So-net無料ブログ作成
検索選択
ダイレクトメール ブログトップ
前の10件 | -

ダイレクトメールを送っても反響が無い時、このような工夫すると新規獲得件数が増える [ダイレクトメール]

新規開拓のひとつしてダイレクトメールを送っても
効果が無いとお困りになっていませんか?

問合せや申込みの電話を期待して
相当数のダイレクトメールを送ったのに
反応がゼロと言う結果・・・

これではお金をかけて送った意味が
ありません。

そんなお困りになっている営業マンのために、
改善出来る工夫についてご紹介したいと思います。

まずはダイレクトメールを送っても
効果が無いのは「読ませる工夫が足りない」?
と言うことになります。

そこでダイレクトメール作成のコツですが、
「自分が受け取ったらどう思うのか?」
と言った視点で考えます。

会社が用意したパンフレットやチラシ類では
効果が期待出来ないのは実証済みなのですから、
そこは自分で工夫するしかありません。

たとえば封筒の中に
「営業マン1人を入れて送る」と言った感じで
相手に読ませる「オリジナルのレター」を
入れて見てはいかがでしょう。

あなたの想いをレターに書き出して
それをダイレクトメールに入れて送るのです。

その時の注意点は売り込みにならないように
相手が興味を持ってくれそうな内容や
情報を入れるのが基本です。

つまり、あなた自身貰ってうれしいDMならば
相手も興味を持って読んでくれるでしょうし、
結果として今まで以上に開封率も高まりますから
反響率も高くなり効果も違って来ると言う訳です。

今までのDMで結果が出ないと言うのであれば、
相手に読ませる「オリジナルレター」を入れて
送って見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

そのオリジナルレターを作る方法を知りたい
あるいは新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
そしてテレアポトークや飛び込み訪問について
実践で使える営業ノウハウを探している方は、
こちらに最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ダイレクトメールで新規契約を取るには「このような工夫」すると結果も違ってくる [ダイレクトメール]

今回の営業ノウハウは
ダイレクトメールを使った営業手法です。

ダイレクトメールの反響率と言えば、
千通送って3件あるかないか?
と言われていますが、

せっかく経費を掛けるのであれば
3件と言わずもっと件数を上げるように
したいものです。

今までは反響が見られないために
DM送付を止めた方もいると思いますが、
それが効果の期待出来る方法になるとしたら・・・
あなたも試して見たいと思いますよね?

そこで今回は飛び込み訪問やテレアポ以外にも
効果の見込める新規開拓のひとつとして、
DMを使った方法をご紹介しましょう。

もちろん何の工夫もないDMのままでは
効果が無いのは実証済みですから、
そこは相手の興味を引きつける
工夫が必要です。

たとえばDMの中に入れるツールとして
何種類のツールを同封しているのか?
そしてどのような内容のレターを入れているのか?
と言ったように、

DMは入れる種類やレターの内容で
「反響率」も変わって来ますから、
ここが重要なポイントになります。

▼そこで効果的なDMにするには、
(1)相手の興味を引きつけるアピールレター
(2)契約後に喜んでいる未来の姿レター
(3)契約を促す特典付きの申込書

このような種類を揃えることで
反響率も変わって来ます。

さらに大事なことは「検証」すること。

なぜなら一気に送っても無駄が多いからです。

なぜ無駄になるのかと言いますと、
反響率を検証しないまま全て送ってしまうと
効果を得られないまま終わってしまうからです。

たとえば1000通送る場合、
最初は200通くらい出して様子を見ます。

200通送ってどれ位の反響があるのか統計を計り、
一定の見返りがあれば残り800通を出します。

仮に200通出しても反響が無い場合は、
アピールレターの文言を練り直すとかして
再度200通出します。

その時に反響があれば
残り600通を一気に出しても良いですし、
もう少し反響が欲しいと思うのならば
再度練り直してまた200通出します。

この繰り返しをすることで
DMの反響率を上げることも可能になりますし、
そして無駄な経費を使わなくても済みますから
結果を出すことも可能になります。

今まではDMを作った全部を送っていましたが、
これからは違います。

検証と結果を繰り返しながら送ることで
反響率を上げることが出来るからです。

せっかく経費を掛けるのであれば
工夫することが大事ですよね。

そうすればDMだけで新規契約を上げることも
可能になると言う訳です。

どうぞお試しください。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。


初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ダイレクトメールを使った新規開拓で見込み客を増やすコツ [ダイレクトメール]

