So-net無料ブログ作成
飛び込み訪問 ブログトップ
前の10件 | -

新規開拓の飛び込み訪問で体が動かない方へ、これなら気軽に訪問できる [飛び込み訪問]

飛び込み訪問を成功させるには
強い意志を持って確実に行動すること、
そして結果に対する分析を行うことです。

たとえば個人宅への訪問では
インターホンで断わられることが多く、
訪問する気力も無くなってしまいますが、

そのままでは訪問件数も少なくなりますし、
見込み客も見つからないのは当然ですから、
ますます結果も出なくなります。

これでは良い成績を出すことは出来ません。

ではどうすれば強い気持ちを持って
訪問を続けることが出来るのか?

その答えは、
相手から「必要か必要でないのか?」
その返事を多くもらえれることが出来れば
見込み客を見つけることも可能になりますし、
結果も付いてくるようになります。

もちろん断られることが続くと嫌になりますが、
それでも話を聞いてくれる方は必ずいると信じて
訪問することが大事です。

それにはインターホンを叩く件数を多くしないと
出会えることは出来ません。

その叩く行動を続けるか続けないのか、
そして実際に実行するかしないのか・・・
それを決めるのは自分自身です。

あなたも新規契約が少ないと言うならば、
相手の返事を訊きに行く行動をしてください。

必要か必要で無いかを訊きに行くだけで
断わられたろどうしようと悩むことも無いですから、
精神的にもずいぶん楽になるはずです。

どうぞあなたも新規開拓で結果を出したいならば、
相手に必要か必要でないかの返事をもらいに
訊きに行って下さい。

そうすれば結果は必ず出るようになります、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓の「飛び込み訪問」で成功する秘訣は、最初の入り方をこのようにすること [飛び込み訪問]

飛び込み訪問で苦労するのは
最初の入り方をどのようにしたら良いのか?
どうすれば話しを聞いて貰えるのか?
と言った部分です。

なにしろ最初の一言で断わられてしまうのですから、
最初の入り方を工夫しないことには
先に進まないからです。

ですが、
何も考えずに勢いだけで訪問してしまうと、

・今忙しいので後にしてください、
・その話しなら必要ないから、
・今のところ間に合っているので・・・
・けっこうです!

と言ったように、
お決まりの断わり文句を言われて
おしまいです。

そこで入り方の工夫です。

今までの入り方と言えば、
………………………………………
新しい情報が入りましたので、
ご紹介するためにお伺いしました、
………………………………………
(  )のご挨拶でお伺いしました、
………………………………………

と言ったような感じで
あなたも訪問していたと思いますが、
これでは良い結果を残すことは出来ません。

そこで、ワンポイントです。

今までの営業は
一方的な話しを押し付ける印象を与えていたので、
お断りされるケースが多かったはずです。

そこで、これからの入り方ですが、
相手が興味あるかどうかを確認すると言った、
「確認トーク」で攻めて見てははいかがでしょう。

たとえばこんな感じです。
…………………………………………………

今回(   )について、
皆さんに確認したいことがありまして、
お伺い致しました。

もちろん、(   )については、
もう少し内容を知りたいと言う方にだけ
説明しておりましたので、
ご安心下さい。

そこで、こちらの(   )なんですが、
あまり知られていない(   )もあるんですが、
ご存知でしたか? 」
…………………………………………………

と言ったように
相手が興味あるかどうか確認するだけで
冷たく断られる件数も少なくなります。

さらに、質問をはさむのもコツです。

今までは話しを聞いてくれそうな相手には
ここぞとばかりに説明して来たと思いますが、
それでは相手にして見れば引いていくだけで
結果を残すことはできません。

そこで話しを続けるコツは、
「相手にしゃべらせること」です。

事前に質問内容を用意して置いて
返答を貰うようにします。

そうすればスムーズに話しを続けることも出来ますし、
結果を出すことも出来るようになるからです。

どうぞ、あなたもお試しください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考になるノウハウを探している方は
こちらをご覧下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

リフォーム営業・オール電化と言った訪問販売の「飛び込み訪問」で成功させるコツ [飛び込み訪問]

