So-net無料ブログ作成
飛び込み訪問 ブログトップ
前の10件 | -

飛び込み訪問で断わられても、次回の訪問につながる「営業のコツ」 [飛び込み訪問]

新規開拓で飛込み訪問をすると
ほとんど断わられることが多いために
苦労している方も多いと思います。

そこで、飛び込み訪問で断わられても
次につながる訪問の仕方がありますので、
そのコツをご紹介したいと思います。

まずは、よくあるパターンです。
………………………………………………

営業「失礼します、
   (  )会社の(  )と言いますが、
   お世話様です。
   今度新しい通信サービスが出ましたので
   そのご案内でお伺いしました。
   通信担当の方はいらっしゃいますか?」

事務「その話しなら間に合っていますので・・」

営業「あ、そうですか・・・
    わかりました、
    失礼します。 」

………………………………………………

このような感じで
簡単に断わられることも多い訳ですが、
その後どのような行動をしているかで
次回の訪問も変わって来ます。

たとえば、断わられたのだから、
これ以上攻めてもムダだろうと言うことで
他を回る方も多いと思います。

ですが、相手が断わっているのは
あなたが勧める商品やサービス内容を
よく理解して断わっているのでは無い、
と言うことです。

多くの場合は、
「営業だから断わっている、」

と言った理由だけで
断わっているケースが多いからです。

その証拠に、
後で行って見たら他社と契約をしていた・・・
と言うこともよくあるはずです。

そこで飛込み訪問する時のコツは、
断わられた時にこそ次につなげる工夫を
することです。

たとえば、
「今のところ間に合っていますので・・」

と言われたような時は、
相手が気になるような言葉を伝えて
それに関連する情報を置いてくるようにします。

こんな感じです。
…………………………………………………

相手「今のところ間に合っていますので・・・」

営業「そうですか・・・
   分かりました、

   ちなみに、こちらの新しい通信サービスなんですが、
   (   )について意外と知らない方も多いので
   教えてあげると喜ばれる方も多いんですね。

   参考になる資料を置いていきますので、
   後で皆さんご覧になってください。

   お忙しい所ありがとうございました。
   失礼致します。」

…………………………………………………

と言ったように、
名刺と一緒に相手が気になる情報ツールを
置いて来るようにします。

そうすれば断わった相手でも
残してきた「情報ツール」を見ることで、
相手の考えが変わることもありますし、

次回訪問した時にはきちんと会って
話しを聞いてくれることもありますから、
たとえ断わられたとしても次回につながる
言葉やツールを工夫することも大事です。

あなたも可能性を残す営業をして
見てはいかがでしょう。

健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について、
実践的な営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも最新のノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で受付やインターホンを攻略する方法 [飛び込み訪問]

新規開拓で飛び込み訪問をする場合、
結果を残すにはどうしたらいいのか?
と悩んでいる方ために、

今回は飛び込み訪問について
効果的な訪問が出来るノウハウを
ご紹介したいと思います。

まずは個人宅や会社関係に訪問しても
・インターホンで断わられてしまう・・・
・キーマンに取り次いで貰えない・・・
・会話を続けるトークが出てこない・・・

このような状況が続いてしまうと、
飛び込み訪問を続ける気力も無くなりますし、
結果を残すこともできません。

そこで思うような結果が出ない時は、
飛び込み訪問のやり方を変えて見る・・・
と言うのもひとつの方法です。

たとえば、
・訪問リストを変えて見る、
・訪問する時間帯を変えて見る、
・今使っている訪問トークを変える、

このような形で
今までとは違う工夫をして見ます。

新鮮な気持ちで訪問することが出来ますし、
今までの嫌な流れを変えることも出来ますから、
新たな可能性を見つける意味でも
試して見る価値はありますよね。

さらに、相手の興味を引きつける訪問トークが
思いつかなくて困っていると言う場合は、
このような工夫をして見てはいかがでしょう。

その工夫と言うのが、
「自分を相手に立場に置き換えて見る、」
と言った考え方です。

たとえば、
「自分ならこう言われたら
 思わず聞いてしまうだろうな・・・」
と言った感じです。

よく見られるのは、
扱っている商品の内容やメリットについて
一生懸命説明してしまうことですが、

それでは相手の興味を引き付けることは
できません。

そのような内容ならば
カタログやインターネットで調べれば
誰でも簡単に見ることができるのですから、
いまさら説明されても迷惑だと思うだけです。

大事なのはその商品を手に入れることによって、
自分が喜んでいる未来の姿が見えるように
してあげることです。

人は今の自分よりも
喜んでいる未来の自分が見えれば
それを手に入れたいと思うようになりますし、
たとえ値段が高いと思うような商品であっても
喜んで契約する人が出てくるからです。