新規開拓のひとつとしてDMがありますが、
結果が出ていないと言う方も多いと思います。

その理由のひとつに、
ダイレクトメールを送った後のフォローにあります。

もちろん経費を掛けているのだから、
ダイレクトメールを送った後に電話フォローはしているよ、
とおっしゃる方もいるでしょう、

ですが、実際にしているのは一度だけとか、
あるいは反響のあった先にしか電話していない、
と言うケースが多いことです。

その理由として、
・一度電話して反応が無ければそれで終わり、
・問い合わせしか対応していないから・・・
・DMは会社の宣伝として送っているので・・・
・新しい商品の反響があるか見ているだけなので・・・

と言ったように、
反応があった先をリストアップするやり方なので
それ以外の無反応に対しては追いかけもせずに
また次のDMを送る準備に入ってしまうことです。

それと言うのも、
ダイレクトメールの反響率は年々下がるために
深追いせずに宣伝として利用していると言うのが
増えている理由のひとつです。

ですが、千三つと言われるように、
千件送った中で3件しか反応が無かったとしても、
残り997件はまったく反応が無いのか?・・・
と言うとそうではありません。

中には興味があっても
問い合わせやアクションを起こさない方も
いるからです。

その理由としては、
・興味はあっても今は必要としない、
・興味はあるけどここで決めたくない、
・興味はあるんだが自分からは電話したくない、

と言ったケースがあるからです。

つまり、潜在する隠れた見込み客は
残り997件の中にも多くあると言うことです。

統計によると千件の内2%位が
見込み客になると言われておりますので、
千件の2%=20件程度が見込み客として
成約に結びつく可能性があります。

それもDMを送った後のフォロー次第で
見込み件数が大幅に増えるとしたら・・・
いかにフォローの仕方が大事になるのか
お分かりになりますよね。

もしもあなたも
DMを使った新規開拓を考えているとしたら、

一度きりではなく数回行なうフォーロー電話や
フォロー訪問をする戦略などを立てて、
実践されて見てはいかがでしょう。

そうすれば今まで以上に見込み客も見つかりますし、
新規契約が増えることも期待できるからです。

どうぞお試しください。

そのフォロー電話の仕方を知りたい、
あるいは最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になる方法がありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ダイレクトメールを送っても反響が無い時は、このような工夫をすると新規獲得件数も変わる [ダイレクトメール]

新規開拓のひとつしてダイレクトメールを送っても
効果が無いとお困りになっていませんか?

問合せや申込みの電話を期待して
ある程度のダイレクトメールを送ったのに、
反応がゼロと言う結果・・・

これではお金をかけて送った意味が
ありませんよね。

そこで、そんなお困りになっている方のために、
改善出来る工夫についてご紹介したいと思います。

まずは、ダイレクトメールを送っても
効果が無いのは「読ませる工夫が足りない」?
と言うことになります。

そこでダイレクトメール作成のコツですが、
「自分が受け取ったらどう思うのか?」
と言った点で考えます。

会社が用意したパンフレットやチラシ類では
効果が期待出来ないのは実証済みなのですから、
そこは自分で工夫するしかありません。

たとえば、封筒の中に
「営業マン1人を入れて送る」と言った感じで、
相手に読ませるオリジナルのレターを
入れて見てはいかがでしょう。

あなたの想いをレターに書き出して、
それをダイレクトメールに入れて送るのです。

その時、中身は売り込みにならないように
相手が興味を持ってくれそうな内容や
情報を入れるのが基本です。

つまり、あなた自身貰ってうれしいDMならば
相手も興味を持って読んでくれるでしょうし、
結果として今まで以上に開封率も高まりますから、
反響率も高くなり効果も違って来ると言う訳です。

今までのDMで結果が出ないと言うのであれば、
相手に読ませるようなオリジナルレターを入れて
送って見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、
新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考に出来る営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


         3081020.gif


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ダイレクトメールを使った新規開拓で見込み客を増やすコツ [ダイレクトメール]