リフォーム営業やオール電化と言った訪問販売で
多くの営業マンが苦労するのは
「オール電化について・・・」と言った途端に

「うちは間に合っていますから、」
「必要ありません、」
とすぐ断られてしまうことです。

それだけオール電化や太陽光に限らず、
飛び込み訪問自体が嫌われているために
話しも聞かずに断わってしまう方が多いのです。

そもそも、飛び込みで訪問してくる営業マンの中には
悪質な業者による迷惑訪問も増えていますから、
訪問される側も警戒しているのが現状です。

そう言った迷惑な営業マン以外にも
色んな業種の営業マンが
ひっきりなしに訪問してくる訳ですから、

「その話しならお断わりしているので・・」
となってしまうのは当然なのです。

では、どのようにすれば話しを聞いて貰えるのか、
どのような入り方ならドアを開けて貰えるのか?
と言うことになりますが、

飛び込み訪問を成功させるポイントは、
相手から歓迎される入り方をすることです。

そうすれば、
ドアを開けて相手と会話をすることも出来ますし、
楽に営業出来るようになるからです。

あなたも飛び込み訪問で苦労しているのならば、
相手から歓迎される訪問をして見ては
いかがでしょう。

その歓迎される訪問の仕方や
効果的な入り方を知りたいと言う方は、
こちらにも詳しい内容がありますので、
ご覧になって見て下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で苦労するインターホンがこの工夫なら「話しを聞いて貰える」 [飛び込み訪問]

個人宅へ飛び込み訪問した場合、
ほとんどインターホンで断わられてしまいます。

今はどこの家でもインターホンが付いているだけに、
ボタンを押しても応答が無かったり、あるいは
カメラ越しで簡単に断わられる件数が多い状態です。

そんな冷たい仕打ちを受けるインターホンですが、
その特性を逆に利用する方法があるのです。

そもそもインターホンは
「声だけのやりとり」で済みますから、
断わる側は簡単です。


「今から出かけるので・・」
「今忙しいので・・・」
「間に合ってますから・・」

さらに誰が来たのかカメラで確認して
そのまま居留守を使う方もいます。

このようなことが簡単に出来るのは、
“インターホンがある”からです。

そのインターホンを逆に利用することが出来るとしたら、
いかがでしょう・・・

今まで苦労していたインターホンが
自分にとってプラスとなるとしたら・・・
あなたも試して見たいと思いますよね。

ここからが
インターホンを攻略するコツです。

たとえば相手から、
「その話しを聞かせて欲しい、」
あるいは「もっと詳しく聞きたい・・」
と思わせることができれば
インターホンを攻略することが出来ます。

今までの入り方と言えば
社名を名乗って用件を伝えていたはずです。

特定商取引法に関係することですから、
当然の入り方です。

ですが相手側にして見れば、
「ああ、面倒な人が来たな・・・」
と言った程度にしか思っていません。

なぜなら自分にとって
どうでもいい話しだと思っているからです。

ここがポイントです。

自分にとってどうでもいい話しから、
「自分にとってメリットある話しかも?」
と期待させて思わせることが出来れば
話しを聞いてくれると言うことです。

「そんなことはすでに工夫しているし、
そうならないから苦労しているんだよ、」
とおっしゃる方もいるでしょう。

ですが、もう一度考えて見てください。

インターホンが攻略できないのは
面倒な話しだと思われていることであって
本当の中身まで理解しているのでは無い・・
と言うことです。

そこの部分を分ってもらえないので
多くの営業マンが苦労しているのです。

ゆえにインターホンを攻略するコツは、
「自分にとってメリットある話しかも?」
と思わせるように相手の考え方を変えるだけの
トークを工夫することです。

もちろん反応が無ければ
さらに違う角度から工夫するようにして
トークを改良していきます。

でも、その工夫の仕方が分らない・・・
と悩んでいる方もいるでしょう。

そんな方はこちらを参考にして下さい、
『解決の糸口』が見つかります。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で個人宅へ飛び込み訪問する時、効果的にインターホンを攻略する入り方 [飛び込み訪問]

今回も飛び込み訪問で悩んでいる方より
相談受けた内容をご紹介したいと思います。

その相談内容がこちらです。
    ↓ ↓ ↓
…………………………………………………
相談者「飛び込み訪問をしている者ですが、
    インターホンで断わられることが多く
    契約が決まらないので困っています、
    何か良い方法は無いでしょうか?」
…………………………………………………

