So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新規開拓の営業に使える「飛込み訪問用の営業トーク」、これで受付や事務員も攻略できる [飛び込み訪問]

新規開拓の営業をしていると
「その話しなら間に合っている・・・」
と断わられることもよくあります。

それだけ同じような営業の話しや
売り込みの営業が多く見られるために
話しを聞くのも面倒だと思う方が多い訳ですが、

営業マンにして見れば
「その話なら間に合っていると言うけど、
他と一緒にしないでほしい・・・」
と言いたくもなりますよね。

ですが相手側にして見れば
営業マンは営業マンとしか見ていませんから、
「ああその話ね、
今のところ間に合っているから」
としか答えようがないのです。

ではどのようにしたら
話しを聞いてもらえるようになるのか?

そんな営業で苦労しているあなたに
ちょっとしたコツで話しを聞いて貰える
ノウハウをご紹介したいと思います。

まずは会社関係に飛び込み訪問をする場合ですが、
目指す相手は会社の社長とします。

ここでネックとなるのは
最初に出てくる受付や事務員です。

会社には色んな営業マンが来ますので
受付や事務員サイドで受付けるかどうかの
判断をする訳ですが、

ほとんどは今すぐ必要としない事が多いだけに
「その話しなら間に合ってますので、」
とお断りするケースになってしまいます。

ではあなたらどのようにして
話しを聞いて貰える工夫をするでしょうか?

ここがポイントになりますが、
「その話しなら間に合っている」と言われるならば
あなたの話しは他と同じだと判断されている?
と言うことになります。

であるならば、
他とは違う入り方で話しを振ることが出来れば
あなたの話しを聞いてくれることになる
と言うことになりますよね。

たとえば、
「この話しは社長に通さないといけない」と思わせる、
もしくは「この話しの判断は社長でないと出来ない」
と思わせるように持って行くことです。

あなたも受付や事務員にそう思わせるだけの
話しの入り方をしているでしょうか?

でも色々工夫しているがうまく行かない、
あるいは飛込み訪問で使える営業トークが分からない・・
と思っているあなたに、

今までと違った入り方をすることで
受付や事務員を攻略して社長まで通してもらえる
そんな飛び込み訪問に使える営業トークがありますので、
こちらを参考にしてください。

初心者でも、最初の1件で成功する「営業方法」

       3081020.gif