あなたも相手に対して、
喜んでいる未来の姿が見えるトークを使って、
夢を見させてあげましょう。

そうすれば、
話しを聞いてくれる方が増えるようになりますよ。

どうぞお試し下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって見て下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓の飛び込み訪問で「受付や事務員を攻略できる入り方」 [飛び込み訪問]

新規開拓の飛び込み訪問をしていると、

「その話しなら間に合っているので・・・」
と言われることがよくあります。

それだけ訪問してくる営業マンに対して
警戒する方が多いからですが、 

でも、営業マンにして見れば、
「まださわりの部分しか話していないのに・・・」
と言いたくなりますよね。
 
相手側から見れば売り込みにくる営業マンは
来なくてもいい営業マンとしか見ていませんから、
「その話しなら間に合っているので・・・」
としか答えようがないのです。

そこで、話しを聞いて貰える工夫です。

たとえば、法人相手に飛び込み訪問する場合、
ネックとなるのは受付や事務員です。

会社には色んな営業マンが来ますので、
受付や事務員で営業とみなされた場合は
「その話しなら間に合ってますので・・・」
とお断りするケースになってしまいます。

ここがポイントになります。

「その話しなら間に合っているので・・・」
と言われたと言うことは、

あなたの話しは
「他の営業マンと同じだと判断されている?」
と言うことになるからです。

ならば、
他とは違う入り方で話しをすることが出来れば、
今までとは違う反応にさせることが出来る・・・
と言うことになりますよね。

たとえば、
「この話しは社長に通さないといけない、」
「この判断は社長でないと分からない、」
と言ったように思わせるようにします。

でも実際は、
・色々工夫しているがうまく行かない・・・
・どのように入っていけばいいのか分からない・・・
と言ったように悩んでいるのが現状ですよね。

そこで、飛び込み訪問に使える入り方や
効果的な営業トークが欲しいと思っているあなたに、

今までと違った入り方をすることで
受付や事務員を攻略して社長まで話を通してもらえる
そんな飛び込み訪問で使える入り方がありますので、
こちらを参考にして見てはいかがでしょう。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問を成功させる工夫として、自分だけの「キャッチフレーズ」を持つと入りやすくなる [飛び込み訪問]

今回のノウハウは、
「飛び込み訪問」に使える工夫について
ご紹介したいと思います。

まずは飛び込み訪問する時に
あなたはどのようにして入っていますか?

通常は挨拶から入り、そして
自分が誰で何の用件で訪問したのか?
その内容を相手に一通り説明して
面談を求める訳ですが、

ご存知のように、
ほとんどがインターホンや受付の段階で
断わられてしまいます。 

それだけ訪問して来る営業マンに対しては
警戒すると言うことです。

それと言うのも、
飛び込み訪問で断わられる理由として
最初の入り方で警戒されてしまうからです。

たとえば、保険営業の場合、
……………………………………………
「こんにちは、
(  )生命の(  )と申します。
今日は(  )地区にお住まいの皆様に
ご挨拶でお伺いしました。」
……………………………………………

と言った感じで
何気なく入る方も多いと思いますが、

相手にして見れば、
…………………………………
「保険の営業マンが来たか、
 断わっても別にいいか・・」
…………………………………
と思われてしまい、

たとえ何度訪問したとしても
会うまで至らないのが現状です。

なにしろ営業マンが来たとしか
思われないからです。

では、
どのようにしたら良いのかと言えば、
相手が興味を持つキャッチフレーズを
使って見てはいかがでしょう。

たとえば自分のことを分かりやすく
そしてイメージしやすいようにすることで、

「話しくらい聞いてもいいかな・・・ 」

と思わせることも出来るようになりますから、
今までと違った展開にさせることも
可能になるからです。

相手が安心するようなキャッチフレーズがあると、
その場をやわらげる効果もあるんですね。

たとえばこんな感じです。
……………………………………………………
・家族の健康を考えている(   )生命です、
・大きな安心をお届けしている(   )生命です、
……………………………………………………