と言うことで、
一般的に個人宅を訪問する場合、
「話しを聞いたら売り込まれる・・・」
と言った警戒心が強くなるために
インターホンで断わられる事が多い訳ですが、

それだけ訪問営業=迷惑と感じる方が
多いと言うことです。

ではどのように訪問したら良いのか?
その解決策は相手にあります。

そもそも相手が断わってくるのは
話しを聞くのが迷惑だと思っているからであり、
居留守を使ったりすぐ断わって来るのは
面倒くさいと思っているからです。

・・・と言うことは、
面倒くさいと思われない訪問をすれば、
話しを聞いてくれると言うことになります。

そこでインターホンの攻略ですが、
基本は最初の入り方を工夫することです。

ここがスムーズに行かないと
次に進まないからです。

そこでインターホンで苦労しているあなたに
警戒されずに済む入り方として、
こちらを参考にしてください。

こんな感じです。
     ↓ ↓ ↓
…………………………………

営業「こんにちは~
   (会社名)で~す、
    お願いしま~す。 」

………………………………… 

こんな感じで軽く入ると
あまり深く考えずに出て来る方も
いらっしゃいます。

もちろん当然ながら「何の用ですか?」
と聞かれることも多いので
このように話しを続けます。
    ↓ ↓ ↓
……………………………………………

相手「何の用ですか?」

営業「はい、
   ( 会社名 )の(   )と言いまして、
   (    )に使える(     )を
   皆さんに(    )していたんですね。

   すぐ終わりますので、
   お願いしま~す。」

…………………………………………… 

と言った感じで
すぐ終わる話しだと思わさせることや、
相手に興味を持たせるキーワードを入れて
ドアを開けて貰うようにします。

ポイントは自分だったら
どう言われたらドアを開けるだろうか?
と言うことを考えて工夫することです。

反応が良かったら
その入り方を続けて行けば良いですし、
もっと工夫が必要ならば、いくつか
入り方を替えるようにします。

試行錯誤して自分だけの入り方が出来れば
もう大丈夫です。

後はどんどん訪問して
どんどん結果を出すだけです。

あなたの健闘をお祈り致します。

なお、詳しい内容については
こちらにもノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で断わられても次回の訪問につながる「営業のコツ」 [飛び込み訪問]

新規開拓で飛込み訪問すると
ほとんど断わられることが多いために
苦労している方も多いはずです。

そんな飛び込み訪問で断わられても
次につながる訪問の仕方があります。

まずは会社に訪問して断わられるパターンです。
………………………………………………

営業「失礼します、
   (  )会社の(  )と言いますが、
   お世話様です。
   今度新しい通信サービスが出ましたので
   そのご案内でお伺いしました。
   通信担当の方はいらっしゃいますか?」

事務「その話しなら間に合っていますので・・」

営業「あ、そうですか・・・
   わかりました、
   失礼します。 」

………………………………………………

このような感じで
簡単に断わられることも多い訳ですが、
その後どのような行動をしているかで
次回の訪問展開も変わって来ます。

たとえば今回断わられたのだから、
これ以上攻めてもムダだろうと言うことで
他を回る方もいます。

ですが、相手が断わっているのは
あなたが勧める商品やサービス内容を
よく理解して断わっているのでは無い、
と言うことをご存知でしょうか?

多くの場合は
「営業だから断わっているだけ、」

と言った理由で
断わっているケースが多いからです。

その証拠に
後で行って見たら他社と契約をしていた、
と言うこともよくあります。

そこで飛込み訪問する時のコツは、
断わられた時にこそ次につなげる工夫をすること。

たとえば
「今のところ間に合っていますので・・」
と言われた時は、

相手が気になるような言葉を伝えて
関連する情報を置いてくるようにします。

こんな感じです。
…………………………………………………

相手「今のところ間に合っていますので・・」

営業「そうですか
   分かりました、

   ちなみにこちらの新しい通信サービスなんですが、
   (   )について意外と知らない方も多いので
   教えてあげると喜ばれる方も多いんですね。

   参考になる資料を置いていきますので、
   後でご覧になってください。

   お忙しい所ありがとうございました。
   失礼します。」

…………………………………………………

と言ったように
名刺と一緒に相手が気になる情報ツールを
置いて来るようにします。

そうすれば断わった相手でも
残してきた「情報ツール」を見ることで
考えが変わることもありますし、

次回訪問した時にきちんと会って
話しを聞いてくれることもありますから、
たとえ断わられたとしても次回につながる
言葉やツールを工夫することも大事なのです。

あなたも可能性を残す営業をして見て下さい、
健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について、
実践的な『最新の営業方法』を知りたい方は
こちらをご覧下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新人営業マンでも飛び込み訪問が気軽に出来て「結果を出せる」方法 [飛び込み訪問]