新規開拓のひとつとして
DMを送っている方もいると思いますが、
実際に結果が出ているかと言われると
いまひとつ?と言う方も多いと思います。

その理由のひとつに、
ダイレクトメールを送った後のフォローに
あるからです。

たとえば、電話フォローです。

もちろん、経費を掛けているのだから、
きちんと送った先に電話フォローはしているよ、
とおっしゃる方もいるでしょう、

ですが、実際にしているのは一度だけ、
あるいは反響のあった先にしか電話していない、
と言うケースが多いことです。

その理由としては、
・一度電話して反応が無ければそれで終わり、
・問い合わせしか対応していないから・・・
・DMは会社の宣伝として送っているので・・・
・新しい商品の反響があるか見ているだけなので・・・

と言ったように、
反応があった先をリストアップするやり方なので、
それ以外の無反応に対しては追いかけもせずに
また次のDMを送る準備に入ってしまうのです。

それと言うのも、
ダイレクトメールの反響率は年々下がるために
深追いせずに宣伝として利用する・・・と言うのが
増えている理由のひとつです。

ですが、千三つと言われるように、
千件送った中で3件しか反応が無かったとしても、
残り997件はまったく反応が無いのか?・・・
と言うと、そうではありません。

中には興味があっても
問い合わせやアクションを起こさない方も
いるからです。

その理由としては、
・興味はあっても今は必要としない、
・興味はあるけどここで決めたくない、
・興味はあるんだが自分からは電話したくない、

と言ったケースがあるからです。

つまり、潜在する隠れた見込み客は
残り997件の中にも多くあると言うことです。

統計によると、千件の内2%位が
見込み客になると言われておりますので、
千件の2%=20件程度が見込み客として
成約に結びつく可能性があることです。

それもDMを送った後のフォロー次第で
見込み件数が大幅に増えるとしたら・・・
いかにフォローの仕方が大事になるのか
お分かりになりますよね。

もしもあなたも
DMを使った新規開拓を考えているとしたら、

一度きりではなく数回行なうフォーロー電話や
フォロー訪問をする戦略などを立てて、
実践されて見てはいかがでしょう。

そうすれば
今まで以上に見込み客も見つかりますし、
新規契約が増えることも期待できますよ。

どうぞ、お試しください。

その他、
最新の営業方法を知りたい方や
新規開拓で苦労している方などは
こちらにも参考になる方法がありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ダイレクトメールで新規契約を取るには「このような工夫」をすると、結果も違ってくる [ダイレクトメール]

今回の営業ノウハウは
ダイレクトメールを使った営業手法です。

ダイレクトメールの反響率と言えば、
千通送って3件あるかどうか?
と言われておりますが、

せっかく経費を掛けるのであれば
3件と言わずもっと件数を上げるように
したいものです。

今までは反響が見られないために
DM送付を止めた方もいると思いますが、
それが効果の期待出来る方法になるとしたら・・・
あなたも試して見たいと思いませんか?

今回は飛び込み訪問やテレアポ以外にも
効果の見込める新規開拓のひとつとして、
DMを使った方法をご紹介しましょう。

もちろん、何の工夫もないDMのままでは
効果が無いのは実証済みですから、
そこは相手の興味を引きつける
工夫が必要です。

たとえば、DMの中に入れるツールとして、
何種類のツールを同封しているのか?
そしてどのような内容のレターを入れているのか?

と言ったように、
DMは入れる種類やレターの内容で
「反響率」も変わって来ますから、
ここが重要なポイントになるからです。

▼そこで効果的なDMにするには
(1)相手の興味を引きつけるアピールレター
(2)契約後に喜んでいる未来の姿レター
(3)契約を促す特典付きの申込書

このような種類を揃えることで
反響率も変わって来ます。

さらに大事なことは「検証」すること。

なぜなら、
一気に送っても無駄が多いからです。

なぜ無駄になるのかと言いますと、
反響率を検証しないまま全て送ってしまうと
効果を得られないまま終わってしまうからです。

たとえば1000通送る場合、
最初は200通くらい出して様子を見ます。

200通送ってどれ位の反響があるのか統計を計り、
一定の見返りがあれば残り800通を出します。

仮に200通出しても反響が無い場合は、
アピールレターの文言を練り直すとかして
再度200通出します。

その時に反響があれば
残り600通を一気に出しても良いですし、
もう少し反響が欲しいと思うのならば
再度練り直してまた200通出します。

この繰り返しをすることで
DMの反響率を上げることも可能になりますし、
そして無駄な経費を使わなくても済みますから
結果を出すことも可能になります。

今まではDMを作った全部を送っていましたが、
これからは違います。

検証と結果を繰り返しながら送ることで
反響率を上げることが出来るからです。

せっかく経費を掛けるのであれば
工夫することが大事ですよね。

そうすれば、DMだけで新規契約を上げることも
可能になると言う訳です。

どうぞ、お試しください。

その他、効果的営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。


初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ダイレクトメールを送っても反響が無い時は、このような工夫をすると新規獲得件数の結果も変わる [ダイレクトメール]

新規開拓のひとつしてダイレクトメールを送っても
効果が無いとお困りになっていませんか?