このようなフレーズを入れながら
相手に親しみのあるイメージを与えることで
相手の警戒心を薄める効果もありますから、
ちょっとした言葉を挟むのも大事なのです。

もちろん、
これだけでドアを開けてくれることや
面談にこぎつける訳ではありませんが、

それでもひとつのキッカケとして使うと
次の言葉へと入りやすくなりますから、
何事も工夫していくことが大事だと
言うことです。

さらに、飛び込み訪問で苦労する点は、
自分が伝えたい内容が相手の心に届かず、
話し途中で終わってしまうことです。

あなたも思っているはずです。

自分が伝えたい内容を聞いてさえくれれば、
商品やサービスの良さを分かって貰えるのに・・・

でも現実は、話し途中で終わってしまい、
そして簡単に断わられてしまうと言うありさま・・・

そんな飛び込み訪問で苦労しているあなたに、
インターホン攻略にも使えるノウハウがありますので
こちらをご覧下になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif  


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓で効果的な「飛び込み訪問」をするコツ [飛び込み訪問]

新規開拓する営業方法のひとつに
「飛び込み訪問」があります。

飛び込み営業の利点は
訪問地区を一気に廻ることで時間の効率や
直接会うことによって顔を覚えて貰える事も
その日のうちに契約まで持って行けるのも
飛び込み営業のメリットです。

ですが、
話しを聞いてくれる人よりも
簡単に断わられる件数が多いことや
居留守や不在と言ったケースもあるために
思うように営業出来ないと言う
デメリットもあります。

そうすると途中でやる気も無くなって
時間をつぶしてしまうこともあります。

そこで、どんな仕打ちに遭おうが
最後まで飛び込み営業が続けられるコツです。

それは自分の中にストーリーをえがいて
そのストーリーに描かれたイメージで行動し、
そして実際に実行すればよいのです。

たとえば、
ストーリーに描かれた内容を自分では無く
第三者の自分に見立てて演じるようにします。

すると、相手から冷たく断わられた場合でも
「断わられたのは自分ではなく、
第三者に見立てた自分だから大丈夫・・・」
と思い込むことで、

断わられても何も心配はないのだから
どんどん訪問しても問題は無いと言うことです。

これなら飛び込み訪問に対する
嫌なイメージを無くすことができますし、
今まで以上の結果を残すことも可能になります。

どうぞ、飛び込み訪問で苦労している方は
このような考え方で実践して見てください。

きっと効果の違いに驚きますよ。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践で使える最新の営業ノウハウを探している方は
こちらをご覧下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

あれだけ嫌だった飛び込み訪問が何度でも気軽に出来るようになる方法 [飛び込み訪問]

飛び込み訪問は断られることが多いため
モチベーションや気力も萎えて来ますが、
あなたの場合はいかがでしょう?

そんな嫌になる飛び込み訪問ですが
あなたでも気楽に出来る方法がありますので、
その方法をご紹介したいと思います。

まずは飛び込み訪問の多くは
断わられるのが決まっているのですから
その断わりをしっかりと受け止めてあげます。

自分のためではありません、
相手のためにです。

こんな感じです。
……………………………………………………………

相手「今のところ必要ないです、」

営業「そうですよね、
   今のところは必要ないですよね、 ←ここで断りを受け止めてあげます。

   分かりました。

   それでは次の機会がありましたら
   わたくし(  )会社の(  )と申しますので、
   その時は宜しくお願い致します。

   ありがとうございました、
   失礼致します。 」

……………………………………………………………
と言いながら、
一旦その場を後にして次の訪問先へと向かいます。

この繰り返しが出来ればもう恐いものはありません。

なぜなら、
たとえ今回断わられたとしても、
日を改めて何度でも訪問することが出来るからです。

それに今は必要無いと言われても
相手の気持ちが変わることもあるのですから、
タイミングが合えばOKと言うこともあるからです。

そう言ったケースにさせるためにも、
何度でも訪問をすることが大事なんですね。

断わられても嫌な顔をせずに
爽やかに訪問して行きましょう。

そうすれば結果も付いてきますよ。
どうぞお試し下さい。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって見て下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問のインターホントーク、この工夫ならドアを開けてもらえる [飛び込み訪問]

