So-net無料ブログ作成
検索選択
飛び込み訪問 ブログトップ
前の10件 | -

新規開拓の営業に使える「飛込み訪問の営業トーク」なら受付や事務員も攻略できる [飛び込み訪問]

新規開拓の営業をしていると、
「その話しなら間に合っている・・・」
と断わられることもよくあります。

それだけ同じような営業の話しや
売り込みの営業が多く見られるために
話しを聞くのも面倒だと思う方が多い訳ですが、

営業マンにして見れば、
「その話なら間に合っていると言うけど、
他と一緒にしないでほしい・・・ 」
と言いたくもなりますよね。

ですが相手側にして見れば
営業マンは営業マンとしか見ていませんから、
「ああ、その話ね、
今のところ間に合っているから・・・」
としか答えようがないのです。

ではどのようにしたら
話しを聞いてもらえるようになるのか?

そんな営業で苦労しているあなたに
ちょっとしたコツで話しを聞いて貰える
ノウハウをご紹介したいと思います。

まずは会社関係に飛び込み訪問をする場合ですが、
目指す相手は会社の社長とします。

ここでネックとなるのは
最初に出てくる受付や事務員です。

会社には色んな営業マンが来ますので、
受付や事務員サイドで受付けるかどうかの
判断をする訳ですが、

ほとんどは今すぐ必要としない事が多いだけに
「その話しなら間に合ってますので、」
とお断りするケースになってしまいます。

ではあなたらどのようにして
話しを聞いて貰える工夫をするでしょうか?

ここがポイントになりますが、
「その話しなら間に合っている」と言われるならば
あなたの話しは他と同じだと判断されている?
と言うことになります。

であるならば、
他とは違う入り方で話しを振ることが出来れば
あなたの話しを聞いてくれることになる・・・
と言うことになります。

たとえば、
「この話しは社長に通さないといけない、」
と思わせる、もしくは
「この話しの判断は社長でないと出来ない、」
と思わせるように持って行くことです。

あなたも受付や事務員にそう思わせるだけの
話しの入り方をしているでしょうか?

でも色々工夫しているがうまく行かない、
あるいは飛込み訪問で使える営業トークが分からない・・・
と思っているあなたに、

今までと違った入り方をすることで、
受付や事務員を攻略して社長まで通してもらえる
そんな飛び込み訪問に使える営業トークがありますので
こちらを参考にして見てください


初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        


コメント(0) 

飛び込み訪問で大事なのは自分の勧める商品を説明することでは無く「相手との距離を縮める」こと [飛び込み訪問]

飛び込み訪問する時に大事なのは
自分が勧める商品の説明をすることでは無く、
相手の考えや本音を引き出すこと。

もちろん、商品の説明は必要ですが、
それ以上に相手との距離を縮めることが
大事なのです。

今まであなたが取って来た行動を
思い返してください。

商品のメリットや使い勝手と言ったように、
自分だけが必死に説明していませんか?

それでは相手から警戒されるだけで
それ以上の進展にはなりません。

契約を取りたいのなら警戒心を取り除き、
そして相手との距離を縮めるように
話しを持っていくことです。

そうすると
「売りつけられるのでは無いのか?」
と言った不安を無くすことが出来ますし、
余裕を持って話しを聞いて貰えるようになります。

さらに、もうひとつのポイントです。

商談が終わった後に
次のアポイントも必ず取ること。

これも鉄則です。

「後で連絡しますから、」
と言った流れにしてしまうと
次の機会が無くなってしまいます。

その理由として多いのは
相手の気持ちが冷めるから。

そこで次回のアポを取るコツは
話しの中で出た会話からひとつでもいいので
話題になるような案件を見つけて、
……………………………………………
営業「先ほどの(  )ですが、
   ちょっと調べて見ますので、
   来週の(  )曜日頃にでも
   またお持ちしたいと思いますが、
   その頃はいらっしゃいますか? 」
……………………………………………
と言いながら次のアポイントを
さりげなく取るようにします。