問合せや申込みの電話を期待して
ある程度のダイレクトメールを送ったのに、
反応がゼロと言う結果・・・

これではお金をかけて送った意味が
ありませんよね。

そこで、そんなお困りになっている方のために、
改善出来る工夫についてご紹介したいと思います。

まずは、ダイレクトメールを送っても
効果が無いのは「読ませる工夫が足りない」?
と言うことになります。

そこでダイレクトメール作成のコツですが、
「自分が受け取ったらどう思うのか?」
と言った点で考えます。

会社が用意したパンフレットやチラシ類では
効果が期待出来ないのは実証済みなのですから、
そこは自分で工夫するしかありません。

たとえば、封筒の中に
「営業マン1人を入れて送る」と言った感じで、
相手に読ませるオリジナルのレターを
入れて見てはいかがでしょう。

あなたの想いをレターに書き出して、
それをダイレクトメールに入れて送るのです。

その時、中身は売り込みにならないように
相手が興味を持ってくれそうな内容や
情報を入れるのが基本です。

つまり、あなた自身貰ってうれしいDMならば
相手も興味を持って読んでくれるでしょうし、
結果として今まで以上に開封率も高まりますから、
反響率も高くなり効果も違って来ると言う訳です。

今までのDMで結果が出ないと言うのであれば、
相手に読ませるようなオリジナルレターを入れて
送って見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、
新規開拓に役立つ営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
参考に出来る営業ノウハウを探している方は、
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になってください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」


         3081020.gif

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新規開拓のDMを1通60円で送ることができて、さらに開封率80%以上も期待できる封筒とは? [ダイレクトメール]

今回の営業ノウハウは、
開封率80%以上も期待できるDMについて
ご紹介したいと思います。 

皆さんも新規開拓の一環で
DMを実践している方も多いと思いますが、
実際、効果は出ているでしょうか?

DMを出すとお分かりのように
あまり反響も無く効果が薄いと言うのが現状ですが、
それが開封率80%以上に効果を上げられるとしたら
あなたも試して見たいと思いませんか?

その方法と言うのは誰でも簡単に出来ますので
ご紹介したいと思います。

まずは、
あなたが送ろうとしている封筒のサイズですが、
何を基準に決めているかと言うことです。

一番多いのは、
いつも定形封筒(A4サイズが三つ折りで入る封筒)で
送っていると言う理由があることです。

確かに定形封筒ならば切手代も80円で済みますので、
DM用に使われているのが一般的です。

ですが、
定形封筒で送られてくるDMは見慣れているだけに、
ほとんど読まれずに捨てられているのが現実です。

そもそもDMは封を開けて
読んでもらわないと意味がありませんし、

そこから興味を持たせるのが目的なのですから、
読まれずに捨てられてしまうDMでは
意味がありませんよね。

ゆえに、DMで成功させるポイントは、
いかに興味を持たせて中身を読ませるようにするかが
ポイントになります。

そこで、「封筒のサイズ」です。

定形以外にもサイズは色々ありますので、
その中でも開封に期待できる封筒があるのです。

もちろん、
費用の問題もありますから、
高価な封筒を使う訳ではありません。

ここからが開封率80%以上も期待できる
DMの工夫です。

封筒のサイズを大きくするのでは無くて、
反対に小さくしてしまうと言う工夫です。

それも、
1通60円で送ることが出来る封筒ですが、
あなたはご存知でしょうか?

