せた営業ツールで、
(お役立ち情報、商品の開発秘話、商品の想い入れなど)
次回の訪問もしやすくさせることも出来ますので
試して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif




 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

法人相手に飛び込み訪問する時は「周りを意識しながら営業する」と結果も違ってくる [飛び込み訪問]

新規開拓で断わられることが多く、
結果が出ないと悩んでいるあなたに
ちょっとした使えるノウハウです。

たとえば会社関係に
飛び込みで訪問営業したとします。

営業する先と言えば
必然的に中小企業が多くなりますから、
受付と言うよりも事務員が対応する事も多く、
当然、その様子は周りいる社員にも
見えることになります。

そこへあなたが何の用件で訪問したのか、
受付てくれた事務員に説明する訳ですが、
その話しなら間に合っていると言ったように
簡単に断わられてしまいます。

ここがポイントです。

その断わっている場面の中で
営業マンがどのような行動をするのか、
それを見ている社員がいると言うことです。

たとえば営業マンから持ちかけられた話しは
今すぐ必要とするものではありませんし、
今すぐ決断しなくてはいけないと言う事も
ありません、

それゆえ、
「その話しなら間に合っているので・・」
と断わることが多い訳ですが、
 
その時に営業マンがどのような出方をするのか、
何気なく観察している社員がいるのです。

営業マンがそのまま引き下がるのであれば
その程度の用件しか無いと言うことになりますし、

さらに真剣に営業してくるようであれば、
話しくらいなら聞いてもいいのでは・・・
と思う方も出て来ます。

どれだけの話しを持って来たのか、
断わられた後の行動を何気なく観察しながら
営業マンの資質を見ているのです。

当然、その場には社員以外にも
代表である「社長」もいるでしょうし、
事務員が実は社長の奥さんだった
と言うこともよくあることです。

このように営業マンとしての資質を
周りから試されていることもあるのですから、
1度位断わられるのは当たり前と言うことで
あきらめずに営業続けることが大事なのです。

そうすれば断わりに対する恐怖も無くなりますし、
断わられた次の作戦を用意しておくことで
新たな展開へと進ませる事も可能になります。

どうぞ、お試し下さい。
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたい方は、
こちらに参考になるノウハウがありますので
ご覧下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif




 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で断わられても次回の訪問につながる「営業のコツ」 [飛び込み訪問]

新規開拓で飛込み訪問すると
ほとんど断わられることが多いために
苦労している方も多いはずです。

そんな飛び込み訪問で断わられても
次につながる訪問の仕方があります。

まずは会社に訪問して断わられるパターンです。
………………………………………………

営業「失礼します、
   (  )会社の(  )と言いますが、
   お世話様です。
   今度新しい通信サービスが出ましたので
   そのご案内でお伺いしました。
   通信担当の方はいらっしゃいますか?」

事務「その話しなら間に合っていますので・・」

営業「あ、そうですか・・・
   わかりました、
   失礼します。 」

………………………………………………

このような感じで
簡単に断わられることも多い訳ですが、
その後どのような行動をしているかで
次回の訪問展開も変わって来ます。

たとえば今回断わられたのだから、
これ以上攻めてもムダだろうと言うことで
他を回る方もいます。

ですが、相手が断わっているのは
あなたが勧める商品やサービス内容を
よく理解して断わっているのでは無い、
と言うことをご存知でしょうか?

多くの場合は
「営業だから断わっているだけ、」

と言った理由で
断わっているケースが多いからです。

その証拠に
後で行って見たら他社と契約をしていた、
と言うこともよくあります。

そこで飛込み訪問する時のコツは、
断わられた時にこそ次につなげる工夫をすること。

たとえば
「今のところ間に合っていますので・・」
と言われた時は、

相手が気になるような言葉を伝えて
関連する情報を置いてくるようにします。

こんな感じです。
…………………………………………………

相手「今のところ間に合っていますので・・」

営業「そうですか
   分かりました、

   ちなみにこちらの新しい通信サービスなんですが、
   (   )について意外と知らない方も多いので
   教えてあげると喜ばれる方も多いんですね。

   参考になる資料を置いていきますので、
   後でご覧になってください。

   お忙しい所ありがとうございました。
   失礼します。」

…………………………………………………

と言ったように
名刺と一緒に相手が気になる情報ツールを
置いて来るようにします。

そうすれば断わった相手でも
残してきた「情報ツール」を見ることで
考えが変わることもありますし、

次回訪問した時にきちんと会って
話しを聞いてくれることもありますから、
たとえ断わられたとしても次回につながる
言葉やツールを工夫することも大事なのです。

あなたも可能性を残す営業をして見て下さい、
健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について、
実践的な『最新の営業方法』を知りたい方は
こちらをご覧下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で受付やインターホンを攻略する方法 [飛び込み訪問]