飛び込み訪問で結果を出すには、
多くのお客さんに会わないとダメだと言うのは
皆さんも分かっています。

でも、分かっていても訪問件数が少ないのは
必ず訪問するんだと言う自分の意志が弱かったり、
自分には実行力が無いからと逃げている自分が
いるはずです。

これでは同じことの繰り返しです。

そこでどうすれば飛び込み訪問が出来るようになるのか?
その解決策を知りたい方のために
気軽に出来る方法があります。 

その解決策と言うのが「仕組み」です。

今までは計画を立てても実行出来なければ、
結果が出ないのは当然です。

ならば、飛び込み訪問が気軽に出来る仕組みならば、
あなたも苦労することなく訪問できるようになるはずです。

その仕組みがこちらです。
     ↓↓↓
…………………………………………………………………
(1)今月中に訪問する「区域」を必ず終わらせること。
…………………………………………………………………
訪問場所が分散してしまうとそこから集中力が無くなるので
この区域は何が何でも全部回るんだと言う決意を固めます。

…………………………………………………………………
(2)その区域は1件残らず全部廻ると言う覚悟を決めること
…………………………………………………………………
訪問先(相手)を見た目で判断してはいけません。
必要かそうでないかを判断するのはあなたではなく相手です。
それを確認するための作業だと思ってください。 

…………………………………………………………………
(3)断られても「今日は縁が無かっただけ」と思うこと
…………………………………………………………………
今日がダメでも次回は反応が違うケースもあります。
たとえ今日断られたとしてもたまたま機嫌が悪かったとか
今は必要としないと言うこともありますから、
次回も確認の作業をすればいいだけのことです。

いかがですか、
このように断られても確認作業をする訪問だと思えば
今までと違って気軽に訪問出来るようになります。 

そうすれば訪問件数も自然と増えるようになりますし、
当然、結果も付いてくるようになりますから
今まで以上の成績を上げることも可能になります。

今回の仕組みを参考にして
あなたなりの工夫をして見てはいかがでしょう、

どうぞお試し下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考に出来る営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

      3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で苦労するインターホンが「この工夫」なら話しを聞いて貰える [飛び込み訪問]

飛び込み訪問は断られることが多いため
辛く思っている方も多いと思いますが、

そんな辛い飛び込み訪問が
ある方法で工夫することによって、
面談できる件数を増やすことが出来ます。

それもちょっとした工夫で
面談率を上げることが出来る方法です。

そんな工夫があったら
あなたも試して見たいと思いますよね。

そんな飛び込み訪問で苦労しているあなたに
面談率が上がる飛び込み訪問の仕方を
ご紹介したいと思います。

まずは個人宅へ飛び込み訪問した場合、
ほとんどインターホンで断わられてしまいます。

今はどこの家でもインターホンが付いているだけに、
ボタンを押しても応答が無かったり、あるいは
カメラ越しで簡単に断わられる件数が多い状態です。

そんな冷たい仕打ちを受けるインターホンですが、
その特性を逆に利用する方法があるのです。

そもそもインターホンは
「声だけのやりとり」で済みますから、
断わる側は簡単です。

「今から出かけるので・・・」
「今忙しいので・・・」
「間に合ってますから・・・」

さらに誰が来たのかカメラで確認して
そのまま居留守を使う方もいます。

このようなことが簡単に出来るのは、
“インターホンがある”からです。

そのインターホンを逆に利用することが出来るとしたら、
いかがでしょう・・・

今まで苦労していたインターホンが
自分にとってプラスとなるとしたら・・・
あなたも試して見たいと思いますよね。

ここからが
インターホンを攻略するコツです。

たとえば相手から、
「その話しを聞かせて欲しい、」
あるいは「もっと詳しく聞きたい・・」
と思わせることができれば
インターホンを攻略することが出来ます。

今までの入り方と言えば
社名を名乗って用件を伝えていたはずです。

特定商取引法に関係することですから、
当然の入り方です。

ですが相手側にして見れば、
「ああ、面倒な人が来たな・・・」
と言った程度にしか思っていません。

なぜなら自分にとって
どうでもいい話しだと思っているからです。

ここがポイントです。

自分にとってどうでもいい話しから、
「自分にとってメリットある話しかも?」
と期待させて思わせることが出来れば
話しを聞いてくれると言うことです。

「そんなことはすでに工夫しているし、
そうならないから苦労しているんだよ、」
とおっしゃる方もいるでしょう。

ですが、もう一度考えて見てください。

インターホンが攻略できないのは
面倒な話しだと思われていることであって
本当の中身まで理解しているのでは無い・・
と言うことです。

そこの部分を分ってもらえないので
多くの営業マンが苦労しているのです。

ゆえにインターホンを攻略するコツは、
「自分にとってメリットある話しかも?」
と思わせるように相手の考え方を変えるだけの
トークを工夫することです。

もちろん反応が無ければ
さらに違う角度から工夫するようにして
トークを改良していきます。

でも、その工夫の仕方が分らない・・・
と悩んでいる方もいるでしょう。

そんな方はこちらを参考にして下さい、
『解決の糸口』が見つかりますよ。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で個人宅へ飛び込み訪問する時、インターホンを攻略する入り方 [飛び込み訪問]