新規開拓で飛び込み訪問をしていると
ほとんど話し途中で断わられることが多く、
先に進まないので困っている方も
多いと思います。

特に個人宅への飛び込み訪問は
インターホンで簡単に断わられることが多く、
見込み客すら出来ないと言うのが現状です。

そこで、相手の断わりを回避するには
インターホントークを工夫するしかありません。

どのように変えたら良いのかと言うと、
相手の聴く耳を工夫する方法があります。

なぜ聴く耳かと言いますと、
同じ営業でも「違う話しかも?」と思わせることで
ドアを開けさせることが出来るからです。

たとえば今までのトークは
自分の商品を伝えたいと思う気持ちが強かった為に
必死に訪問理由を説明していたと思いますが、
相手にして見れば「また売り込みの話しか」
となっていました。

誰も「営業=売り込みの話し」は聞きたくないので
すぐ断わっていたのです。

つまり、訪問して来た人があなたでなくても
売り込みになるような話しは聞きたくないのです。

では、どのようにすれば話しを聞いてくれるのか?
と言うことになりますが、

たとえば今までのパターンはこんな感じでした。
……………………………………………………
「今回(    )地区の皆様に
お役に立てる(   )をご案内しておりました。
すぐ終わりますのでお願いしま~す。」
……………………………………………………

と言った感じで話していたと思いますが
それでは相手にして見れば
「また営業の話しか」となっていました。

そこでちょっとした工夫です。

こちらのトークをご覧下さい。
     ↓ ↓ ↓
…………………………………………………………

「今回(   )地区の皆様に
△△に役立つ(   )をご案内してました。

ただ、今回提供できる方と
できない方がおりまして、

すぐ終わりますので
確認だけお願いしま~す! 」
…………………………………………………………
と言った感じで
確認して欲しいので来たと言う入り方です。

「何か確認?」
と思わせてちょっと考えさせるような工夫を入れると
ドアを開けてくれる方も増えます。

一方的に話しをしてしまうトークでは
相手側も聞くだけで面倒になりますから、
後はどうやって断わろうかと考えるだけです。

その考えを無くすには、
「確認しないといけない?」と相手に思わせる工夫で
何となく出て来させるようにすることです。

今まで相手が話しを聞かずに断わっていたのは、
あなたが一方的な話しをしていたからです。

それを無くすためには
相手に参加させる工夫をすれば良いのです。

それによって今までと反応も変わって来ますから、
これまでと違った結果=契約を出すことも可能に
なると言う訳です。

どうぞ、参考にしてください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で苦労している時、この入り方なら断わられること無く『見込み客』を作ることが出来る [飛び込み訪問]

飛込み訪問で辛いのは
せっかく訪問しても留守や不在であったり、
居たとしてもインターホンで簡単に断わられてしまい
見込み客を見つけることが出来ないことです。

これではさすがに足取りも重くなります。

では、飛び込み訪問で見込み客を見つけるには
どのようにしたら良いのか?

そんなお困りのあなたに
飛び込み訪問で使えるちょっとしたコツを
ご紹介したいと思います。

まずは、すべての訪問先に
初回から商品の売り込みをしないこと。

たとえば今までの訪問は
訪問した先すべてに自分の勧める商品の話しをして
何とか契約に結び付けたい、見込み客を作りたい、
と必死になっていたと思いますが、

それでは訪問される側にして見れば
そんな面倒な話しには付き合っていられない・・・
と言うことでお断りされていたのです。

なにしろ「売り込まれる」と感じてしまえば
誰でも警戒するし断わりたくなるからです。

そこで初回にする訪問の仕方は
今の相手に対してそのまま売り込むのでは無くて、
それを使って喜んでいる未来の自分が見えるように
そして幸せになって生活しているイメージが見える、
そんな素晴らしい未来を手に入れることが出来ると
思わせるようにすることです。

そうすれば相手の反応を変えることもできます。

ご存知のように初回から商品の売り込みをしても
「必要ないです」と簡単に拒絶されてしまうので、
営業する側も辛い思いをするだけです。

訪問した先々で断わられるのですから、
営業するのも嫌になってきますよね・・・ 

ですので、初回にすることは
そのまま商品の売り込みをするのでは無くて
それを手に入れることによってどれだけ変わるのか、
自分の未来がどれだけ素晴らしいものになるのか?
それを教えてあげればよいのです。

