So-net無料ブログ作成

このテレアポトークならあなたの仕事にも応用できて「面白いようにアポイント」が取れるようになる [テレアポ]

テレアポは業種や仕事内容によって
あるいは法人か個人かによっても
話す内容は違って来ますが、

それでも基本は同じところにある、
と言うことをご存知でしょうか?

それは最初の入り方で決まると言う点です。

最初の受け答えで、
「話しを聞くか断るか?」と判断する方が多いので
この段階で良い印象を与えないと先に進みません。

それにはどうすれば良いのかと言うことで、
ここを押さえれば簡単にテレアポトークが作れる
と言ったコツをご紹介したいと思います。

まずはこちらをご覧下さい。

経費削減を提案するテレアポトークの見本です。
…………………………………………………………

営業「社長様でいらっしゃいますか、
   お世話になります。

   私、(   )会社の(   )と言いまして、
   経費削減でお困りになっている社長様に
   同業の会社様でも(  )%削減出来た
   実績のあるご案内として、

   お話しを聞いて頂ける方にだけ
   説明しておりました。

   もし、時間がないと言うことでしたら
   次の機会までお待ち頂くことになりますが、
   いかがなさいますか? 」

…………………………………………………………

このように

「あなたが必要とするならばこのまま話しをするが
 どうしますか?」

と言ったこの話しに自信が伝わるトークであれば、
相手方もその話を聞きたいと思うようになります。

さらにこのトークの特徴は
「必要とする人しか相手にしません、」
と言い切っている点です。

ほとんどの場合は、
「(   )でお得ですのでいかがですか?」と
相手に対し売りトークになっているために
お断りされていました。

それが、
「話しを聞きたい方にだけ説明しています、」

と言い切ることによって
相手が受ける印象も変わって来ます。

さらにテレアポする側も強気で攻めることで
相手に対して気持ちが優位に立つことが
出来るようになります。

あなたも「強気のテレアポ」をして見ては
いかがでしょう。

きっと今までと違った反応を見ることが
出来ますよ。

どうぞ、お試し下さい。

その他、新規開拓で効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

         3081020.gif


共通テーマ:仕事