今までの定型封筒は1通80円必要でしたが、
それが1通60円で送ることが出来れば・・・
負担も少なくて済みますよね。

ちなみにハガキの場合は50円ですが、
ハガキの場合は文字数の限界もありますし、
当然、趣旨も違ってきます。

そこで、
今まで同様に封筒を使ったDMで
1通60円で送ることが出来る方法です。

それも、部数や地域に関係なく、
全国どこでも1通60円で送ることが出来て、
これは何だろう?と興味を持たせる事も出来て
開封率80%以上もあげることが出来ると言う
封筒の工夫です。

今までDMで良い結果が出ていないのは
最初の段階で相手が読んでくれないために
ほとんどがゴミ箱に捨てられていたことです。

それが1通60円で、
今まで以上に効果を上げることが出来るとしたら、
こんなうれしいことはないですよね。

そこで、その封筒の工夫を知りたい・・・
あるいは効果的な営業トークを探している方は
こちらにも参考になる方法がありますので、
ご覧になって見てください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」
 
         

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ダイレクトメールを使った新規開拓で見込み客を増やすコツは、こんな工夫で結果も変わる [ダイレクトメール]

新規開拓のひとつとして
DMを送っている方もいると思いますが、
実際に結果が出ているかと言われると
いまひとつ?と言う方も多いと思います。

その理由のひとつに、
ダイレクトメールを送った後のフォローに
あるからです。

たとえば、電話フォローです。

もちろん、経費を掛けているのだから、
きちんと送った先に電話フォローはしているよ、
とおっしゃる方もいるでしょう、

ですが、実際にしているのは一度だけ、
あるいは反響のあった先にしか電話していない、
と言うケースが多いことです。

その理由としては、
・一度電話して反応が無ければそれで終わり、
・問い合わせしか対応していないから・・・
・DMは会社の宣伝として送っているので・・・
・新しい商品の反響があるか見ているだけなので・・・

と言ったように、
反応があった先をリストアップするやり方なので、
それ以外の無反応に対しては追いかけもせずに
また次のDMを送る準備に入ってしまうのです。

それと言うのも、
ダイレクトメールの反響率は年々下がるために
深追いせずに宣伝として利用する・・・と言うのが
増えている理由のひとつです。

ですが、千三つと言われるように、
千件送った中で3件しか反応が無かったとしても、
残り997件はまったく反応が無いのか?・・・
と言うと、そうではありません。

中には興味があっても
問い合わせやアクションを起こさない方も
いるからです。

その理由としては、
・興味はあっても、今は必要としない、
・興味はあるけど、ここで決めたくない、
・興味はあるんだが、自分からは電話したくない、

と言ったケースがあるからです。

つまり、潜在する隠れた見込み客は
残り997件の中にも多くあると言うことです。

統計によると、千件の内2%位が
見込み客になると言われておりますので、
千件の2%=20件程度が見込み客として
成約に結びつく可能性があることです。

それも、
DMを送った後のフォロー次第で
見込み件数が大幅に増えるとしたら・・・
いかにフォローの仕方が大事になるのか
お分かりになりますよね。

もしもあなたも
DMを使った新規開拓を考えているとしたら、

一度きりではなく数回行なうフォーロー電話や
フォロー訪問をする戦略などを立てて、
実践されて見てはいかがでしょう。

そうすれば
今まで以上に見込み客も見つかりますし、
新規契約が増えることも期待できますよ。

どうぞ、お試しください。

その他、
最新の営業方法を知りたい方や
新規開拓で苦労している方などは
こちらにも参考になる方法がありますので、
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ダイレクトメールの料金1通80円を、誰でも62円で送ることが出来る方法 [ダイレクトメール]

DMを送る時は
1通につき80円かかりますが、
それを62円で送ることが出来る
方法があります。

DMを出す時に枚数が多い場合、
料金別納で出すケースもあると思いますが、
この場合は切手を貼る手間を省くだけで
料金の節約にはなりません。

反対に同じDMを出す場合でも
1通「62円」で出せるとしたら・・・
経費削減になりますよね。

知っていると節約出来ますので
あなたも試して見てはいかがでしょう。

たとえば、100通送る場合、
100×80円で8千円かかるところを、
100×62円の6,200円で送ることが出来ます

8千円が→ 6,200円で済むのですから、
負担が少なくて済みますよね。

この方法はある一定の基準を満たすことで
郵便局から誰でも利用出来るシステムですから、
DMの料金負担を減らしたいと思っている方には
うれしい方法です。

この様なノウハウや営業方法を参考にしたい方は
こちらにも実践で使える営業方法がありますので、
ご覧になって見てください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - ダイレクトメール ブログトップ