新規開拓で飛び込み訪問をする場合、
結果を残すにはどうしたらいいのか?
と悩んでいる方のために、

今回は飛び込み訪問について
効果的な訪問が出来るノウハウを
ご紹介したいと思います。

まずは個人宅や会社関係に訪問しても、
・インターホンで断わられてしまう・・・
・キーマンに取り次いで貰えない・・・
・会話を続けるトークが出てこない・・・

このような状況が続いてしまうと
飛び込み訪問を続ける気力も無くなりますし、
結果を残すこともできません。

そこで思うような結果が出ない時は
飛び込み訪問のやり方を変えて見ると言うのも
ひとつの方法です。

たとえば、
・訪問リストを変えて見る、
・訪問する時間帯を変えて見る、
・今使っている訪問トークを変える、

このような形で
今までとは違う工夫をして見ます。

新鮮な気持ちで訪問することが出来ますし、
今までの嫌な流れを変えることも出来ますから、
新たな可能性を見つける意味でも
試して見る価値はあります。

さらに相手の興味を引きつける訪問トークが
思いつかなくて困っていると言う場合は、
このような工夫をして見てはいかがでしょう。

その工夫と言うのが、
「自分を相手に立場に置き換えて見る、」
と言った考え方です。

たとえば、
「自分ならこう言われたら
 思わず聞いてしまうだろうな・・・」
と言った感じです。

よく見られるのは
扱っている商品の内容やメリットについて
一生懸命説明してしまうことですが、
それでは相手の興味を引き付けることは
できません。

そのような内容ならば
カタログやインターネットで調べれば
誰でも簡単に見ることができるのですから、
いまさら説明されても迷惑だと思うだけです。

大事なのはその商品を手に入れることによって、
自分が喜んでいる未来の姿が見えるように
してあげることです。

人は今の自分よりも
喜んでいる未来の自分が見えれば
それを手に入れたいと思うようになりますし、
たとえ値段が高いと思うような商品であっても
喜んで契約する人が出てくるからです。

あなたも相手に対して
喜んでいる未来の姿が見えるトークを使って、
夢を見させてあげましょう。

そうすれば、
話しを聞いてくれる方が増えるようになりますよ。

どうぞお試し下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって見て下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓の飛び込み訪問で「受付や事務員を攻略できる入り方」 [飛び込み訪問]

新規開拓の飛び込み訪問をしていると、
「その話しなら間に合っているので・・」
と言われることがよくあります。

それだけ訪問してくる営業マンに対して
警戒する方が多いからですが、 

ですが営業マンにして見れば、
「まださわりの部分しか話していないのに・・」
と言いたくなりますよね。

相手側から見れば売り込みにくる営業マンは
来なくてもいい営業マンとしか見ていませんから、
「その話しなら間に合っているので・・・」
としか答えようがありません。

そこで「話しを聞いて貰える工夫」です。

たとえば法人相手に飛び込み訪問する場合、
ネックとなるのは受付や事務員です。

会社には色んな営業マンが来ますので、
受付や事務員で営業とみなされた場合は
「その話しなら間に合ってますので・・」
とお断りするケースになってしまいます。

ここがポイントになります。

「その話しなら間に合っているので・・」
と言われると言うことは、

あなたの話しは
「他の営業マンと同じだ」と判断されている
と言うことになるからです。

ならば、他とは違う入り方で話しをすることが出来れば
今までとは違う反応にさせることが出来る
と言うことになりますよね。

たとえば、
「この話しは社長に通さないといけない、」
「この判断は社長でないと分からない、」
と言ったように思わせるようにすると
結果も変わるようになります。

でも実際は、
・色々工夫しているがうまく行かない
・どのように入っていけばいいのか分からない
と言ったように悩んでいるのが現状ですよね。

そこで飛び込み訪問に使える入り方や
効果的な営業トークが欲しいと思っているあなたに、

今までと違った入り方をすることで
受付や事務員を攻略して社長まで話を通してもらえる
そんな飛び込み訪問が出来る入り方がありますので、
こちらを参考にしてください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓の営業に使える「飛込み訪問の営業トーク」なら受付や事務員も攻略できる [飛び込み訪問]

新規開拓の営業をしていると、
「その話しなら間に合っている・・・」
と断わられることもよくあります。

それだけ同じような営業の話しや
売り込みの営業が多く見られるために
話しを聞くのも面倒だと思う方が多い訳ですが、

営業マンにして見れば、
「その話なら間に合っていると言うけど、
他と一緒にしないでほしい・・・ 」
と言いたくもなりますよね。

ですが相手側にして見れば
営業マンは営業マンとしか見ていませんから、
「ああ、その話ね、
今のところ間に合っているから・・・」
としか答えようがないのです。

ではどのようにしたら
話しを聞いてもらえるようになるのか?