その繰り返しをすることで
相手に好印象を与えることが出来ますし、

たとえ本人から契約をもらえなくても
知り合いの方を紹介してくれることも
期待できるようになります。

自分と言う人柄を印象付けるには
継続した接触をすることが大事であり、

実際、売れている営業マンほど
こうした手法を取っている方が多いのですから、
紹介客が多いのも特徴なのです。

あなたも試して見てください、
きっと結果も変わって来ますよ。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif




コメント(0) 

新規開拓の「飛込み訪問」で苦労している方へ、この訪問の仕方なら断られる件数も減り結果も出る [飛び込み訪問]

新規開拓で苦労している方へ、
飛び込み訪問で結果を出せるコツです。

まずは個人宅へ飛び込み訪問すると、
「その話なら間に合っている・・・」
「うちは必要ないから・・・」

と言ったように
インターホンで簡単に断わられてしまいます。

そこであなたに質問です、

飛び込み訪問する時に
どのような意図を持って営業していますか?

たとえば、
・商品を売り込む前に自分を売り込め、
・周りの雰囲気からほめる箇所を見つけろ、
・相手の興味を見つけてそこから話題を作れ、
・一度断わられてもあきらめるな、

と言った感じであなたも訪問しているとしたら、
相手にして見れば話しを聞くのも面倒くさいと
思われていると言うことです。

なので「うちは必要ないから・・・」
と簡単に断わられてしまうのです。

これでは結果を出すことはできません、
そこで効果的に気軽に飛び込み訪問できる工夫です。

それが、
「情報収集する営業」と言った工夫です。

情報収集する営業と言うのは、
最初から商品を売り込むのではなくて
相手の状況を幅広く収集することによって
あなたと言う人間性を知って貰うようにする為の
訪問する工夫です。

あなたと言う人間を知って貰う事が出来れば
お互いの信頼関係を築くこともできますし、

自然と肩の力も抜けてリラックスした話しを
することも出来るようになりますから
冷たく断わられる件数も減って来ると言う
効果もあります。

あなたも次につながる訪問の仕方として、
情報収集する訪問をして見てください。

そうすれば辛いだけの営業ではなく、
次の訪問も気軽に出来るようになりますから
結果も出るようになります。

どうぞ、お試しください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにもノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        


コメント(0) 

新規開拓の飛び込み訪問で「相手から警戒されず話しを聞いてもらえる工夫」 [飛び込み訪問]

新規開拓の飛び込み訪問で苦労するのは、
インターホンで簡単に断られてしまうことや
話しも聞いて貰えず見込み客もできないと言う
現実があることです。

これは個人宅や法人の営業をしている
どの方も苦労している部分ですよね。

そこで話しを聞いてもらえるようにするには
どうしたら良いのか?と言うことですが、

最初のアプローチを工夫することが
相手の警戒心を解くカギになります。

それには売り込みをしないと言う意識で
訪問することです。

たとえば「自分が扱っている商品やサービスを
「売り込まれるかも知れない・・」
と思っている相手に対して、

「そんな心配いりませんよ、
お役に立てる情報を届けているだけですから、
ご安心下さい。」

と言ったスタンスで接すると、
(ああ、売り込みではないんだな、
それだったら話しくらい聞いてもいいかな・・・)

と思ってくれる方も出て来ますから、
そこから会話を続けることも可能になるからです。

何よりも良い話しを聞かせてくれる営業マンとして
あなたのことを見てくれるようになりますから、
その後も良好な関係を築くこともできるように
なることです。

では商品やサービスを売り込まないで
相手に何の情報を与えたら良いのか?・・・
と言うことになりますよね。

そこで飛び込み訪問で上手くいくコツは
売り込みになるような印象を与えるのではなくて、
相手が知り得ていないであろうと思われる情報や
相手の生活に役立つ情報と言ったように、

あなたのためにお役立ち情報を持って来ました、
と言った感覚で接するようにすれば良いのです。

そうすれば嫌がられる売り込みと思われずに
話しを聞いてくれるようになるからです。

あなたもお役立ち提供の営業マンとして、
接して見てはいかがでしょう。

あなたの話しを聞きたいと思う人が増えますよ。
どうぞお試し下さい。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 

飛び込み訪問で断られても、ちょっとした工夫で「2回目の訪問」が気軽にできる [飛び込み訪問]