今までのように嫌がられる訪問では無く、
相手からその商品についてもっと詳しく教えてほしい
と言わせるようにしないと聞いてくれる人はいません。

あなたも飛び込み訪問で苦労しているならば、
今回のような相手の意識を変えてあげる入り方を
試して見てはいかがでしょう、

きっと今まで以上に効果の違いに驚きますよ。
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif





コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓の飛び込み訪問で体が動かない方へ、これなら気軽に訪問できる [飛び込み訪問]

飛び込み訪問を成功させるには
強い意志を持って確実に行動すること、
そして結果に対する分析を行うことです。

たとえば個人宅への訪問では
インターホンで断わられることが多く、
訪問する気力も無くなってしまいますが、

そのままでは訪問件数も少なくなりますし、
見込み客も見つからないのは当然ですから、
ますます結果も出なくなります。

これでは良い成績を出すことは出来ません。

ではどうすれば強い気持ちを持って
訪問を続けることが出来るのか?

その答えは、
相手から「必要か必要でないのか?」
その返事を多くもらえれることが出来れば
見込み客を見つけることも可能になりますし、
結果も付いてくるようになります。

もちろん断られることが続くと嫌になりますが、
それでも話を聞いてくれる方は必ずいると信じて
訪問することが大事です。

それにはインターホンを叩く件数を多くしないと
出会えることは出来ません。

その叩く行動を続けるか続けないのか、
そして実際に実行するかしないのか・・・
それを決めるのは自分自身です。

あなたも新規契約が少ないと言うならば、
相手の返事を訊きに行く行動をしてください。

必要か必要で無いかを訊きに行くだけで
断わられたろどうしようと悩むことも無いですから、
精神的にもずいぶん楽になるはずです。

どうぞあなたも新規開拓で結果を出したいならば、
相手に必要か必要でないかの返事をもらいに
訊きに行って下さい。

そうすれば結果は必ず出るようになります、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓の「飛び込み訪問」で成功する秘訣は、最初の入り方をこのようにすること [飛び込み訪問]

飛び込み訪問で苦労するのは
最初の入り方をどのようにしたら良いのか?
どうすれば話しを聞いて貰えるのか?
と言った部分です。

なにしろ最初の一言で断わられてしまうのですから、
最初の入り方を工夫しないことには
先に進まないからです。

ですが、
何も考えずに勢いだけで訪問してしまうと、

・今忙しいので後にしてください、
・その話しなら必要ないから、
・今のところ間に合っているので・・・
・けっこうです!

と言ったように、
お決まりの断わり文句を言われて
おしまいです。

そこで入り方の工夫です。

今までの入り方と言えば、
………………………………………
新しい情報が入りましたので、
ご紹介するためにお伺いしました、
………………………………………
(  )のご挨拶でお伺いしました、
………………………………………

と言ったような感じで
あなたも訪問していたと思いますが、
これでは良い結果を残すことは出来ません。

そこで、ワンポイントです。

今までの営業は
一方的な話しを押し付ける印象を与えていたので、
お断りされるケースが多かったはずです。

そこで、これからの入り方ですが、
相手が興味あるかどうかを確認すると言った、
「確認トーク」で攻めて見てははいかがでしょう。

たとえばこんな感じです。
…………………………………………………

今回(   )について、
皆さんに確認したいことがありまして、
お伺い致しました。

もちろん、(   )については、
もう少し内容を知りたいと言う方にだけ
説明しておりましたので、
ご安心下さい。

そこで、こちらの(   )なんですが、
あまり知られていない(   )もあるんですが、
ご存知でしたか? 」
…………………………………………………

と言ったように
相手が興味あるかどうか確認するだけで
冷たく断られる件数も少なくなります。

さらに、質問をはさむのもコツです。

今までは話しを聞いてくれそうな相手には
ここぞとばかりに説明して来たと思いますが、
それでは相手にして見れば引いていくだけで
結果を残すことはできません。

そこで話しを続けるコツは、
「相手にしゃべらせること」です。

事前に質問内容を用意して置いて
返答を貰うようにします。

そうすればスムーズに話しを続けることも出来ますし、
結果を出すことも出来るようになるからです。

どうぞ、あなたもお試しください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考になるノウハウを探している方は
こちらをご覧下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - 飛び込み訪問 ブログトップ