So-net無料ブログ作成
検索選択
飛び込み訪問 ブログトップ
前の10件 | -

飛び込み訪問の「インターホントーク」をこのように工夫するとドアを開けてもらえる [飛び込み訪問]

新規開拓で飛び込み訪問をしていると
ほとんど話し途中で断わられることが多く、
先に進まないので困っていると言う方も
多いと思います。

特に個人宅への飛び込み訪問の場合は
インターホンで簡単に断わられることが多く、
見込み客すら出来ないと言うのが現状です。

そこで相手の断わりを回避するには
インターホントークを工夫するしかありません。

どのように変えたら良いのかと言うと、
相手の聴く耳を工夫する方法があります。

なぜ聴く耳かと言いますと、
同じ営業の話しでも「何となく違う話しかも?」
と思わせることで聴く耳を持たせることが
出来るからです。

たとえば今までのトークは
話しを伝えたいと思う気持ちが強かった為に
必死に訪問理由を伝えていたと思いますが、
相手にして見れば「また売り込みの話しか、」
となっていました。

誰も「面倒な話し=営業」は聞きたくないので
すぐ断わっていたのです。

つまり訪問して来た人があなたでなくても、
売り込みになるような話しなどは聞きたくないと
言うのが現状です。

では、どのようにすれば話しを聞いてくれるのか?
と言うことになりますが、

たとえば今までのパターンはこんな感じでした。
……………………………………………………

「今回(    )地区の皆様に
お役に立てる(   )をご案内しておりました。
すぐ終わりますのでお願いしま~す。」

……………………………………………………

と言った感じで話していたと思いますが
それでは相手にして見れば
「また営業の話しか」となっていました。

そこでちょっとした工夫です。

こちらのトークをご覧下さい。

     ↓ ↓ ↓

…………………………………………………………

「今回(    )地区の皆様に
△△に役立つ(   )をご案内してました。

ただ、今回提供できる方とできない方がおりまして、。、

すぐ終わりますので、
確認だけお願いしま~す! 」

…………………………………………………………
と言った感じなら今までと違う入り方です。

「(   )の話しみたいだが何かの確認?」
と思わせてちょっと考えさせるような工夫を入れると
ドアを開けてくれる方も増えます。

こちらが一方的に話しをしてしまうトークでは
相手側も聞くだけで面倒になりますから、
後はどうやって断わろうかと考えるだけです。

その考えを無くすには、
「確認しないといけない?」と相手に思わせる工夫が
必要なのです。

今まで相手が話しを聞かずに断わっていたのは、
あなたが一方的な話しをしていたからです。

それを無くすためには
相手に参加させる工夫をすれば良いのです。

それによって今までと反応も変わって来ますから、
これまでと違った結果=契約を出すことも可能に
なると言う訳です。

どうぞ、参考にして見てください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で苦労している営業マンの方へ、この入り方なら断わられること無く『話しを聞いてもらえる』 [飛び込み訪問]

飛込み訪問で辛いのは、
せっかく訪問しても留守や不在であったり、
居たとしてもインターホンで簡単に断わられてしまい
見込み客を見つけることが出来ないと言うことです。

これではさすがに足取りも重くなります。

では飛び込み訪問で見込み客を見つけるには
どのようにしたら良いのか?

そんなお困りのあなたに、
飛び込み訪問で使えるちょっとしたコツを
ご紹介したいと思います。

まずはすべての訪問先に
初回から商品の売り込みをしないこと。

たとえば今までの訪問は
訪問した先すべてに自分の勧める商品の話しをして
何とか契約に結び付けたい見込み客を作りたい・・・
と必死になっていたと思いますが、

それでは訪問される側にして見れば
そんな面倒な話しには付き合っていられない・・・
と言ったことでお断りされていたのです。

なにしろ「売り込まれる」と感じてしまえば
誰でも警戒しますし断わりたくなりますよね。

そこで初回にする訪問の仕方は、
今の相手に対してそのまま売り込むのでは無くて、
それを使って喜んでいる未来の自分が見えるように
そして幸せになって生活しているイメージが見える、
そんな素晴らしい未来を手に入れることが出来ると
思わせるようにすることです。
そうすれば相手の反応を変えることもできます。

ご存知のように初回から商品の売り込みをしても
「必要ないです」と簡単に拒絶されてしまうので、
営業する側も辛い思いをするだけでした。
訪問した先々で断わられるのですから、
営業するのも嫌になってきますよね・・・ 