飛び込み訪問で苦労するのは
不在が多かったり居留守を使われることが多く
思うように結果を出すことができない点です。

そんな苦労する飛び込み訪問ですが、
ちょっとしたやり方や工夫を変えるだけで
次につながる訪問の仕方がありますので、
その方法をご紹介したいと思います。

まずはインターホンのコツです。

たとえばインターホンを押す前に、
「また断わられるかも知れない・・・」
と頭の中に思い浮かべる方もいますが、
そんなことはありません。

なぜならたとえ今回断わられても
次も断わられると決まっている訳では
ないからです。

話しを聞くか聞かないかと言うのは
その時の気分や状況によっても違いますし、
それに今回冷たく断わられたとしても
次につながる種をまいておくだけで
すんなり行くケースもあるからです。

この種をまくと言うのは
どう言うことなのかと言うと、
断わられた時に良いイメージを残す、
と言った工夫です。

断られた時こそ、
去り際をさわやかにするのが大事です。

ご存知のように飛び込み訪問の多くは
簡単に断わられることが多いです。

その理由としては突然の訪問ゆえに
見知らぬ人には警戒する方が多いので
断わる方が多い訳ですが、
ここがポイントです。

知らない人には警戒すると言うこと。

それなら「知っている人」になれば
相手の警戒心を変えることも出来るのです。

そこで相手の警戒心を和らげるたには
どうしたら良いのか?と言うことになりますよね。

その工夫と言うのが
去り際に良いイメージを与えておくことで
相手もあなたのことを覚えてくれますから、
次に訪問した時に会ってくれることも
期待できると言う訳です。

知らない人から知っている人になれば、
「ああ、この間の人ね・・・」
と言ったように思い出してくれますから、
話しを聞いてくれる人も出てくるようになります。

このように飛び込み訪問を成功させるコツは、
断られた時にこそ相手に良いイメージを
残すことが大事なのです。

営業は一度きりの結果で終わりではありません。

次のチャンスもあるのですから、
2回、3回と再訪できるように工夫することが
営業で結果を出す秘訣になります。

どうぞお試し下さい。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにもノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif


コメント(0) 

新規開拓で飛び込み訪問しても断わられることが多く、どうしたらいいのかと悩んでいる方へ [飛び込み訪問]

飛び込み訪問が思うように出来ず
苦労している営業マンの方へ、

飛び込み訪問の効果的な方法として
訪問先を選ばずに軒並み訪問することですが、

実際訪問しようと思っていても
家の外見で選んだり庭に人がいたりすると
そのまま素通りしてしまうと言う経験、
あなたもありませんか?

これが訪問恐怖症に陥っている現象です。

一旦訪問しない理由を作ってしまうと
「ここは行かなくても次があるからいいか、」
となってしまい自分で自分を納得させると言う
精神状態に陥ってしまいます。 

その数件の飛ばしが数十件になり、そして
「なんか調子悪いから休憩しよう・・・」
となってしまう悪循環・・・

そうすると訪問件数が伸びないどころか、
訪問すること自体恐くなり時間だけが過ぎる
と言った典型的なパターンに陥ってしまうのが、
多くの営業マンが経験していることです。

つまりいかに軒並みに回れるかが大事なことであり、
その後に起こる結果は相手次第なのですから
訪問しなければ何も始まらないと言うことです。

あなたも思っているはずです。

自分も気軽に飛び込み訪問出来て、
どんどん見込み客を作って行きたいと・・・

でも実際は訪問できずに足が動かない、
どうすれば思い切ってインターホンを押せるのか?

そしてどうすればインターホン越しに
相手と気軽に話しをすることが出来るのか?
どうすればいいのかわからない・・・ 

そんな飛び込み訪問で困っているあなたに、
気軽に話しを聞いてもらえる方法や営業ノウハウ
そして飛び込み訪問で使えるコツがありますので
こちらを参考にしてください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 

新規開拓の飛び込み訪問したいと思っても体が動かない方へ、これなら気軽に訪問できる [飛び込み訪問]

飛び込み訪問を成功させるには
強い意志を持って確実に行動すること、
そして結果に対する分析を行うことです。

たとえば個人宅への訪問では
インターホンで断わられることが多く、
訪問する気力も無くなってしまいますが、

そのままでは訪問件数も少なくなりますし、
見込み客も見つからないのは当然ですから、
ますます結果も出なくなります。

これでは良い成績を出すことは出来ません。

ではどうすれば強い気持ちを持って
訪問を続けることが出来るのか?