そんな営業で苦労しているあなたに
ちょっとしたコツで話しを聞いて貰える
ノウハウをご紹介したいと思います。

まずは会社関係に飛び込み訪問をする場合ですが、
目指す相手は会社の社長とします。

ここでネックとなるのは
最初に出てくる受付や事務員です。

会社には色んな営業マンが来ますので、
受付や事務員サイドで受付けるかどうかの
判断をする訳ですが、

ほとんどは今すぐ必要としない事が多いだけに
「その話しなら間に合ってますので、」
とお断りするケースになってしまいます。

ではあなたらどのようにして
話しを聞いて貰える工夫をするでしょうか?

ここがポイントになりますが、
「その話しなら間に合っている」と言われるならば
あなたの話しは他と同じだと判断されている?
と言うことになります。

であるならば、
他とは違う入り方で話しを振ることが出来れば
あなたの話しを聞いてくれることになる・・・
と言うことになります。

たとえば、
「この話しは社長に通さないといけない、」
と思わせる、もしくは
「この話しの判断は社長でないと出来ない、」
と思わせるように持って行くことです。

あなたも受付や事務員にそう思わせるだけの
話しの入り方をしているでしょうか?

でも色々工夫しているがうまく行かない、
あるいは飛込み訪問で使える営業トークが分からない・・・
と思っているあなたに、

今までと違った入り方をすることで、
受付や事務員を攻略して社長まで通してもらえる
そんな飛び込み訪問に使える営業トークがありますので
こちらを参考にして見てください


初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で大事なのは自分の勧める商品を説明することでは無く「相手との距離を縮める」こと [飛び込み訪問]

飛び込み訪問する時に大事なのは
自分が勧める商品の説明をすることでは無く、
相手の考えや本音を引き出すこと。

もちろん、商品の説明は必要ですが、
それ以上に相手との距離を縮めることが
大事なのです。

今まであなたが取って来た行動を
思い返してください。

商品のメリットや使い勝手と言ったように、
自分だけが必死に説明していませんか?

それでは相手から警戒されるだけで
それ以上の進展にはなりません。

契約を取りたいのなら警戒心を取り除き、
そして相手との距離を縮めるように
話しを持っていくことです。

そうすると
「売りつけられるのでは無いのか?」
と言った不安を無くすことが出来ますし、
余裕を持って話しを聞いて貰えるようになります。

さらに、もうひとつのポイントです。

商談が終わった後に
次のアポイントも必ず取ること。

これも鉄則です。

「後で連絡しますから、」
と言った流れにしてしまうと
次の機会が無くなってしまいます。

その理由として多いのは
相手の気持ちが冷めるから。

そこで次回のアポを取るコツは
話しの中で出た会話からひとつでもいいので
話題になるような案件を見つけて、
……………………………………………
営業「先ほどの(  )ですが、
   ちょっと調べて見ますので、
   来週の(  )曜日頃にでも
   またお持ちしたいと思いますが、
   その頃はいらっしゃいますか? 」
……………………………………………
と言いながら次のアポイントを
さりげなく取るようにします。

その繰り返しをすることで
相手に好印象を与えることが出来ますし、

たとえ本人から契約をもらえなくても
知り合いの方を紹介してくれることも
期待できるようになります。

自分と言う人柄を印象付けるには
継続した接触をすることが大事であり、

実際、売れている営業マンほど
こうした手法を取っている方が多いのですから、
紹介客が多いのも特徴なのです。

あなたも試して見てください、
きっと結果も変わって来ますよ。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif




コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓の「飛込み訪問」で苦労している方へ、この訪問の仕方なら断られる件数も減り結果も出る [飛び込み訪問]

新規開拓で苦労している方へ、
飛び込み訪問で結果を出せるコツです。

まずは個人宅へ飛び込み訪問すると、
「その話なら間に合っている・・・」
「うちは必要ないから・・・」

と言ったように
インターホンで簡単に断わられてしまいます。

そこであなたに質問です、

飛び込み訪問する時に
どのような意図を持って営業していますか?