ですので初回にすることは
そのまま商品の売り込みをするのでは無くて
それを手に入れることによってどれだけ変わるのか、
自分の未来がどれだけ素晴らしいものになるのか?
そう言うことを教えてあげればよいのです。

つまり今までのように嫌がられる訪問では無く、
相手からその商品についてもっと詳しく教えてほしい
と言わせるようにしないと聞いてくれる人は
いないと言うことです。

あなたも飛び込み訪問で苦労しているならば、
今回のような相手の意識を変えてあげる入り方を
試して見てはいかがでしょう、

きっと今までと効果の違いに驚きますよ。
あなたの健闘をお祈り致します。
その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問を成功させるコツは「相手が疑問を持つ入り方」をすること [飛び込み訪問]

個人拓や会社に飛び込み訪問で苦労するのは、
最初に入るトークの内容です。

もちろん新規開拓の営業ですから、
自分が扱っている商品やサービスついて
メリットなどを説明することになる訳ですが、

ほとんどの方は
「そんな売り込みの話しなど聞きたくない」
と思っているのが現状です。

それゆえそう言った相手に
興味を持たせる工夫が必要です。

それが最初に入るトークの工夫です。

最初の入り方がスムーズに行けば
その後の会話も続けることも出来るのですから、
最初が肝心だからです。

ではどのように入れば良いのかと言うことで、
こちらの例をご覧下さい。

    ↓↓↓

……………………………………………………

営業「こんにちは、
   (  )会社の(  )と言いますが、
   お世話様です。

   実は、(   )について
   あまり知られていないケースが多いので
   そのお知らせするために
   一軒一軒お伺いしていたんですね、

   (  )について
   内容が変わっていることを
   ご存じでしたか? 」

……………………………………………………
と言ったような感じで、

相手が疑問を持つような質問を投げかけて
いったん返答を待ちます。

そして相手が答えを返して来たら、
また次の質問を投げかけます。

この繰り返しをすることで
あなたが主導権を持つことが出来ますから、
会話を続けることも可能になると言う訳です。

もちろんこれだけで見込み客になる訳ではありませんが、
それでも次の展開に進ませるキッカケとして
会話を続けられることが出来ますし、

話しをすることで見込み客になる可能性も
高くなるのですから、

今までのようにすぐ断わられることが多く
次に進まなくて困っていると言うのであれば、
ひとつの工夫として試して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考に出来る最新の営業ノウハウを探している方は、
こちらにも効果的営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問の「インターホントーク」をこのように工夫するとドアを開けてもらえる [飛び込み訪問]

新規開拓で飛び込み訪問をしていると
ほとんど話し途中で断わられることが多く、
先に進まないので困っていると言う方も
多いと思います。

特に個人宅への飛び込み訪問の場合は
インターホンで簡単に断わられることが多く、
見込み客すら出来ないと言うのが現状です。

そこで相手の断わりを回避するには
インターホントークを工夫するしかありません。

どのように変えたら良いのかと言うと、
相手の聴く耳を工夫する方法があります。

なぜ聴く耳かと言いますと、
同じ営業の話しでも「何となく違う話しかも?」
と思わせることで聴く耳を持たせることが
出来るからです。

たとえば今までのトークは
話しを伝えたいと思う気持ちが強かった為に
必死に訪問理由を伝えていたと思いますが、
相手にして見れば「また売り込みの話しか、」
となっていました。