その答えは、
相手から「必要か必要でないのか?」
その返事を多くもらえれることが出来れば
見込み客を見つけることも可能になりますし、
結果も付いてくるようになります。

もちろん断られることが続くと嫌になりますが、
それでも話を聞いてくれる方は必ずいると信じて
訪問することが大事です。

それにはインターホンを叩く件数を多くしないと
出会えることは出来ません。

その叩く行動を続けるか続けないのか、
そして実際に実行するかしないのか・・・
それを決めるのは自分自身です。

あなたも新規契約が少ないと言うならば、
相手の返事を訊きに行く行動をしてください。

必要か必要で無いかを訊きに行くだけで
断わられたろどうしようと悩むことも無いですから、
精神的にもずいぶん楽になるはずです。

どうぞあなたも新規開拓で結果を出したいならば、
相手に必要か必要でないかの返事をもらいに
訊きに行って下さい。

そうすれば結果は必ず出るようになります、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」
 
        


コメント(0) 

飛び込み訪問の「インターホントーク」をこのように工夫するとドアを開けてもらえる [飛び込み訪問]

新規開拓で飛び込み訪問をしていると
ほとんど話し途中で断わられることが多く、
先に進まないので困っていると言う方も
多いと思います。

特に個人宅への飛び込み訪問の場合は
インターホンで簡単に断わられることが多く、
見込み客すら出来ないと言うのが現状です。

そこで相手の断わりを回避するには
インターホントークを工夫するしかありません。

どのように変えたら良いのかと言うと、
相手の聴く耳を工夫する方法があります。

なぜ聴く耳かと言いますと、
同じ営業の話しでも「何となく違う話しかも?」
と思わせることで聴く耳を持たせることが
出来るからです。

たとえば今までのトークは
話しを伝えたいと思う気持ちが強かった為に
必死に訪問理由を伝えていたと思いますが、
相手にして見れば「また売り込みの話しか、」
となっていました。

誰も「面倒な話し=営業」は聞きたくないので
すぐ断わっていたのです。

つまり訪問して来た人があなたでなくても、
売り込みになるような話しなどは聞きたくないと
言うのが現状です。

では、どのようにすれば話しを聞いてくれるのか?
と言うことになりますが、

たとえば今までのパターンはこんな感じでした。
……………………………………………………

「今回(    )地区の皆様に
お役に立てる(   )をご案内しておりました。
すぐ終わりますのでお願いしま~す。」

……………………………………………………

と言った感じで話していたと思いますが
それでは相手にして見れば
「また営業の話しか」となっていました。

そこでちょっとした工夫です。

こちらのトークをご覧下さい。

     ↓ ↓ ↓

…………………………………………………………

「今回(    )地区の皆様に
△△に役立つ(   )をご案内してました。

ただ、今回提供できる方とできない方がおりまして、。、

すぐ終わりますので、
確認だけお願いしま~す! 」

…………………………………………………………
と言った感じなら今までと違う入り方です。

「(   )の話しみたいだが何かの確認?」
と思わせてちょっと考えさせるような工夫を入れると
ドアを開けてくれる方も増えます。

こちらが一方的に話しをしてしまうトークでは
相手側も聞くだけで面倒になりますから、
後はどうやって断わろうかと考えるだけです。

その考えを無くすには、
「確認しないといけない?」と相手に思わせる工夫が
必要なのです。

今まで相手が話しを聞かずに断わっていたのは、
あなたが一方的な話しをしていたからです。

それを無くすためには
相手に参加させる工夫をすれば良いのです。

それによって今までと反応も変わって来ますから、
これまでと違った結果=契約を出すことも可能に
なると言う訳です。

どうぞ、参考にして見てください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif


コメント(0) 

飛び込み訪問で苦労している営業マンの方へ、この入り方なら断わられること無く『話しを聞いてもらえる』 [飛び込み訪問]

飛込み訪問で辛いのは、
せっかく訪問しても留守や不在であったり、
居たとしてもインターホンで簡単に断わられてしまい
見込み客を見つけることが出来ないと言うことです。

これではさすがに足取りも重くなります。

では飛び込み訪問で見込み客を見つけるには
どのようにしたら良いのか?