たとえば、
・商品を売り込む前に自分を売り込め、
・周りの雰囲気からほめる箇所を見つけろ、
・相手の興味を見つけてそこから話題を作れ、
・一度断わられてもあきらめるな、

と言った感じであなたも訪問しているとしたら、
相手にして見れば話しを聞くのも面倒くさいと
思われていると言うことです。

なので「うちは必要ないから・・・」
と簡単に断わられてしまうのです。

これでは結果を出すことはできません、
そこで効果的に気軽に飛び込み訪問できる工夫です。

それが、
「情報収集する営業」と言った工夫です。

情報収集する営業と言うのは、
最初から商品を売り込むのではなくて
相手の状況を幅広く収集することによって
あなたと言う人間性を知って貰うようにする為の
訪問する工夫です。

あなたと言う人間を知って貰う事が出来れば
お互いの信頼関係を築くこともできますし、

自然と肩の力も抜けてリラックスした話しを
することも出来るようになりますから
冷たく断わられる件数も減って来ると言う
効果もあります。

あなたも次につながる訪問の仕方として、
情報収集する訪問をして見てください。

そうすれば辛いだけの営業ではなく、
次の訪問も気軽に出来るようになりますから
結果も出るようになります。

どうぞ、お試しください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにもノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓の飛び込み訪問で「相手から警戒されず話しを聞いてもらえる工夫」 [飛び込み訪問]

新規開拓の飛び込み訪問で苦労するのは、
インターホンで簡単に断られてしまうことや
話しも聞いて貰えず見込み客もできないと言う
現実があることです。

これは個人宅や法人の営業をしている
どの方も苦労している部分ですよね。

そこで話しを聞いてもらえるようにするには
どうしたら良いのか?と言うことですが、

最初のアプローチを工夫することが
相手の警戒心を解くカギになります。

それには売り込みをしないと言う意識で
訪問することです。

たとえば「自分が扱っている商品やサービスを
「売り込まれるかも知れない・・」
と思っている相手に対して、

「そんな心配いりませんよ、
お役に立てる情報を届けているだけですから、
ご安心下さい。」

と言ったスタンスで接すると、
(ああ、売り込みではないんだな、
それだったら話しくらい聞いてもいいかな・・・)

と思ってくれる方も出て来ますから、
そこから会話を続けることも可能になるからです。

何よりも良い話しを聞かせてくれる営業マンとして
あなたのことを見てくれるようになりますから、
その後も良好な関係を築くこともできるように
なることです。

では商品やサービスを売り込まないで
相手に何の情報を与えたら良いのか?・・・
と言うことになりますよね。

そこで飛び込み訪問で上手くいくコツは
売り込みになるような印象を与えるのではなくて、
相手が知り得ていないであろうと思われる情報や
相手の生活に役立つ情報と言ったように、

あなたのためにお役立ち情報を持って来ました、
と言った感覚で接するようにすれば良いのです。

そうすれば嫌がられる売り込みと思われずに
話しを聞いてくれるようになるからです。

あなたもお役立ち提供の営業マンとして、
接して見てはいかがでしょう。

あなたの話しを聞きたいと思う人が増えますよ。
どうぞお試し下さい。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で断られても、ちょっとした工夫で「2回目の訪問」が気軽にできる [飛び込み訪問]

飛び込み訪問で苦労するのは
不在が多かったり居留守を使われることが多く
思うように結果を出すことができない点です。

そんな苦労する飛び込み訪問ですが、
ちょっとしたやり方や工夫を変えるだけで
次につながる訪問の仕方がありますので、
その方法をご紹介したいと思います。

まずはインターホンのコツです。

たとえばインターホンを押す前に、
「また断わられるかも知れない・・・」
と頭の中に思い浮かべる方もいますが、
そんなことはありません。

なぜならたとえ今回断わられても
次も断わられると決まっている訳では
ないからです。

話しを聞くか聞かないかと言うのは
その時の気分や状況によっても違いますし、
それに今回冷たく断わられたとしても
次につながる種をまいておくだけで
すんなり行くケースもあるからです。

この種をまくと言うのは
どう言うことなのかと言うと、
断わられた時に良いイメージを残す、
と言った工夫です。

断られた時こそ、
去り際をさわやかにするのが大事です。

ご存知のように飛び込み訪問の多くは
簡単に断わられることが多いです。

その理由としては突然の訪問ゆえに
見知らぬ人には警戒する方が多いので
断わる方が多い訳ですが、
ここがポイントです。

知らない人には警戒すると言うこと。

それなら「知っている人」になれば
相手の警戒心を変えることも出来るのです。

そこで相手の警戒心を和らげるたには
どうしたら良いのか?と言うことになりますよね。

その工夫と言うのが
去り際に良いイメージを与えておくことで
相手もあなたのことを覚えてくれますから、
次に訪問した時に会ってくれることも
期待できると言う訳です。

知らない人から知っている人になれば、
「ああ、この間の人ね・・・」
と言ったように思い出してくれますから、
話しを聞いてくれる人も出てくるようになります。

このように飛び込み訪問を成功させるコツは、
断られた時にこそ相手に良いイメージを
残すことが大事なのです。

営業は一度きりの結果で終わりではありません。

次のチャンスもあるのですから、
2回、3回と再訪できるように工夫することが
営業で結果を出す秘訣になります。

どうぞお試し下さい。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにもノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - 飛び込み訪問 ブログトップ