誰も「面倒な話し=営業」は聞きたくないので
すぐ断わっていたのです。

つまり訪問して来た人があなたでなくても、
売り込みになるような話しなどは聞きたくないと
言うのが現状です。

では、どのようにすれば話しを聞いてくれるのか?
と言うことになりますが、

たとえば今までのパターンはこんな感じでした。
……………………………………………………

「今回(    )地区の皆様に
お役に立てる(   )をご案内しておりました。
すぐ終わりますのでお願いしま~す。」

……………………………………………………

と言った感じで話していたと思いますが
それでは相手にして見れば
「また営業の話しか」となっていました。

そこでちょっとした工夫です。

こちらのトークをご覧下さい。

     ↓ ↓ ↓

…………………………………………………………

「今回(    )地区の皆様に
△△に役立つ(   )をご案内してました。

ただ、今回提供できる方とできない方がおりまして、。、

すぐ終わりますので、
確認だけお願いしま~す! 」

…………………………………………………………
と言った感じなら今までと違う入り方です。

「(   )の話しみたいだが何かの確認?」
と思わせてちょっと考えさせるような工夫を入れると
ドアを開けてくれる方も増えます。

こちらが一方的に話しをしてしまうトークでは
相手側も聞くだけで面倒になりますから、
後はどうやって断わろうかと考えるだけです。

その考えを無くすには、
「確認しないといけない?」と相手に思わせる工夫が
必要なのです。

今まで相手が話しを聞かずに断わっていたのは、
あなたが一方的な話しをしていたからです。

それを無くすためには
相手に参加させる工夫をすれば良いのです。

それによって今までと反応も変わって来ますから、
これまでと違った結果=契約を出すことも可能に
なると言う訳です。

どうぞ、参考にして見てください。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問しても結果が出ないと言う方へ、これなら見込み客をどんどん作ることが出来る [飛び込み訪問]

新規開拓でする飛び込み訪問は
相手から簡単に断わられる件数が多いために
誰がやっても心が折れるものです。

ですが、そんな飛び込み訪問でも
続けていれば必ず結果は出てくると言うことを
頭の中に入れて行動することが大事です。

なぜなら、訪問すると不在や居留守宅も多いですし
話し途中で断わられる件数も多くありますが、
それでも訪問していれば必ず話しを聞いてくれる人に
出会えるからです。

つまり、飛込み訪問で結果が出ないのは
途中で訪問件数が減ってしまう所にあったのです。

そこで、
飛込み訪問で「結果を出す考え方」です。

それは見込み客になる人に出会えるチャンスが
1日3件あると言うこと。

これは新人やベテランにかかわらず、
出会えるチャンスは誰にでも平等にあります。

つまり、毎日目標の訪問件数をこなすことによって
誰にでも話しを聞いてくれる人に出会えるのですから、
今まで以上の結果につなげることも可能だと言うことです。

それを途中で止めてしまうから
出会えることなく一日が終わってしまうのです。

行動すれば必ず結果は出ます。

良い悪いの他に何かしらの結果は出るのですから、
それを積み重ねれば今日からでも結果は出ます。

ですから結果を出している人ほど
決めた訪問件数以上を必ず廻っているのです。

このように自分が決めた訪問件数を廻っていれば
必ず話しを聞いてくれる人=見込み客に当たるのですから、
「ここは行ってもムダだろう」と決めないで
相手に話しを訊きに行ってください。

必要かどうかを決めるのはあなたではなく、
相手が決めることです。

それを訊きに行くだけのことだと思えばよいのです。

どうぞ参考にして見て下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにもノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問が怖くて出来ないと言う方へ、この方法なら「自分の代わり」に営業してくれる [飛び込み訪問]

新規開拓のひとつとして
個人宅へ飛び込み訪問する方もいますが、
その訪問が怖くてチャイムを押せないと
悩んでいる方もいらっしゃいます。

その理由としては
冷たく断わられことに耐えられないとか、
周りにいる人の視線が気になって嫌だ・・・
と言った理由などもあり、

訪問することに対して
体が動かなくなってしまうからです。

あなたも同じような経験ありませんか?

そこで飛び込み訪問で悩んでいる営業マンに
気軽に出来る方法があります。

まずは訪問しようと思っても体が動かない時は
訪問するやり方を変えるようにします。

今までと違う形で訪問することができるならば、
また気分も変わって来つからです。

では、その訪問の仕方です。

自分が言いたいことを小冊子に書いて
その小冊子を相手に渡しながら話します。

こんな感じです。
………………………………………………………

営業「こんにちは、
  (   )会社の(   )と言いますが、
   お世話様です。

   実は今回、(   )の方のために
  (    )について知っておいた方が良い、
   そんな内容をまとめた「無料の小冊子」を
   差し上げていました、

   すぐ終わりますので、
   玄関先までお願いしま~す。」


相手「今忙しいのでポストに入れておいて、」


営業「ポストですね、
   わかりました。

   それでは後でご覧になってください、
   またお伺いしたいと思います。

   ありがとうございました、
   失礼します。」

………………………………………………………

と言った感じで
小冊子を相手もしくは郵便受けに入れて
その場を後にします。

これなら面と向かって話しをしなくても
あなたの代わりに小冊子が営業してくれますので、
ひとつの方法として試すことは出来ます。

このように飛び込み訪問が出来ない方でも
心強いツールがあればそれをキッカケにして
気軽に訪問することが出来るようになります。

あなたも飛び込み訪問が苦痛になって来たら、
このような入り方をして見てはいかがでしょう。

今までと違った結果を出すことも
出きるようになりますよ。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif




コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で見込み客を見つけている営業マンがしている「ひとつの工夫」 [飛び込み訪問]

あなたは新規の見込み客を見つけるために
1日何件訪問していますか?

