So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

飛び込み訪問を成功させる工夫として、自分だけの「キャッチフレーズ」を持つと入りやすくなる [飛び込み訪問]

今回のノウハウは、
「飛び込み訪問」に使える工夫について
ご紹介したいと思います。

まずは飛び込み訪問する時に
あなたはどのようにして入っていますか?

通常は挨拶から入り、そして
自分が誰で何の用件で訪問したのか?
その内容を相手に一通り説明して
面談を求める訳ですが、

ご存知のように、
ほとんどがインターホンや受付の段階で
断わられてしまいます。 

それだけ訪問して来る営業マンに対しては
警戒すると言うことです。

それと言うのも、
飛び込み訪問で断わられる理由として
最初の入り方で警戒されてしまうからです。

たとえば、保険営業の場合、
……………………………………………
「こんにちは、
(  )生命の(  )と申します。
今日は(  )地区にお住まいの皆様に
ご挨拶でお伺いしました。」
……………………………………………

と言った感じで
何気なく入る方も多いと思いますが、

相手にして見れば、
…………………………………
「保険の営業マンが来たか、
 断わっても別にいいか・・」
…………………………………
と思われてしまい、

たとえ何度訪問したとしても
会うまで至らないのが現状です。

なにしろ営業マンが来たとしか
思われないからです。

では、
どのようにしたら良いのかと言えば、
相手が興味を持つキャッチフレーズを
使って見てはいかがでしょう。

たとえば自分のことを分かりやすく
そしてイメージしやすいようにすることで、

「話しくらい聞いてもいいかな・・・ 」

と思わせることも出来るようになりますから、
今までと違った展開にさせることも
可能になるからです。

相手が安心するようなキャッチフレーズがあると、
その場をやわらげる効果もあるんですね。

たとえばこんな感じです。
……………………………………………………
・家族の健康を考えている(   )生命です、
・大きな安心をお届けしている(   )生命です、
……………………………………………………

このようなフレーズを入れながら
相手に親しみのあるイメージを与えることで
相手の警戒心を薄める効果もありますから、
ちょっとした言葉を挟むのも大事なのです。

もちろん、
これだけでドアを開けてくれることや
面談にこぎつける訳ではありませんが、

それでもひとつのキッカケとして使うと
次の言葉へと入りやすくなりますから、
何事も工夫していくことが大事だと
言うことです。

さらに、飛び込み訪問で苦労する点は、
自分が伝えたい内容が相手の心に届かず、
話し途中で終わってしまうことです。

あなたも思っているはずです。

自分が伝えたい内容を聞いてさえくれれば、
商品やサービスの良さを分かって貰えるのに・・・

でも現実は、話し途中で終わってしまい、
そして簡単に断わられてしまうと言うありさま・・・

そんな飛び込み訪問で苦労しているあなたに、
インターホン攻略にも使えるノウハウがありますので
こちらをご覧下になって下さい。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

        3081020.gif  


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。