そんなお困りのあなたに、
飛び込み訪問で使えるちょっとしたコツを
ご紹介したいと思います。

まずはすべての訪問先に
初回から商品の売り込みをしないこと。

たとえば今までの訪問は
訪問した先すべてに自分の勧める商品の話しをして
何とか契約に結び付けたい見込み客を作りたい・・・
と必死になっていたと思いますが、

それでは訪問される側にして見れば
そんな面倒な話しには付き合っていられない・・・
と言ったことでお断りされていたのです。

なにしろ「売り込まれる」と感じてしまえば
誰でも警戒しますし断わりたくなりますよね。

そこで初回にする訪問の仕方は、
今の相手に対してそのまま売り込むのでは無くて、
それを使って喜んでいる未来の自分が見えるように
そして幸せになって生活しているイメージが見える、
そんな素晴らしい未来を手に入れることが出来ると
思わせるようにすることです。
そうすれば相手の反応を変えることもできます。

ご存知のように初回から商品の売り込みをしても
「必要ないです」と簡単に拒絶されてしまうので、
営業する側も辛い思いをするだけでした。
訪問した先々で断わられるのですから、
営業するのも嫌になってきますよね・・・ 

ですので初回にすることは
そのまま商品の売り込みをするのでは無くて
それを手に入れることによってどれだけ変わるのか、
自分の未来がどれだけ素晴らしいものになるのか?
そう言うことを教えてあげればよいのです。

つまり今までのように嫌がられる訪問では無く、
相手からその商品についてもっと詳しく教えてほしい
と言わせるようにしないと聞いてくれる人は
いないと言うことです。

あなたも飛び込み訪問で苦労しているならば、
今回のような相手の意識を変えてあげる入り方を
試して見てはいかがでしょう、

きっと今までと効果の違いに驚きますよ。
あなたの健闘をお祈り致します。
その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

コメント(0) 

飛び込み訪問を成功させるコツは「相手が疑問を持つ入り方」をすること [飛び込み訪問]

個人拓や会社に飛び込み訪問で苦労するのは、
最初に入るトークの内容です。

もちろん新規開拓の営業ですから、
自分が扱っている商品やサービスついて
メリットなどを説明することになる訳ですが、

ほとんどの方は
「そんな売り込みの話しなど聞きたくない」
と思っているのが現状です。

それゆえそう言った相手に
興味を持たせる工夫が必要です。

それが最初に入るトークの工夫です。

最初の入り方がスムーズに行けば
その後の会話も続けることも出来るのですから、
最初が肝心だからです。

ではどのように入れば良いのかと言うことで、
こちらの例をご覧下さい。

    ↓↓↓

……………………………………………………

営業「こんにちは、
   (  )会社の(  )と言いますが、
   お世話様です。

   実は、(   )について
   あまり知られていないケースが多いので
   そのお知らせするために
   一軒一軒お伺いしていたんですね、

   (  )について
   内容が変わっていることを
   ご存じでしたか? 」

……………………………………………………
と言ったような感じで、

相手が疑問を持つような質問を投げかけて
いったん返答を待ちます。

そして相手が答えを返して来たら、
また次の質問を投げかけます。

この繰り返しをすることで
あなたが主導権を持つことが出来ますから、
会話を続けることも可能になると言う訳です。

もちろんこれだけで見込み客になる訳ではありませんが、
それでも次の展開に進ませるキッカケとして
会話を続けられることが出来ますし、

話しをすることで見込み客になる可能性も
高くなるのですから、

今までのようにすぐ断わられることが多く
次に進まなくて困っていると言うのであれば、
ひとつの工夫として試して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考に出来る最新の営業ノウハウを探している方は、
こちらにも効果的営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
前の10件 | - 飛び込み訪問 ブログトップ