50件、それとも100件?
いえいえ、それ以上はしていると言う方も
いるでしょう。

では、その中から見込み客は見つかっていますか?

1日訪問しても1件しか見込み客が作れないとか、
あるいはまったく見つからないと言う方もいるでしょう。

その理由としては、
・訪問しても断られてしまい話しができない・・・
・社名を名乗った時点ですぐ断わられてしまう・・・
・用件を出したら「必要ない、間に合っている」で終わってしまう・・・

これでは訪問する気力も無くなりますし、
どうしたら良いのかと悩んでしまいますよね。

そこで今まで以上に見込み客を見つけることができる
訪問の仕方です。

よく見られるのが
ありきたりなトークで訪問してしまうために、
「ああ、また営業の話しか・・・」
となってしまうことです。

たとえばよくあるパターンで
「お忙しいところ恐れ入りますが・・・、」
と入ってしまうことです。

これでは相手側にして見れば
「忙しいと思うなら訪問しないでくれ、」
と言いたくなりますし、

そんな入り方をするのは
ほとんどが「営業の売り込みパターン」ですから、
自分から「営業の話しです」と言っているようなものです。

これでは「そう言った話しはけっこうです!」
となるのは当然です。

そして次に多いのが
「(  )会社の(  )と申しますが、
 社長さんいらっしゃいますか?」

と用件を出さずに
取り次いでもらおうとするパターンです。

これも「何の用件ですか?」と言わせてしまい、
あとは断わり文句で終わってしまうだけです。

ではどのようにしたら良いのかと言うことで、
このような入り方はいかがでしょう。
…………………………………………………

営業「こんにちは、
  (    )会社の(   )と申しますが、
  (         )をしたい社長様に
  (       )をご紹介しておりましたので、
   社長さんお願いします。 」

…………………………………………………
と言ったような感じで、

相手側にメリットある話しだと思わせることで
社長に取り次いで貰うと言う工夫です。

「社長さんお願いします」と言い切るのも
ポイントです。

このように最初の訪問で大事なのは
最初の段階で相手方にメリットを分かりやすく、
そしてこの話しは社長に判断を仰ぐためにも
伝えなくてはいけないと思わせることです。

事務員で終わるような流れではダメだと
言うことです。

それが出来るかどうかで
見込みが作れるかどうかが変わって来るのですから、
トーク内容を工夫して見ては如何でしょう。

そうすれば
今まで以上にアポイントが取れる件数も増えますよ。

どうぞお試しください。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考に出来る営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問で断わられる件数が多い時は、ここを工夫すると相手の断わりを減らすことができる [飛び込み訪問]

新規開拓で苦労している方へ、
特に飛び込み訪問で断わられる件数が多く
困っている方にご紹介したいと思います。

ご存知のように飛び込み訪問をすると、

「今のところ必要無いです、」
「間に合っているので・・・ 」

と言ったように簡単に断わられるために
思うように見込み客を作ることが出来ずに、
落ち込んでしまう方も多いと思います。

その落ち込んでしまう気持ちが
さらに飛び込み訪問を辛くしてしまいます。

そこであなたに質問です、
あなたはどのような感じで営業をしていますか?

・商品を売り込む前に自分を売り込め、
・周りからほめる箇所を見つけろ、
・相手の興味を見つけて話題を作れ、
・一度断わらてもあきらめるな、

と言ったような感じで
飛び込み訪問している方も多いと思いますが、
実際相手側にして見れば面倒だと言うことで、

「今のところ必要無いですから・・・」
と簡単に断わられてしまうのです。

これでは辛いだけの営業になるだけですよね。

そこで、
気軽に飛び込み訪問が出来る工夫です。

それが、
「お互いの関係性」を築く訪問です。

お互いの関係性を築く訪問と言うのは、
最初から自分の商品を売り込むのではなくて、
相手の警戒心を取り除くために行なう訪問です。

たとえば、
相手と信頼関係を築くことが出来れば
リラックスした話しをすることも出来ますし、
冷たく断わられる件数も減って来ると言う
相乗効果もあります。

そしてあなたもすぐ断わられてしまうと言う時は、
どうすれば警戒心を取り除くことが出来るのか?
そう言った部分を相手の立場で考えると
対策も見えてくるようになります。