飛び込み訪問で悩んでいる方より
相談が来ました。
…………………………………………………
相談者「飛び込み訪問をしていますが、
    インターホンで断わられることが多く
    契約が決まらないので困っています、
    何か良い方法は無いでしょうか?」
…………………………………………………

と言うことで、
一般的に個人宅を訪問する場合、
「話しを聞いたら売り込まれる」
と言った警戒心が強くなるために
インターホンで断わられる事が多い訳ですが、

それだけ訪問営業=迷惑と感じる方が
多いと言うことです。

ではどのように訪問したら良いのか?
その解決策は相手にあります。

そもそも相手が断わってくるのは
話しを聞くのが迷惑だと思っているからであり、
居留守を使ったりすぐ断わって来るのは
面倒くさいと思っているからです。

と言うことは、
面倒くさいと思われない訪問をすれば、
話しを聞いてくれることになります。

そこでインターホンの攻略ですが、
基本は最初の入り方を工夫することです。

ここがスムーズに行かないと
次に進まないからです。

そこでインターホンで
警戒されずに済む入り方として、
こちらを参考にしてください。

こんな感じです。
     ↓ ↓ ↓
…………………………………
営業「こんにちは~
   (会社名)で~す、
    お願いしま~す。 」
………………………………… 

こんな感じで軽く入ると
あまり深く考えずに出て来る方も
いらっしゃいます。

もちろん当然ながら「何の用ですか?」
と聞かれることも多いので
このように話しを続けます。
    ↓ ↓ ↓
……………………………………………

相手「何の用ですか?」

営業「はい、
   ( 会社名 )の(   )と言いまして、
   (    )に使える(     )を
   皆さんに(    )していたんですね。

   すぐ終わりますので、
   お願いしま~す。」
…………………………………………… 


と言った感じで
すぐ終わる話しだと思わさせることや、
相手に興味を持たせるキーワードを入れて
ドアを開けて貰うようにします。

ポイントは自分だったら
どう言われたらドアを開けるだろうか?
と言うことを考えて工夫することです。

反応が良かったら
その入り方を続けて行けば良いですし、
もっと工夫が必要ならば、いくつか
入り方を替えるようにします。

試行錯誤して自分だけの入り方が出来れば
もう大丈夫です。

後はどんどん訪問して
どんどん結果を出すだけです。

あなたの健闘をお祈り致します。

なお、詳しい内容については
こちらにもノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓の飛び込み訪問で「このような工夫」すると結果を出せる [飛び込み訪問]

飛び込み訪問で結果を出せる方法として、
コツになるノウハウをご紹介します。

まずは個人宅や会社関係に訪問しても
・インターホンで断わられてしまう
・キーマンに取り次いでもらえない
・会話を続けられるトークが出てこない

このような状況が続いてしまうと
思うような結果を出すことはできません。

そんな時こそ飛び込み訪問の入り方を
変える事が必要になって来ます。

たとえば、
・訪問リストを変えて見る
・訪問する時間帯を変えて見る
・今使っているトークを変えて見る

このように今までと違う工夫をして
訪問するようにします。

そうすれば新鮮な気持ちで訪問することが出来ますし、
今までのような嫌な流れを変えることも出来ます。

さらに相手の興味を引きつけるトークが
思いつかなくて困っていると言うのであれば、
次のような工夫をして見てはいかがでしょう。

それは、
「自分を相手に立場に置き換えて見る」
と言った工夫です。

たとえば自分なら、
「こう言われたら話しを聞いてしまうかな」
と言ったイメージを頭の中に思い浮かべて
そのトークを紙に書き出します。

そして実際にトークを試して見ます。

ですが、商品の内容やメリットについて
一生懸命説明している営業マンもいますが、
それでは相手の興味を引き付けることは
できません。

そのような内容はカタログやネットを見れば
誰でも簡単に見ることができるのですから、
それだけで相手の興味を引き立てることは
出来ないからです。

大事なのはその商品を手に入れることによって
充実した生活をしている未来の自分が見える事です。

人は今よりも充実した生活をしている
「未来の自分」が見えれば、

それを手に入れたいと思う欲求も高まりますし、
喜んで契約する人も出てくるようになります。

ですからこれから営業する場合は
相手に未来の自分が喜んでいる姿を見させてください。

そうすれば話しを聞いてくれる方も増えますし、
契約してくれる方も増えるようになります。

どうぞお試しください、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践で使える「営業ノウハウ」を探している方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - 飛び込み訪問 ブログトップ