飛び込み訪問ですることは売り込む前に、
お互いの関係性を築くための訪問をして見ては
如何でしょう。

そうすれば、辛いだけの営業ではなく、
次の訪問も気軽に出来るようになりますから、
結果も出るようになりますよ。

どうぞ、お試しください。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって見て下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓の飛び込み訪問で「このような工夫」をすると結果を出せる [飛び込み訪問]

飛び込み訪問で結果を出せる方法として、
コツになるノウハウをご紹介します。

まずは個人宅や会社関係に訪問しても
・インターホンで断わられてしまう・・・
・キーマンに取り次いでもらえない・・・
・会話を続けられるトークが出てこない・・・

このような状況が続いてしまうと
思うような結果を出すことはできません。

そんな時こそ飛び込み訪問の入り方を
変える事が必要になって来ます。

たとえば、
・訪問リストを変えて見る
・訪問する時間帯を変えて見る
・今使っているトークを変えて見る

このように今までと違う工夫をして
訪問するようにします。

そうすれば新鮮な気持ちで訪問することが出来ますし、
今までのような嫌な流れを変えることも出来ます。

さらに相手の興味を引きつけるトークが
思いつかなくて困っていると言うのであれば、
次のような工夫をして見てはいかがでしょう。

それは、
「自分を相手に立場に置き換えて見る」
と言った工夫です。

たとえば自分なら、
「こう言われたら話しを聞いてしまうかな」
と言ったイメージを頭の中に思い浮かべて
そのトークを紙に書き出します。

そして実際にトークを試して見ます。

ですが商品の内容やメリットについて
一生懸命説明している営業マンもいますが、
それでは相手の興味を引き付けることは
できません。

そのような内容はカタログやネットを見れば
誰でも簡単に見ることができるのですから、
それだけで相手の興味を引き立てることは
出来ないからです。

大事なのはその商品を手に入れることによって
充実した生活をしている未来の自分が見える事です。

人は今よりも充実した生活をしている
「未来の自分」が見えれば、

それを手に入れたいと思う欲求も高まりますし、
喜んで契約する人も出てくるようになります。

ですからこれから営業する場合は
相手に未来の自分が喜んでいる姿を見させてください。

そうすれば話しを聞いてくれる方も増えますし、
契約してくれる方も増えるようになります。

どうぞお試しください、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践で使える「営業ノウハウ」を探している方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

飛び込み訪問を成功させるコツは、相手から断わられた時にこの工夫をすると結果も変わる [飛び込み訪問]

ご存知のように飛び込み訪問をしても
不在が多かったり居留守を使われることも多く、
思うように結果を残すことができません。

そんな飛び込み訪問ですが、
ちょっとしたやり方や工夫を変えるだけで
次につながる訪問の仕方もありますので、
飛び込み訪問で苦労している皆さんに
コツをご紹介したいと思います。

まずはインターホンで簡単に断わられた場合、
「また断わられるかも・・」と消極的になり
再訪するのは気が引けると言う方もいますが、
そんなことはありません。

なぜなら今回断わられても次も断わられると
決まっている訳ではないからです。

話しを聞くか聞かないかと言うのは
その時の気分や状況によっても違いますし、

たとえ今回断わられたとしても
ちょっとした種をまいておくだけで
すんなり行くケースもあるからです。

ここで言う「ちょっとした種をまく」のは
どう言うことなのか?ということですが、

それは断わられた時に
良いイメージを残しておくことです。

良いイメージとは、
断られた時こそ「去り際をさわやかにする、」
と言った工夫です。

たとえば飛び込み訪問をしても
簡単に断わられることが多いですよね。

その理由としては
あなたがどこの誰で何の用件で来たのか、
突然の訪問ゆえに相手も警戒してしまうために
ほとんどの方は断わって来るのです。

そこで相手の警戒心を和らげるために
去り際をさわやかにします。

去り際に良いイメージを与えておくことで
相手もあなたのことを覚えてくれますから、
次に訪問した時には会ってくれることも
話しを聞いてくれることも期待出来る
と言うことです。

一度良いイメージを残すことで
あなたの印象を良く見せる事が出来るのですから、
去り際が大事だと言うのはわかりますよね。

飛び込み訪問を成功させるコツは、
断られた時こそ相手に良いイメージを残すこと、
これが次につながる飛び込み訪問の仕方です。

どうぞお試し下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践で使える「営業ノウハウ」を探している方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif






コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - 飛び込み訪問 ブログトップ